占いを信じる方では無かったんですが、占いが統計学のようなものを使用しているということを知り、傾向と対策という意味で少し参考にするようにしています。 というのも、最近の僕は捕まるものがなくなったような気がしていて、そんな中で捕まるものの1つとして鑑定を受けてるんですね。 ということで今回は、スピリチュアルな感覚を身にまといながら生きていく、というお話をしたいと思います。

今年に入ってから、少し自分を見つめ直す転機のようなものが訪れていて、意味をなさないことに執着したり熱くなったりと、荒れた自分を変えたいと思っていました。 そんな中で、自分に今必要なのは「より強い謙虚さ」で、これに気付けるかどうかが全てのターニングポイントになると感じています。 ということで今回は、より謙虚な自分になれるために心掛けていくこと、についてお話ししたいと思います。

先日、僕の数少ないクリエイターさん友達のプロのカメラマンの方にお誘いいただいてお食事に行かせてもらいました。 あまり群れないタイプの僕なんですが、こういう機会を大切にしないといけないと思う部分もあるので、誘われたら積極的に行動するようにしています。 ということで今回は、クリエイターさんとの交流で広がるスキルアップの可能性、についてお話ししたいと思います。

最近の自分は少し取り乱してしまっていたというかなんというか、自分が自分じゃないみたいで全てのことが上手くいかない状況が続いてます。 全てが自分の責任かと言われたら、そうは思いたくない不可抗力のようなものがあったりするんですが、それを受け入れないといけないのも事実です。 ということで今回は、強さとは優しさ、優しさとは孤独、孤独とは強さ、というお話をしたいと思います。

心が冷静ではない時にする様々な状況判断の中で、良くない選択をした時にも偶然上手くいくような時もあると思います。 そんな中で、「あ、これも上手くいくんだ」みたいな感覚を持ってしまうこともあると思うんですが、それは単なる勘違いだったんですね。 ということで今回は、貯金を切り崩して生きていくことに見た代償と危機感、というお話をしたいと思います。

自分がどれだけブレない心を持っていても、自分の立場だけではどうすることも出来ないことがあるということを知りました。 その状況だったら絶対に好転しないっていうことがあって、そんなことすら気付かずに今目の前で起こってることをどうにかしないとって思ったんですね。 ということで今回は、足場を固める前に飛ぼうとしたって飛べる訳なかったバカな数年間、というお話をしたいと思います。

2023年に入って4日目となりまして、FOURTEENという屋号でお仕事をさせていただいている僕からすれば特別な1日がやって来ました。 特別とは言えども、ただの1月4日という数字遊びみたいな話なので思い入れがあるということではなく、とりあえず仕事始めにしようかなって感覚です。 ということで今回は、自分の心の居場所がどこにあるのかを冷静になって考えてみる、というお話をしたいと思います。

喪中で明けましておめでとうございますとは言えないこともあって、とりあえずお正月感のないいつもと変わらない日々を送っています。 そんな中、年末から帰って来ていた弟が持って帰って来たと思われる風邪っぽい症状が、年末から家族に充満しているような状況です。 ということで今回は、前回の時期を思い出せないくらい久しぶりの体調不良、というお話をしたいと思います。

2023年もスタートして2日目となり、喪中ということもあってもう僕の中ではお正月とかそういう感覚は完全に無くなっています。 いつも行ってるスーパーや薬局の大半が開いていない状態だったりすることに少し違和感を覚えますが、とっとと切り替えて進んでいこうと思います。 ということで今回は、痛みを経て手に入れた大切にしたい冷静と情熱の間で生きていく、というお話ししたいと思います。

僕は特別、信仰している宗教なんてものはなかったりするんですが、今年は喪中ということで「おめでとうございます」という言葉は控えようかなと思います。 良いお年をと言った昨日から、たった1日動いただけなので特別変わったことは何もないのですが、皆様、本年もよろしくお願いします。 ということで今回は、2023年が明けました、というお話をしたいと思います。

1 2 3 4 5 103