クライアントさんを勝たせるための「自己投資」をする。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

クライアントさんを勝たせるための「自己投資」をする。

2021.12.08
2021.12.08

記事を音声で聞きたい場合はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

僕は基本的に自分のために贅沢をしないので、生活必需品を買う時すらなるべく安いものをと考えてしまいます。

そんな中で唯一、迷うことなくお金を使うと決められることがあるのが「仕事」の備品に関するものなんですね。

ということで今回は、クライアントさんを勝たせるための「自己投資」をする、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

僕が今回の「自己投資」を決めた理由。

クライアントさんのお仕事の流れを見ていて、今自分の持っている機材では少しクオリティ面で補えない(まだ向上の見込める)状況を感じてたんですね。

今回僕が投資をしたの『カメラのレンズ』だったんですが、カメラのレンズには「レンズ沼」という言葉が使われるほど、色々な種類のレンズがあって、集め始めるとあれもこれも欲しいと抜け出せないような状態になったりするんですね。(そこから抜け出せない感じのことを沼って言います)

で、シンプルに言えば、デザイナーとして「良いものを作れた方が良い」ってことじゃないですか?

そんな中で「単に自分が欲しいから」という理由じゃなくて、そこに投資することでクライアントさんと一緒に作る作品のクオリティが上がるからという理由で『自己投資』を決めたんですね。

自分主体で考えないことの大切さ。

基本僕は自分がする行動に対して『自分の意思』というのはかなり優先度が低い方だと思います。(どういうこと?ってよく言われるんですが)

仕事でもプライベートでも、1つの行動をする上で「自分がどうしたいか?」ではなく、「相手がどうして欲しいか?」という部分を大事にするようにしています。

相手にとって利益を生むことをすることによって出る笑顔とか、そういう部分を自分にリターンとして得て、それで満足出来る事が僕の自然な強みなのかなって思っています。

そんな僕のクライアントさんとの付き合い。

そういうスタンスで生きていると、どこかのタイミングで自分にとって嬉しいことって返って来たりするんですね。

先日もあったんですが、「お仕事お願いしたいんですけど…」と申し訳なさそうにクライアントさんから言われたんです。

これは、クライアントさんが尽力された成果として(特定の)補助金が出ることになったのですが、「普段から福井さんの業務に見合ったお支払いが出来てないので…」と、僕のためにその補助金を使えるように提案してくださったんですね。(ホームページ制作関連でした)

僕は株とかFXとか、そういうお金に関する難しい部分は全然分からないんですが、僕の感覚として、「相手の未来を想像する投資」という姿勢が、クライアントさんからのこういった配慮に繋がっているんだと嬉しく思います。

クライアントさんを勝たせるための「自己投資」をやってみて。

で、先日そのカメラレンズを使ってクライアントさんと撮影のお仕事に行って来たんですね。

結論から言えば、そのレンズを使って撮影出来たことによってクオリティは上がったことは勿論、次の作品への可能性も大きく広がったんです。

クライアントさんと一緒にお仕事をする上で、そこで結果を残す(評価を上げる)ということは、クライアントさんだけでなく、結果的にその先にいるユーザー(クライアント)に対してもアピールすることが出来るんですね。

相手のことを考えてした投資が、結果的に自分が良く見える投資につながるということがお互いのWin-Winになるので、そういう未来を考えて自己投資出来ることが理想なんだなと改めて感じました。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer