これからクリエイターとして活動しようと考えている人に伝えたい技術に対しての考え方。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

これからクリエイターとして活動しようと考えている人に伝えたい技術に対しての考え方。

2023.01.28
2023.01.28

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

以前、僕の2023年のテーマでもある「人を使う」ということをやってみて実感したことの中に、現場での知識のギャップを感じました。

その知識の重要性っていうのは実際に働いてみないと分からない部分があるんですが、その知識や技術に対しての価値観を正しく持つことが大切だと感じました。

ということで今回は、これからクリエイターとして活動しようと考えている人に伝えたい技術に対しての考え方、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

フリーランスとの自己投資についての感覚の違い。

人生で初めて人を使うということにチャレンジしてみて感じたことの1つとして、僕自身がフリーランスデザイナーを生業としてる上で、兼業や副業、それこそお小遣い稼ぎの人との感覚のギャップでした。

僕のように毎日が背水の陣ということでもないので、それが本職ではなく「なくても大丈夫な要素」として捉えている人の優先順位が少し見えてしまった気がします。

僕が自分自身にお金をかけることはもちろん全て自己投資となり、その自己投資によってスキルアップすることでお仕事の単価が上がったり、受け口が広がったりする訳ですね。

そんな部分にお金を投資することをいとまない僕なんですが、フリーランスとして生きていない人にとっては月数千円の投資のハードルが僕の何十倍にも感じるんでしょう。

技術に対して僕が考えていること。

で、先ほども言ったように僕は技術力に対しては「自分自身の価値の向上」としか考えていないので、僕が成長すればするほど、簡単に言えば収入のベースが上がるという価値観で生きています。

要するに、1人前500円の唐揚げ屋さんの唐揚げが、他にないくらい美味いものとなった時には600円に値上げしたとしても売れるように、技術力を上げれば必要としてくれる人は価格を上げてもお仕事を依頼してくれる訳です。

そういう風に考えた時に、何も技術を持っていない人の技術力という部分での価値はゼロで、そういう状況にいる場合は「時間を売る」ということしか出来なくなる訳ですね。

なので「手に職」が強いのはそういうところで、自己投資や努力した学びによって得られた技術力や知識力というのは、自分の価値のベースを上げてくれるものになるという感覚を僕は持っています。

ただ時間を売っているだけの人に持って欲しい危機感。

それが全てではないと前置きをした上で僕がここで皆さんに伝えたいことは、ただ時間を売っているような状況になっている人には少なからず危機感を持って欲しいなと思います。

その大きな理由としては「時間を売れる人は無数にいる」ということで、要するに自分以外にも代えが効く状態にあるというのは出来るだけ避けたい訳ですね。

あなたじゃないとダメという状況を生み出すことは完全に「個」にフォーカスされているような状況であって、これから先の未来にはこれまでよりもそういった要素が必須になってくると思います。

そんな中でも、特に今回のテーマである「独立」を目指している人にとっては、実際にフリーランスとしてお仕事をいただいている僕が直に感じている現実を知って欲しいんですね。

積み重ねた技術や知識は一生ムダにならない。

兼業や副業なら少しは危機感持たれる方もいらっしゃると思いますが、お小遣い稼ぎ程度のテンションでやっている人にもぜひ僕は技術や知識の考え方をもっと変えて欲しいなと思います。

例えば、デザインのソフトなんかを契約しようと思うと月々数千円のお金がかかってくると思うんですが、そんな程度の自己投資なら技術をマスターすれば一瞬で取り返せる訳なんですね。

そこで「仕事が安定的に入ってくるようになったら契約する」という考えの人にはまずお仕事入ってこないんです。

仕事が来てから学ぶのではなく、事前に学び、あわよくばマスターしているレベルで準備が出来ていな人にお仕事の依頼は来ますし、そこで「来たらやる」ってことでは通用しないんですね。

コロナがもたらしたものは「個の時代」だと僕は思っていて、表面的にはみんなで手を取り合うという中にも必要なのは「それぞれの個の強さ」なんですね。

フリーランスや在宅ワークという生き方が当たり前になった今、自分が選ばれるための準備をすることが重要で、そこへの自己投資や技術や知識の価値観を見直してもらえたらと思いました。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer