【仕事に対する姿勢】自分の仕事に関する質問が出来ないことに危機感を持つべき理由。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

【仕事に対する姿勢】自分の仕事に関する質問が出来ないことに危機感を持つべき理由。

2020.09.28
2020.09.28

どうも、コウタです。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し5年目となります。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,300日(20207月現在)を突破しました。

外出自粛で運動不足やストレス発散が出来てない方は、僕が毎日欠かさずやっているダイエット効果バツグンの自宅トレーニングをまとめたのでチャレンジしてみてください。また、外に出て運動する方へ、これからの時期持っていると便利な「コスパ最強のランニンググッズ」を紹介したのでこちらも合わせてご覧ください。

先日、とあるセミナーのライブ配信のお仕事をしていたんですが、すごく為になるセミナー内で質問がゼロだったことに少し違和感を感じました。

僕は専門外のセミナーだったんで「なるほどー」くらいの感覚で聞いていた部分はありましたが、わざわざ依頼してセミナーを開いてもらっている相手の立場だった場合どうなのかなと。

質問自由」と言ってもらっているわれているにも関わらず、そんな学びのチャンスで質問出来ないというのは本当に残念な機会損失です。

ということで今回は、「仕事に対する姿勢自分の仕事に関する質問が出来ないことに危機感を持つべき理由をお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

質問が出来ないことに危機感を感じる理由。

例えば、僕が「プログラミング」や「カメラ講座」に関するセミナーに参加させてもらった時に、質問したいことは沢山あります。

それだけ「興味」と「意欲」があるし、学びのチャンスが目の前にあるなら掴みに行く以外、僕には選択肢はないですよね。

要するに、質問が出来ないということは「仕事への熱量がない」ということです。

人生の中で大半を占める労働を「お金もらうだけの時間」と捉えているのがどれだけの損失かに気付かないといけません

熱量のない無駄な時間を過ごしているということ。

僕も仕事に対して不満を感じることはもちろんありますが、建設的ではない不満や愚痴を言うことはありません。

それは僕が今の仕事が大好きで、しっかりと熱量を持って仕事をしているからです。

多くの人は「人間関係」や「給料・残業」などのような、仕事と違う部分での不満を言ったりすると思うんですが、そういう人たちは総じて「仕事に対する熱量」が不足しているからです。

そんな熱量のない仕事に人生の大半を預けてしまっているのは、正直もったいないし、時間をムダにしてしまっているなと思ってしまいます。

その仕事を辞めればいいということではなく、好きではない部分の多い仕事で「学び」は忘れちゃいけないなと思います。

同じ時間を過ごしているなら得るものがないと損。

仕事をする上で「学び」がなくなると危険と思う理由は、そこで成長が止まってしまうからです。

今やっていることっていうのは、これから先もずっと使える能力に変わるので、どんな環境下でも成長を続ける必要があるんです。

その成長が止まってしまうと、例えば転職を考えたりすることも出来なくなってくるんです。

好きじゃないから適当にやったり、やらないを選択するのは、その他多数の選択肢を自ら潰してしまっている行為であることに気付かないといけないんです。

どんなに熱量を持てない仕事でも、「学び」を考えられなくなった時が本当の終わりと思った方がいいかなと思います。

仕事はお金をもらって勉強出来るステキな環境。

僕は昔から「仕事はお金をもらいながら学べる場所」だと思っていて、そう考えた時に、自分が将来ずっとやり遂げると思っていない仕事でも本気で向き合うことが出来ました。

僕はこれまで「販売業(在庫管理)」「店頭販売業(試食販売)」「営業職」「接客業(飲食店)」など、色々な仕事をやってきましたが、本気で取り組めたからこそ貴重な学びがありました

僕自身、組織の中の「人間関係」というのが、どれほどウザいかも経験していて、仕事を嫌になってしまう理由になることも分かっている気でいます。

僕は「人間関係」と「通勤」というのが嫌で、独立を選んだ部分もあるんですが、それが出来たのも「嫌な仕事から学びを見出したから」です。

なので、今の仕事に不満があったり、嫌だと思ってる人こそ、今の仕事からさっさと学んで次を見ることを考えて欲しいなと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、またね。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer