何でも屋さんと呼ばれる僕が仕事がないと言う人に伝えたい大切なこと。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

何でも屋さんと呼ばれる僕が仕事がないと言う人に伝えたい大切なこと。

2023.05.02
2023.05.02

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

最近僕は嬉しいことにそこそこ多くのお仕事の依頼をもらうようになっているんですが、必ずしもそれがデザイナーの仕事と言うわけではありません。

時には何でも屋さんと呼ばれることがあるほど、幅広くお仕事を受けさせてもらっているんですね。

ということで今回は、何でも屋さんと呼ばれる僕が仕事がないと言う人に伝えたい大切なこと、についてお話ししたいと思います。

友人から言われたあんたは何屋さんなのと言う言葉。

先日、クリエイターをしているけれども、詳しい仕事内容を知らない友人から「写真とか撮れたりする?」と言うメッセージを貰いました。

他にもこれできる?あれできる?といった質問がたくさんあったんですが、大体の事はできてしまう感じだったので「全部できるよ」と答えました。

すると「あんたは何屋さんなの?」と、少し呆れ笑いのような感じのリアクションをもらったんですが、冷静になって考えれば僕は自分が何屋さんかわかりませんでした。

なので「俺も知らねえよ」と笑って返したんですが、これって当たり前のようで当たり前じゃないなっていうふうに思ったんですね。

できるできないの判断じゃなくやれと言われたらやるスタンス。

多分今年でフリーランス歴が8年か9年位になると思うんですが、相手の都合でもない限り、僕は今まで1度も仕事を断ったことがありません。

その理由の1つは「できないのが悔しいから断りたくない」ということがあって、依頼された時にできないことでも「できます!」と返事して、そこからできるように必死に努力をします。

要するに、できるできないと言う判断よりも、やってくれと言われたら絶対にやると言うスタンスで、これまで活動をしてきました。

そんなスタイルで仕事をしてきたからこそ「何でも屋さん」と呼ばれるほど、言われた事は大体何でもできるマルチクリエーターと成長することができたんだと思います。

仕事がないという人のほとんどは受け皿を自分で決めてしまっている。

今日、僕が伝えたい事は「仕事がないと言う人のほとんどは受け皿を自分で決めてしまっている」ということです。

極端な話、僕はデザイナーと言う分野でお仕事をしていますが、例えば「荷物運び」とか「草むしり」というお仕事の依頼が来たとしても、きっと断らないと思います。

多くの人は自分が今やっているお仕事の範囲内でのことだけをお仕事として受けると思うんですが、そういった境界線が僕の中には存在しません。

道を歩いている時に、目の前でおばあさんが困っていたら手を差し伸べるような感覚で、自分ができることであれば何でもお仕事としてやるのが僕のスタンスです。

凡人の才能しかなかったからこそ献身的な行動を使って生き残れた。

僕は自分のことをいつもすごく冷静に分析しているんですが、僕ほどの凡人がデザイナーになれたと言う事は、奇跡以外の何物でもないと思っています。

周囲からは「デザイナーはセンスがないとできない仕事」といった風に未経験者からは言われたりするんですが、僕は心の底から誰でもできると断言します。

ただ先程から言っているように「何でも屋さん」と言われるようにまでなれた理由には、才能がなかったからこそ、献身的な行動を使うしかなかったということが多いということなんですね。

デザイナーだからこそデザインしかしたらダメって言う決まりもなければ、料理人だからこそ料理しかしたらダメっていう決まりもありません。(僕もロゴやチラシしかやりませんスタンスだとここまで生き残れてない)

僕の根本は「困っている人に寄り添う」という、ただシンプルにそれだけのことなので、その中で相手の理想を叶え続けてきた結果が、マルチクリエイター(何でも屋さん)という形になっているんだと思っています。

仕事なんてって言うと表現は悪いですが、お仕事は選ばなければいくらでもあるし、その境界線を決めてしまっているのは自分自身であることが多いと思います。

皆さんも「仕事がないな…」って思った時にこそ、自分で仕事の受け皿を決めてしまっていないかを改めて考え直してみてください。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer