仕事がパンクして感じた、新しいステップと選択の時期。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2664 1444

仕事がパンクして感じた、新しいステップと選択の時期。

2021.02.17
2021.02.17

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

今、僕にいただいているお仕事をザックリというと、クリエイター専属契約1本、デザイン顧問契約6本、加えてホームページ制作が並行して7本以上ある状態で、その他にパンフレットや動画編集などが数点あり、後からご依頼いただいたお仕事に関しては順番を待っていただいている状態です。

これは本当に本当に嬉しいことで、僕が6年前にフリーランスとして始めた当初には正直全く想像も付かない状況にあります。(本当にいつもありがとうございます。)

そんな嬉しい状況の中ですが、(もちろん自惚れではなく)最近は睡眠時間もほとんど取れずにバタバタと仕事に取り組んでる中で、ふと考えることがあります。

それは「仕事量の限界」です。

ということで今回は、仕事がパンクして感じた、新しいステップと選択の時期についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

仕事がパンクした時に感じること。

仕事が詰まりすぎてパンクすること自体、まず第一に「僕の力不足である」ということが1つ大きな原因だと思います。(これは本当に悔しいことです。)

毎日深夜まで詰めて仕事をして、身体に限界が来たなーと感じた時に、ふと「時間が足りないなぁ」と感じることがあります。

これは本当に贅沢な悩みかもしれないんですが、僕には沢山のクライアントさんがいる中で「この人のために力を使いたいってクライアントさん」と、ここまで仕事が詰まってくると、「お仕事を辞めないと他のクライアントさんを助けられないと感じるクライアントさん」がいることに気付きました。

僕にとって今、大切だと感じること。

今、僕が感じていることを正直に話すと「お金」よりも断然「時間」が有限で、時間を1番大切に考えて動いていたら、そこに自然とお金が付いて来ていることに気付きました。

表現は難しいですが…要するに、「時間を大切にする = 選択を誤らない」ということで、時間を大切に考えることで、自分の行動の選択を出来る限り間違えないことで、自然とお仕事も上向きになるということです。

お金よりも先に時間を考えるということは、「お金なんていらねーよ!」ってことではなく、“ただお金払ってるもらってるから”という理由でやってる仕事には、正直全く「魅力」を感じなくなって来たんです。

何故ならその仕事の先に、未来を感じることが出来ないからです。

お金の為に、何かを我慢して、ストレス感じてまでするような仕事をしているよりも、その反対にお金は少ないけれど、ストレスを感じずにただ笑顔を求めて仕事をする先の未来の方が、僕は絶対に明るいと思えたんですね。

クライアントさんと共に歩む為の「大切な時間」

先日もお話ししましたが、「大した話じゃないんですが」と要件も伝えずに突然電話を掛けてきたりする方や、明確なイメージも提示せずに「分からないからとりあえず色々見てみたい」と、自分達の時間のことしか考えずに、ムダの多い時間の掛かる途方のない作業をリクエストするような方がいるのも事実です。

そんな中、僕は今自分の抱えられる「仕事量の限界」を感じています。

心の底からの気持ちを言えば「全員を守りたい」と思うのが本音ですが、実際には「守れない人もいる」のも事実です

そして更には、今の実力に到達したからこそ出来るようになった「一緒に仕事をしたい人」に対して、これまで一度もやらなかった「営業」をかけたいと思っっていることも事実です。

僕は絶対に、自分の私利私欲のためにお仕事はしませんが、1つ条件として「時間」というものの価値観が同じ人とお仕事をしたいと思っています。(先日も言いましたね。)

さっきも言ったような、自分の時間のことしか考えられない人に対して、他の人を笑顔にすることが出来るかもしれない「大切な時間」を使いたくないと思うようになったんです。

忙しくなったからこそ見えた「相手のこと」

これは決して、現状に甘んじて、自分の今に溺れてるわけじゃなく、日々考えて前に進んで来たからこそ見えた「人の事を考えている人」と、「自分のことしか考えてない人」の違いでした。

僕はこれまでも金銭的に「美味しい話」は沢山ありましたが、自分の理念に反しているものは全て断って、いつもクソ真面目に辛い方ばかりを選択して来ました

技術が付いていくにつれて、出会う人や、頂くお仕事もどんどん移り変わって来ましたが、根本として、僕が今ここにあるということは、これもクソ真面目に辛い方ばかりを選択して来たからだと思っています。

まだ、ギリギリ踏ん張っている状況ではありますが、今後もっと依頼が増えて来て、もしどちらかを選べという状況になった時は、僕は迷いなく、お金は関係なく、これまでやって来たように、愛や思いやりのある方を選び続けたいと思いました。

もしこの発信を見られているクライアントさんがいらっしゃいましたら、皆んなで共有しているこの「時間」について、その時間の先にいる人をイメージしてもらえたら嬉しいなと思います。(そして偉そうに言って本当に申し訳ございません。)

新しいステップへの、選択の時期をひしひしと痛感していますが、僕はいつも楽しそうで、明るそうな方を選んでいきたいなと思います。

今日は少し突っ込んだお話になりましたが、本心として僕は全てのクライアントさんとこれからもお仕事を続けていきたいし、何よりも皆さんのことが大好きです

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer