仕事に対する姿勢や行動は必ず誰かが見てくれているということ。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

仕事に対する姿勢や行動は必ず誰かが見てくれているということ。

2021.07.30
2021.07.26

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

連日バタバタとお仕事をさせていただいていて、特に専属契約なんかをしていただいている中でのお仕事で疎かになっているのが「お金の話」なんですね。

どうしても契約内容とは違うイレギュラーなお仕事を頼まれたりとか、やりたいことをやっているので仕方ないなと思う反面、それが重なれば疲弊してくるのは心なんです。

ということで今回は、仕事に対する姿勢や行動は必ず誰かが見てくれているということ、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

僕が契約内容とは異なる仕事を受けるスタンスな理由。

僕ってこれまで仕事を一切断ったことがないように、どこかで「何でも屋」みたいなところがあって、結構何でもかんでも「福井さんに頼んでおけば良いやー!」的な感じで、クライアントさんからホントに色んな仕事を振られます。

僕自身も「出来ません」っていうのは悔しいので、その時出来なくても速攻で成長して何とかいつも凌いでいるおかげで、色々なスキルを身につけることが出来ました。(WEB制作や動画編集もその成果ですね。)

こんな風に、これまでのクリエイター人生の中で、出来ないことを自分自身に無茶振りすることで成長して来た歴史があるので、僕は「やれと言われれば何でもやるというスタンス」を持ってお仕事をするようになりました。

そういう「断るのが嫌という考え方」が、契約内容とは異なる仕事を受けるスタンスを生んでいるんだと思っています。

専属契約時には大切な「お金の話」

冒頭でも言ったように、これが単品でのお仕事であれば、まずは見積りを出して何たらかんたらで進めていくことが出来るんですが、専属契約となるとどこからどこまでが契約範囲の業務かが結構曖昧だったりするんですね。

例えば会社に勤めていて、自分は事務作業の仕事を担当しているのに営業電話の対応をさせられたり、上司のお茶を入れたりとかそんな感じのことです。で、そんなことに逐一文句言わないですよね?

僕の場合は「WEB制作」とか「動画編集」とか、分かりやすい項目に別れているので、パッと見の判断は出来てはいるんですが、そこでいちいち「これは契約業務範囲外のことなので〜」と言っていては、レスポンスが遅くてプロジェクトがなかなか進行しません

絶対に良くないと分かりつつも、僕はこういう場面を迎えると「お金の話」はすっぽかしてサッサと作業を進めてしまうんですね。(というかギリギリで頼まれることが多いのでやるしかないことが多い…)

ただこういう場面で、しっかりとお金の話をすることはホントにホントに大切なことだと思います。(皆さんはやってくださいね)

僕が心に秘めて取り組んでいること。

もちろんやったらやった分だけ対価が支払われて当然ですし、僕が業務外のお仕事を受けて報酬を得られないのはおかしいに決まっています。

ただ僕は、いちいちその状況になった時に話に行くよりも「そういう話は圧倒的に結果を残してからだ」と心に秘めてお仕事に取り組んでいます

言うだけは簡単なんで、僕はやり抜いてからその結果を持って自己主張をすると決めました

僕は間近でクライアントさんの苦労されている現状も見ているからこそ、寄り添うべき時は全力で寄り添って、無理難題や無茶振りにも我慢する時は我慢して、まずはみんなで勝ってから、話はそれからで良いと思ったんですね。

それもこれも「クライアントさんへの信頼があってこそ成り立つこと」だと思うので、もしそれがない方は、絶対に最初に「お金の話」はした方が良いと思います。

仕事に対する姿勢や行動は必ず誰かが見てくれている。

で、やっぱりこういう姿勢を持って行動していれば必ず誰かが見てくれているんですね。

僕が同じ会社の(契約の詳細を知らない)方から、どうしても現状で厳しい業務を振られた時に「実は僕こんな感じの契約内容なので受けるのが厳しい仕事があるんです…」と前置きとして伝えた上で、「可能性と根拠がある仕事に関しては全力で協力します」とその方に理解を求めたんですね。

そしたらその方は「福井さんの仕事ぶりを見ているので、上司に言いづらいことがあれば協力させてください」と言ってくれました。

やっぱり見てくれている人は見てくれていると思えたし、そういう言葉をもらえるだけで前に進める瞬間ってあるんだなって思いました。

もちろん、どうでも良いクライアントに対してここまでの融通は利かせられない部分はあるんですが、どうせやるなら勝った方が絶対に良いので、お互いの信頼関係を感じながら、イレギュラーな仕事にも柔軟に対応していけたらと改めて思いました

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer