完全独学の現役フリーランスデザイナーの1日。【継続は力なりを体現する】
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

完全独学の現役フリーランスデザイナーの1日。【継続は力なりを体現する】

2020.06.24
2020.06.24

どうも、コウタです。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動しています。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは20206月で1,500日を突破しました。

外出自粛で運動不足やストレス発散が出来てない方は、僕が毎日欠かさずやっているダイエット効果バツグンの自宅トレーニングをまとめたのでチャレンジしてみてください。また、外に出て運動する方へ、これからの時期持っていると便利な「コスパ最強のランニンググッズ」を紹介したのでこちらも合わせてご覧ください。

完全独学でフリーランスとして活動を始めて5年目を迎え、収入がゼロの状態から、今では家を借りることが出来るようにまでなりました。(多くの方の力添えに感謝です)

僕は「ロゴ制作、広告・紙媒体(名刺・チラシ・パンフレット・バナー)、WEB制作(企画・デザイン・コーディング)、写真撮影、動画編集(Youtube動画等)」などをお仕事として活動しています。

デザイナーといっても沢山のカテゴリーがある中で、マルチに活動をしている方だと思います。

お客さんから頼まれたことに「出来ません」というのが嫌いなタイプだったんで、なんでも出来るようになりたかったんですね。

で、よく「フリーランスデザイナーってどんな1日を過ごしてるの?」って聞かれます。

ということで今回は「継続は力なりを体現する、完全独学の現役フリーランスデザイナーの1日」をご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

9:00 – 起床・モーニングルーティーン / 完全独学の現役フリーランスデザイナーの1日。

基本的に目覚ましは使わず、大体9時頃に起床します。(時間に縛られたくないという初心です)

すぐには起き上がらず、ベッドの上で30分ほどスマホを触り「情報収集(ニュースなど)」をします。僕は基本的に「ながら行動」をしたいのです。

ここでいう「ながら行動」とは「頭に入れた情報素材で思考し”ながら”、何も考えずに出来る行動をする」という感じですね。

朝起きてすぐに「取り込んだ情報を、頭の中で思考しながら」トイレに行ったり、歯を磨いたりする感じです。

10:00 – ブログを書く

トイレや歯磨きが終わったら、朝食の「プロテインドリンク」を片手に、ブログの執筆がはじまります。

本ブログは5月1日から毎日更新を継続することを決めました。

理由は以前に「ブログは記録や発信だけが目的じゃない。「毎日書く」ことの本当のメリット。【成長曲線を爆発的に上げる】」で書いたように、自分にとって沢山のメリットがあるからですね。

最初は毎日書くことが大変だと感じてたんですが、ひと月ほど続けたあたりから「毎朝ブログを書くことで、逆に頭が冴えて、その日の仕事がはかどるようになった」ことに気付きました。

ブログを書く時間は毎日ムラがありますが「大体1時間半~2時間」くらいで書けるようになりました。(その代わり挿入画像はほぼ使ってないです)

ブログ執筆中はこのヒーリングミュージックを聴くのが、なぜかはかどります。(かなりオススメ)

12:00 – 昼食(しっかり食べるよ)

ブログの執筆が終わり次第、急ぎの仕事をササッと済ませて昼食の準備をします。

完全に自炊で、毎日自分で調理したものを食べています。基本的には鶏むね肉を使った「タンパク質豊富なメニューが中心」です。(毎日チキンソテーです)

昼食は、1日の食事で一番大切にしている時間なので量もなるべくしっかり食べるようにしています。

あと基本的に「炭水化物は昼食の時しか取らない」ようにしています。他の時間では「ダイエット」的にあまり食べないようにしてます。(夜は絶対に食べません)

12 : 30 – 仕事開始

基本的に、本格的に仕事を開始するのは昼食を食べてからですね。ここで「仕事始めるの遅くない?」って感じる人も多いと思います。

僕は基本、仕事をお客さんから受けるいわば「外注先という立場」なので、「普通の会社が始業するタイミングから仕事がある訳じゃない」んですね。

大体、普通の会社は、始業してから午前中の間にまとまった意見などを昼食前に伝えてくれる形が多いので、実は「午前中に詳細な依頼が来ることは滅多にない」のです。

なので、僕の仕事としてのスタートがお昼からなのは、実際理にかなってるんですね。(なのでここで個人の作業を済ませちゃいます)

仕事中はガンガンにYoutubeを垂れ流しています。(とにかくむちゃくちゃ見るマニアです)

15:00 – 日課のトレーニング・シャワー

基本的に長い時間集中してるのは無理なタイプなので、ブログを毎日書くようになってからは、仕事の合間に「日課のトレーニング」を挟むようになりました。

ダラけて来そうな仕事の途中に汗をかくことで「心も体もリフレッシュ」することが出来るんですね。

僕は「毎日5km程度のランニングを4年間休まずに続けている」ので、ここで外にランニングに行ったり、「自宅で出来るHIITトレーニング」を約30分~1時間行なっています。(2020年3月より、外出自粛の都合で毎日ランニングを自宅トレーニングでもOKということにしました)

実際にやっている「自宅トレーニング」は「【自宅で出来る】在宅ワーカーお勧めの自宅で出来る運動不足解消・ストレス発散・脂肪燃焼トレーニング on Youtube【外出自粛/#StayHome】」の記事で紹介してるので、皆さんもチャレンジしてみてください。

ちなみに「外でランニングするより自宅トレーニングの方が余裕でキツい」です。(ランニング楽チン)

16:00 – 仕事再開

ここでのお仕事は、普通の会社であれば間も無く終業という状態なので、特に「急ぎの仕事」があればここで一気に内容を詰めておきます。

お客さんはここで僕に「仕事の予約」が出来るんですね。

僕はフリーランスなので「時間に限らずいつでも作業が出来る」ので、広告代理店などの終業時間が決まってる仕事とは違って「仕事の予約が可能」なんですね。

例えば、その予約がかなりの急ぎでも「翌日の朝までに提出などの対応が出来る」わけです。(すごく便利でしょ)

仕事の相手が「いつでも連絡OK」みたいな方であれば、時間の許す限り(夜中でも)お仕事の連絡は鳴り止みません。そういうことも受け入れて、向き合っていく必要もあるのがフリーランスです。

19:00 – 夕食

夕食の時間は結構ゆっくり取るようにしてます。ここでも自炊ですね。

ここでは大好きなお米は食べられないので、「豆腐」をお米に変換して「チキンサラダ」を食べます。(お酒も飲みますが、今は月曜日と木曜日が休肝日です)

外出自粛中の3ヶ月間、ストレス解消にと、バカみたいに毎日お酒を飲んでしまっていたので「生活習慣の改善」をしました。「禁酒」と「食事制限」を行い、しっかりルールを作ることで、無事に自粛開けには自粛前の健全な生活に戻すことが出来ました。こちらの記事で「2週間の禁酒を通じて感じたお酒(アルコール)との付き合い方。楽しむものであり感情をコントロールするものではない。【その飲み方はアルコール依存症に繋がる】」お酒との付き合い方を紹介しています。

食事中は「AmazonPrimeで映画」や「Youtubeでバラエティ系」を見たりしますね。

基本的にテレビは一切見ないんですが、テレビでYoutubeとかが見れる「Amazon Fire TV Stick」にはマジで感銘を受けました。

5,000円弱でこんな良い製品買えるとは思ってもいなかったんで、2019年で一番良い買い物だったかもしれません。(毎日の自宅トレーニングの時も使ってます)

マジで全員買ったほうが良いコレ。

22:00 – 仕事再開(次の日の準備)

夕食後は、一般の人であれば寝るって選択だと思うんですが、フリーランスの1日は終わらないです。(僕も寝たいです)

夕方にあった「仕事の予約を朝までに仕上げる作業」や「次の日に自分がスムーズに動けるように準備」をしておく必要があります。

仕事は忙しい時は特に、ここからは睡眠時間をどこまで確保出来るかの勝負になります。

体が資本なので、大体24:00~1:00時には寝るように心掛けていますが、3:00頃になることが多いですね。なので大体の「睡眠時間は6時間~8時間」といった感じでしょうか。(8時間は寝たい)

こんな時間でも、クライアントさんによってはバンバン仕事の連絡が入ってくることもあるので、気を休める時間というのはあってないようなもんですね。常に仕事のこと考えてます。

「仕事の予約」の作業を済ませて、メールやLINEで全て送り切ったら、次の日の仕事のリストを整理して、翌日のブログのネタをまとめて就寝の支度をします。

1:00 ~ 3:00 – 就寝・1日の終了

日によってムラはありますが、大体この時間でフリーランスの僕の1日が終わります。

毎日、結構キツい体を動かすトレーニングをやっているので、その疲労もあって布団に入ればすぐに寝てしまいます。

僕は、睡眠障害があって、なかなか寝付けない(2~3時間寝れないこともある)のですが、日常に少しハードな運動を取り入れることでそれが解消されました。同じような悩みがある人は運動はオススメです。

もちろん目覚ましはせず「明日は何時に起きるかな?」と考えながら寝ますが、決まって9時~10時の間に目が覚めます。

「継続は力なり」が中心のフリーランスデザイナーの1日。

基本的に今回紹介したのと同じルーティーンで、日によって大きく変わったことは一切していません。

自由な職業と思われがちのフリーランスですが、一般の会社員の方とほとんど同じで、自然と「時間の拘束」というのがある訳です。それが「会社の命令」なのか「自分の命令」なのかの違いです。

フリーランスとして思うのは、「自立心」や「自己抑制心」がある人であれば、フリーランスに適していると思います。

その反面、「誰かに仕事を言われなければ動けない人は会社員の方が適している」んだなと思いました。

僕は誰かに言われるよりも「自分で考えて行動するのが楽なタイプなので、フリーランスの働き方が性に合ってる」と実感しています。

コロナさんの影響で、在宅フリーランスを目指そうって人も多いと思いますが、今回の記事が役に立つと幸いです。

大変な時期は続きますが、一緒に頑張りましょう。

では、またね。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer