【ピンチをチャンスする】毎日ランニングは自分の体調を知る重要なシーン。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

【ピンチをチャンスする】毎日ランニングは自分の体調を知る重要なシーン。

2020.08.06
2020.08.05

どうも、コウタです。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動しています。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,300日(20207月現在)を突破しました。

外出自粛で運動不足やストレス発散が出来てない方は、僕が毎日欠かさずやっているダイエット効果バツグンの自宅トレーニングをまとめたのでチャレンジしてみてください。また、外に出て運動する方へ、これからの時期持っていると便利な「コスパ最強のランニンググッズ」を紹介したのでこちらも合わせてご覧ください。

先日Twitterのリプ(コメント)で繋がった方と、zoomでお話しする機会がありまして、ド級の人見知りの僕はめちゃくちゃ緊張していたワケなんですが…

お相手の方が事前に僕のことを(このブログや制作実績などを見て)調べてくださったりしてたこともあって、すごく話しやすい雰囲気を作って頂けて内心ホッとしました。(僕は予習できてなかった…ごめんなさい)

会話の中で「4年間も毎日ランニングしてるんですか!?」と、驚きの声を頂きました。

やっぱり何でも「毎日続ける」ってことは難しいことだと思うんですが、ある一定のラインを越えたあたりから「やらないと気持ち悪いこと」に変わってきます。(朝起きたら歯を磨くような感覚)

ダイエットのために始め、メンタル強化のために続けている大嫌いなランニング。毎日イヤイヤ走ってた僕ですが、今では「必要不可欠なこと」に変わっています。

ということで今回は「ピンチをチャンスする毎日ランニングは自分の体調を知る重要なシーンというお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

皆んなの中にある「ランニング=しんどい」は、実は大間違い。

僕は仕事がひと段落(一区切り)する18時~20時の間くらいに、毎日ランニングに行くようにしています。(夏でもこの時間はまだ涼しい)

ランニングをしていない人にとっては「ランニング=しんどい」ってイメージだと思うんですが、実はそんなことありません

もちろん始めた頃は、僕も苦痛だと思って続けて来ましたが、ある一定のラインを越えたあたりから「ランニング=気持ちいい」に変わるんですね。

仕事でヒートアップした頭を冷やすように、デスクワークで凝り固まったカラダをほぐすように、涼しい夜風に当たりながら、好きな音楽を聴いて自分だけの世界に入る

この時間を、僕は”特別“に感じ”大切“にしています。

皆さんが勘違いしているのは「ランニング=息切れする」という部分ですね。僕はランニングをしても息切れはしません。(正確に言えばしないようなペースで走ってます)

過去の記事でも書きましたが、「しんどいイメージ」が強ければ強いほど”継続は失敗”するので、僕はそんなキツいことを絶対にやりません

関連記事 : 誰にでも出来る「継続は力なり」を実現する考え方のコツ。【継続は根性論で失敗する】

ちょっとだけキツいことを、毎日細~くやってるだけなんです。

毎日ランニングは自分の体調を知る重要なシーン。

例えば「二日酔い」した時って、誰でも体調の変化に気付きますよね。

それは「二日酔いじゃない時の自分を知ってるから」なんですよね。日常の当たり前の状態がベースになってるんです。

で、僕は「毎日ランニングすること」がベースになっているので、ランニング中により敏感に体調の変化を感じることが出来るんですね。

気候の変化(気温や湿度)によって、走りやすい・走りにくいがあるように、その日の体調によってカラダのダルさや、鼻の通り方、足の重さなど、普段の生活の中では感じれない微妙な変化を感じます。

例えば、風邪っぽくて鼻の通りが悪いなって時は、ランニング中、普段より息苦しく感じます。そんな時は、ショウガを摂ろうとか考えることが出来るんですね。

僕にとって「ランニング=体調を知る」ということになっています。

現に、僕は2020年7月で毎日ランニング1,300日を突破しましたが、1,300日間毎日走り続けられたということは、1,300日間ずっと健康だったということです。(約4年間、風邪すら引いたことがありません)

日々の生活に、軽い運動(ランニングやジョギング)を取り入れることで、自分自身の体調を感じながら、健康的なカラダ作りが出来てると思っています。(やっぱり汗を掻くってダイジ!)

ピンチをチャンスにする為に出来ること。

いくら自分の能力が高くても、タイミングが悪ければチャンスを掴むことも、結果を出すことも出来ません

ノーアウト満塁の場面で、手を骨折してたら打席にすら上がれないのと同じで、僕たちに最低限出来ることは「常に健康であること」です。

健康(いつでも動ける)でないと、チャンスは掴めないんです

いつでもそのチャンスの場面に立てるように準備をする中で、出来る限り健康であることは最低限の準備です。「おい!チャンスだぞ!」と言われた時に「ケガしてます」はマジで問題外です。

僕はそれが、毎日ランニングを続けて来た1つの功績だと思っていて、人よりも多くのチャンスを得たと感じています。

その逆を考えれば「体調を崩した人はピンチを作る」ということです。

体調を崩すことがダメなことではありません(仕方ないこともあるので)が、少なからず適材適所でポジションを固めてる場合、誰かが抜けた穴は、穴(ピンチ)になることは変わりありません。

そこで、自分自身にピンチをチャンスに変える場面がやって来ます。(ヒーローの登場)

もちろん結果を出せばヒーローですが、結果が出なくても「ありがとう」と感謝される場面。

そんな時に打席に立てる人になる為には「健康であること」が重要で、その為に「健康を知ること」が必要になってくるわけですね。

そういうことから、僕は毎日ランニングが日々の生活の中で「必要不可欠」になっているということです。

コロナの影響で、運動不足を解消するためか最近はランニングをする人が増えた気がします。

皆さんもご自身の健康のために「ランニング(ジョギング)」を初めてみてはいかがでしょうか?

僕も使ってる超オススメのランニンググッズ : 毎日ランニング歴4年の僕も愛用。買って損はしないランニングを快適に楽しくするおすすめグッズ紹介。日常使いも出来る。【コスパ最高のランニンググッズ】(よかったら参考にしてね)

気持ちよく走るためには、少しだけ時間が掛かるかもしれませんが自分のペースで無理はしない程度に頑張ってみましょう。僕も頑張ります。

では、またね。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer