制作実績を見せずに仕事を依頼してもらえる理由を紐解くと見えて来たフリーランスとしてやるべき行動。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

制作実績を見せずに仕事を依頼してもらえる理由を紐解くと見えて来たフリーランスとしてやるべき行動。

2022.07.25
2022.07.25

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

先日、そもそも「僕はカメラのプロじゃないよ?」と言った上で、それでも依頼してくださったという経緯はあって、写真撮影のお仕事に行ってきました。

「はいチーズ」やら「決まったポージング」なんてものはほぼない撮影で、一瞬のシャッターチャンスを逃せば終わりの状況の中でやれることをやって来ました。

ということで今回は、制作実績を見せずに仕事を依頼してもらえる理由を紐解くと見えて来たフリーランスとしてやるべき行動、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

制作実績を見せずに仕事の依頼が来る可能性とは。

これまで7年間ほどフリーランスとして活動して来ましたが、フリーランスとしては制作実績(ポートフォリオ)というものの重要性はかなり高いものだと感じています。

それこそ僕は専門学校にも通っていない「完全独学のフリーランスデザイナー」ということもあって、経歴もクソもありあませんので「あなたはどんな人でなにが出来るの?」が際立っていて、僕こそキッチリしていないとダメな人間だと思います。

ただ、お仕事が忙しくなるとそういった部分に手が回らない状況が増えてくるので、「忙しいデザイナーのポートフォリオは更新されない」という逆説もあったりするんですが、僕個人の意見としては「新規を取りたい場合」に限っては必須です。

それくらい制作実績を見せずに仕事の依頼が来る可能性は低くてですね、簡単に言えば看板を出さずに営業している料理屋さんみたいな感じですね。

いくら口コミがメインのデザイナーだからといっても。

で、僕は基本的に営業という営業をしたことがない「口コミ」がメインのクリエイターで、作品を見せることでお客さんが声をかけてくれるというよりは、お客さんが僕のことを紹介してくださってお仕事に繋がることが多いんですね。

ただ、Aさんに作った作品をBさんが見た上で「じゃあ自分も!」となる訳で、制作実績は見てないにせよそこには作品という事実はある訳なんですね。

なので、実質そういった未来のお客さんに繋がるようなお仕事をやっている場合は、営業という営業を必要とはせず、僕のように数珠繋ぎのようなお仕事が出来ると思います。

でも今回の場合は、僕がカメラを持っているからという理由だけで、その上で「プロじゃないよ?」とまで念を押している中でお仕事の依頼をいただた訳なんですね。

制作実績を見ずに仕事を依頼する人の心理。

僕が逆の立場であったらどういう風な感覚かを考えてみた時に、超慎重型の僕であれば確実に「制作実績を見せてください」と言うと思うんですね。

むしろそれが無かったら仕事は頼めないよってレベルくらいその人が作ったもの、携わったものという記録はそれこそ「信頼」になる訳ですね。

逆説的に言えば、「信頼」があればお仕事を頼めると思うんですが、僕がクリエイターとして仕事を依頼する場合には、この信頼がいくら強かろうがクリエイティブを任せられるとは思えない訳ですね。

相手がその面では素人の方だからこそ「プロに任せておきます!」というスタンスでいけるのかも知れませんが、少なくとも僕は制作実績を見ずに仕事を依頼する人の心理は分かりません。

「あなただから」という理由で任される仕事がある。

で、今回のお仕事に関して「僕はプロじゃないよ?」って言ったんですが、近しい間柄で昔から知っていて「頼みやすいから」という理由が大きかったそうです。

ただ、そんな中で「大丈夫!あなたなら出来る!」と笑って言えるメンタルってすごいと思うんですが、そういう風に言ってもらえるような行動を僕が普段から取っているんだなと感じることが出来ました。(僕に依頼してくださるのも初めての方なので)

心配性の僕は「上手く撮れてないかもしれないよ?」と言ったりして念を押したんですが、それでも「そもそも撮ってくれてるだけでありがたいと」言ってくださったり、そういう信頼関係でお仕事をさせてもらえるのって幸せだなと思いました。

もちろん、ここで結果を残さなかったら次に繋がらないだけなので、圧倒的な結果を返さないといけないだけなのですが、そもそもこんなチャンスすら巡ってこないというのが重要な部分なんですね。

日頃の自分自身の行いから「信頼」が生まれ、その信頼のお陰でチャンスが巡ってくることだってあるので、そう言った意味でフリーランスとしてやるべき行動とは「信頼を感じさせる行動」だということを改めて強く感じました。

圧倒的な結果を残すことをお約束し、またこちらの発信でご報告させていただきます。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer