下積み有りのフリーランスと会社員との幸福感を感じるタイミングの違い。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

下積み有りのフリーランスと会社員との幸福感を感じるタイミングの違い。

2021.11.12
2021.11.12

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm(準備中)

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

在宅ワーカーの宿命なのか、僕の性格や態度が原因なのかは分からないんですが、家でお仕事をしている僕へ「家庭に仕事を持ち込むな!」と言われることがしばしばあるんですね。

出来る限り「仕事であった楽しいこと」を共有するようにしているんですが、どうしても体からオーラとして仕事感が出てしまってるんだと思います。

ということで今回は、下積み有りのフリーランスと会社員との幸福感を感じるタイミングの違い、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

僕が働いている理由って何だったっけ?

家でお仕事をしている僕へ「家庭に仕事を持ち込むな!」と言われることはしばしばなんですが、酷い時には「外で仕事をしろ!」とか「出ていけ!」と言われることもあるくらいなんです。

で、僕は思うんですけど、「ニコニコしながら考えられる人」って誰もいないと思うんですよ。働いている時って大体みんな難しい顔をしているし、周りの話とか耳に入ってこなかったりすると思うんですね。

それをオフィスでやっているのか、家でやっているのかの違いだけで、別に「仕事している = 不機嫌」ということではなく、シンプルに「考えているので放っておいて状態」で、家庭環境を壊そうとしているつもりはないんですね。

そんな仕打ちを受ける度に、そもそも僕は家族のために働いているのに、「僕が働いている理由って何だったっけ?」って我に返ってしまう瞬間があったりします。

僕が思う「仕事を家庭に持ち込む」ということ。

僕はホントここ数年「仕事の愚痴」なんて話さないようになったし、例え話すとしても(解決させてから)笑い話としてしか話さないような配慮をしていたりします。

解決させていない愚痴をただ話したって、聞いた人間がその人を嫌いになってしまうだけだし、そんな誰かが傷付くだけの話をすることに意味がないと思って、僕は愚痴を話すことをやめました。

思えば僕は、家族や友人から「仕事の愚痴」を聞いたことしかほとんどなく、僕が話すことと言えば「仕事で楽しかったこと(嬉しかったこと)」ばかりだなと気付いたんですね。

ホントお酒を飲めば愚痴ばかりで、僕はいつからか愚痴を言う人と食事に行ったり、お酒を飲んだりすることに疲れるようになりました。(だって僕の周りの経営者さんに非建設的な愚痴を言う人いないので)

僕は「仕事を家庭に持ち込む」ということは、そういう部分なんじゃないかなと思っています。

好きなことを仕事に出来ているという幸せ。

「好きな仕事が出来ているから幸せなんだ!」と言われたりするんですが、それを言う多くの人は『好きなことを仕事にするまでの努力』を経験したことのない人間だと思います。

僕がここに至るまでに、その人が経験したことのない努力をして来たし、それだけじゃなく『劣等感』『惨めさ』『寂しさ』なんかをこれでもかと味わって今があるんですね。

例えば、月に15万円のお給料をもらおうと思った時に、僕は駆け出しのフリーランスから数えて、(ある程度)安定してその金額をもらえるようになったのは3年後くらいの話でした。でも、会社へ就職した場合、多くの場合は初月からそれを達成出来たと思います。

結局それって、今あなたが充実していないことに対して妬んでいるだけで、僕にだってそういう時期はあった上で、お金が後からその人と同じ程度に追いついたという状況なんだけなんですね。

卵が先か鶏が先かの話。

その人はまず最初に、駆け出しの僕に手に入れられなかった「お金」によって幸福感を最初から得ていて、一方で僕は「お金よりも大切なもの」を駆け出しの頃から得ていました。

「お金よりも大切なもの」は、直接的な幸福感ばかりではなく『忍耐力』や『向上心』といったような、未来につながる財産として積み重ねていて、それが今の立場や環境に繋がり、お金以上のものとして幸福感を得られるようになったんです。

言いたいんですが、僕は「(非建設的な)愚痴を言う」っていう行為に関しては、自分を下げたり、惨めにさせたりするだけなので絶対に言わない方がいいと思うし、大体の場合は『本人の実力不足』だと思ってます。

僕はそういう意味で強メンタルなのかもしれませんが、いくら「出て行け!」と言われても、即座に切り替えて「お前のために働いてねぇよ」と、クライアントさんを笑顔にするためだけに気持ちをシフトして突き進んでいくことが出来ます。

妬んでいるだけで止まっている人の人生に合わせている暇なんて僕にはないし、そんな人からの邪魔を受ける程度で止まるほど、僕のスピードと馬力は生温いもんじゃないので舐めないでください。

いつか、そういう人間からかけられた心無い言葉を後悔させてやれるように突き進みたいと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer