待っているだけでチャンスが来ると思っている人に伝えたいこと。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

待っているだけでチャンスが来ると思っている人に伝えたいこと。

2021.11.10
2021.11.10

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm(準備中)

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

以前、これまでずっとお世話になっていたけれど、不義理な扱いを受けたとあるサービスに対して僕は一瞬で「もう絶対に通わない」と決めました。

その時に「次から別のところに通います」と相手に伝えることはなく、僕は突然連絡がなくなった人となったわけですが、ここで途切れることとなった縁に僕は後悔はありません。

ということで今回は、待っているだけでチャンスが来ると思っている人に伝えたいこと、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

待っているだけで掴めるチャンスもある。

人生を長く生きていれば、どんなことにおいても一定数『待っているだけで訪れるチャンス』というのはやって来ることがあると思います。

例えば観光地を歩いていて、そこに「もし地元にあったら入らないだろうな」って感じのお店が並んでいたとなっても、そういうお店しかなかった場合に「せっかく旅行に来たんだし入ってみよう」となるわけですね。

「そこに行きたいから」という訳ではなく、「それしか無いから」という『消去法』が理由であれば、少なからず人生の中で『待っているだけで訪れるチャンス』というのがやって来るんですね。

でもそれは、決して自分の努力で掴んだチャンスなんかではなく、『チャンスを掴むためにやって来た偶然のチャンス』であって、そこを勘違いしている人達が多過ぎると思いました。

待っているだけでチャンスが来ると思うな。

で、冒頭でもお話しした、僕が不義理を受けたサービス提供者の件で、共通の知人から「そんな頑固なこと言わないで顔出したれよー」みたいなことを言われたりするんですが、もちろんNOと言い続けています。

そこで「厳しい人やなぁ…」と、少し煙たがられた雰囲気を出されるんですが、彼にはわかってないかもしれないけど、僕はこの対応が1つの『愛情の形』だと思っています。

フリーランスだからこそ、『お客さんを1人失う大きさ』を知っているし、その信頼を取り戻す大変さも重々にして知っています。それくらい相手に対して不義理を行うってことは、絶対にやってはいけないことなんですね。

基本的に「そんなこと言わないで…」と言ってくる人間のほぼ全員は『経営者(やフリーランス)でない人』ばかりで、そんな雇われの環境でしか働いたことがない人間に対して、この問題の大きさが分かるはずなんかないんですね。

頭を下げられない人に成功はない。

僕は常々思っているんですが、こういう時に『頭を下げる』ってことが出来る人が本当に強いなと思っていて、僕はその不義理を行ったサービス提供者にそこを教えたいなと思い、現在の行動に至ったんですね。

一度失ったら、同じチャンスなんて向こうからやって来ないんですよ。ただそこで1つ出来ることがあるとすれば、自分の過ちを認めて頭を下げることで、ここで『自分のプライドを捨てる』というとが出来るか出来ないかはすごく大きな違いを生むと思います。

今はたった1人(自分)のために生きていたとしても、これが将来的に家族のため、従業員のためとなって来た時に、恐らく『自分のプライド < 利益』となって来る時はやって来ると思うんですね。

決して利益のためにペコペコ頭を下げろと言っている訳じゃなく、「頭を下げられない」という自分のプライドを守ることをするなってことですね。(僕自身がプライドが高く尖った生き方をして来たからこそよく分かります)

自分の周りを見ていてもそうですが、成功している人は皆んな物腰が低く謙虚で、頭を下げられる人達ばかりです。

待っているだけでチャンスが来ると思っている人へ。

僕は1人のフリーランス(経営者)として、家族であろうが、友人であろうが、「不義理だなぁ」と感じたサービスに対して、こちらから歩み寄っていくつもりはありません。

先ほども言ったように、それを自分で自分で気付けることが1つの大きな成長につながると思うし、それを自分で気付くための時間であるのなら、僕は嫌われ役を今全力であなたのためにかって出てやろうと思います。

ただ今は、僕はあなたに対してそのお金と時間を使っていることの方が、僕にとっては『有益なこと』であるので、次に僕があなたのサービスを受ける日が来る時は『頭を下げた日』ではなく、『頭を下げた上でこの存在を超えた日』ということです。(ハードルが高いですね)

それくらい、1度失った信頼を取り戻すことは難しいし、1度繋がった信頼が途切れることも難しいということです。

最後は、特定の誰かに対してメッセージを届けたような感じになりましたが、きっとサービス提供者であれば大切に持っておいた方がいい感情だと思うので、1つ1つの繋がりを、もっと家族のように大切に感じて欲しいなと思いました。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer