システムエラーをヒューマンエラーとなすりつける無責任な経営者に言ってやりたいこと。

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm(準備中)

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

随分前に友人と食事をしていた時に「仕事で今日こんなことがあってさーどう思う?」的な感じのお話を聞いたんですが、雇われの仕事ってホント厄介だと思ったし、やっぱり僕にはマネ出来ないなって思いました。

その時に聞いた話は理不尽極まりない酷い話でして、僕はそんな経営者を撲滅して、経営する会社はさっさと潰れた方がいいと思ってしまったんですが、頑張ってもそうは出来ないと思うので、皆さんに情報共有と僕の想いをお話し出来たらなと思います。

ということで今回は、システムエラーをヒューマンエラーとなすりつける無責任な経営者に言ってやりたいこと、についてお話ししたいと思います。

無責任な経営者とスタッフがいたもんだ。

記憶は曖昧なんですが、その友人から聞いた話によると、どうやら完全に人手が足りてないような状況で、理不尽な仕事量を与えられ(というより管理しなくてはいけなくて)、その結果、自分の目が届かなかった場所でトラブルが起こったということだったんですね。

で、そのトラブルを発見した経営者とスタッフは僕の友人に対して「プロとして失格だ!」と怒ったらしく、仕事に高い意識を持って、毎日のように手を抜かず一生懸命働いていた友人は、凹んだのと、悔しくて涙してしまったというお話でした。

僕の感覚からすれば、これに関しては「友人が悪いのかな?」って考えるまでもなく、1番悪いのは「経営者」で、そこに加担して怒っているスタッフも相当アホだなぁと思ったんですね。

分かりやすく言えば、最低でも10人はスタッフが必要なスーパーに、たった1人で働けと言われて、目の届かない場所で万引きされてしまって「お前!なに万引きされてんだよ!」って怒ってるようなもんですね。

まぁ、どこにでもこういうヤツはいるだろうと分かっていますが、やっぱり友人からそういう話を聞くと、無責任な経営者とスタッフがいたもんだと思ったし、こういう時には自分のこと以上に腹が立ったりしますね。

これはヒューマンエラーではなくシステムエラーだ。

で、この件に関して、アホな経営者に加担して怒っていたようなアホなスタッフの様な人じゃない限り、これがヒューマンエラー(人のミス)ではなくシステムエラー(組織としてのミス)だって分かると思うんですね。

万引きを防ぐために、最低でも10人必要なフロアの中をたった1人で任されて、万引きを防げる人間っています?いないですよね。でも、それが出来ないと怒られるって理不尽だと思いませんか?

そもそも、給料が全く同じだったら「そんなリスク背負いたくない」って思うのが普通で、そんな中で会社を助けるために、仕方なく出来る限りのことをして一生懸命働いた友人はすごいなって僕は思うんですね。(やるしかないような状況だったので)

ただ今回はトラブルが起こってしまい、起こっただけならまだしも「経営者やスタッフに怒られる」となるとちょっと話は違ってきて、「それなら最初からやりたくねぇよ」って思うのが普通だと思います。

システムエラーが起こった時に経営者が取るべき行動。

ここで有能な経営者やスタッフであれば「ごめん!1人で任せてしまってたからだよね!自分の責任だわ!」って言えると思うんですけど、アホな経営者やスタッフは、その責任を弱い立場の人間に擦りつけるんですね。

そういうアホは、もしもお客さんに謝罪が必要になったとしたら「うちのスタッフのコイツが無能でご迷惑おかけしてすいませんでした!」みたいな謝り方をするんですかね。

でもどう考えたって、僕の周りにはそんな上司は見たことないし、その人が特別に無責任なヤツだと思ったんですね。そういう意味で、やっぱり良い職場との出会いってすごく大切だなって思いました。

なので友人には、「プロ失格だ!」と怒られたんなら、「人手が足りない状況で運営しているお前が経営者失格だ!」って言ってやれと言いました。

同じサービスを受ける上で、人手が足りなくて「なかなか料理が出てこないレストラン」とか「手続きがいつ終わるか分からない携帯ショップ」とか行きたくないじゃないですか。要するに、そんな状況で回そうとしている経営者なんてプロでもなんでもなく、ただの無能で無責任なんですよね。

無責任な経営者に言ってやりたいこと。

これまで少し感情的にお話はしてきました。ただ、僕はクリエイターではあるんですが、こういう無責任な経営者には”どんな業種であっても絶対に勝つ自信はあります”

僕はやっぱり、サービスって最後は人格で決まると思うんですね。

どんな業種でも勝てると言ったのは、僕に能力がなくても、僕に人格があればそこに有能な人材は集まると思ったからです。その反面、無責任な人格のない人からはどんどん有能な人材が離れていくと思います。

なので経営者は、自分の抱えるスタッフに問題を指摘する時は、そのエラーが「ヒューマンエラー」なのか「システムエラー」なのかをしっかりと見極めて注意する必要があると思うんですね。

今回のお話のように、明らかな「システムエラー」の状況で、「お前はプロ失格だ!」みたいなぶっ飛んだアホの意見を言っているような経営者は、自分で「僕は無能ですよ」って自分で言っているだけなのでホント気をつけた方が良いと思います。

こんな無責任な経営者が運営する会社なんて、サービスも大したことないと思うので、早く周りの人間がそれに気付いてさっさと離れていくことを祈っています。

志を常に高く持って働いている同じサービス提供者として、今日は少し熱く語ってしまいました。ごめんなさい。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。