メールの語尾に〇〇をつけたら仕事が増えた話。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

メールの語尾に〇〇をつけたら仕事が増えた話。

2021.02.12
2021.02.12

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

昨年やって来たコロナをキッカケに、僕の仕事は減るどころか、嬉しいことにどんどんと増えていっています。(今は絶賛パンク中です。)

その要因を考えた時に、これはコロナがクリエイティブの需要を加速させてからということではなく、僕自身の行動が変わったからだと思います。

その1つとして、過去の発信で「貢献する」という気持ちを持つことだとお伝えしましたが、もう1つ、”恐らくこれだろうと思う仮定”が浮かんで来ました。

ということで今回は、メールの語尾に〇〇をつけたら仕事が増えた、というお話をしたいと思います。

クリエイターとしての営業力。

実は僕、数年前までは極度の人見知りで、今でも初対面の人に会う時に萎縮したり、多くの人がいるミーティングなんかではこちらから声をかけられず孤立したりと、フリーランスとしてかなり致命的な欠点を抱えています。

僕はクリエイターなので、実際のお仕事の内容として営業職ではないんですが、お仕事をもらうためには少なからず営業スキルなんかも必要になって来ますよね。

少しずつ改善されてはいますが、なかなか克服出来るものではないので、僕が最低限出来ることは「自分の作品のクオリティを圧倒的に高くすることで口コミを狙う方法」しかありません。(それが良いサイクルを生んでるのかも?)

シンプルに考えて、自分自身の入口が広ければ広いほど人がどんどん入って来るので、物理的に仕事が入ってくる確率を上げることに繋がりますよね。

人が集まる人場所に仕事が集まる。

入口が広い人というと、ワンピースのルフィーみたいな、いつもニコニコ笑顔が素敵で、頼りがいや包容力のある人って、そもそも一緒にいるとなんか楽しそうだし、そういう人に人が集まるじゃないですか?

要するに「人が集まるところに仕事も集まる」と考えた時に、一旦技術の話は置いておいて、前提として「自分の行動次第で仕事を増やすことが出来る」ということなんです。

ただここで考えないといけないのは、「自分から行動を仕掛けるタイプ」や「自分の行動に人が集まって来るタイプ」があると思うんですが、前者のようにガツガツと行動しまくっても、必ずしもその行動が成功に繋がるわけではありません。

厳密に言えば、後者も自分から行動を仕掛けるということなんですが、感覚として「自分の行動に人が集まって来るタイプ」を自分の基盤として作ってしまえば、自然と「仕事を頼まれやすい人」になれると思ったんです。

実はその感覚の中に「仕事を増やすヒント」を見つけたんです。

メールの語尾に〇〇を付けたら仕事が増えた。

僕が仕事が激増したと要因として感じることの1つに、「メールの語尾に!(ビックリマーク)を付けた」ということですね。

もちろんこれはケースバイケースなんですが、「ありがとうございます。」と「ありがとうございます!」だと、文字から受ける印象って全然違っていて、ビックリマークを付けた方が元気良さが伝わると思いませんか?

ワンピースのルフィのようなキャラクターの人って、この語尾が「。」で終わる印象ってほとんどなかったんですよね。

これはコロナが気付かさせてくれたことの1つだと思いますが、度重なる自粛で、みんなが疲弊してしまっている時に、「。」を使うより、こんな時こそ「!」を使って元気よく盛り上げていこうと僕は思ったんです。

そこからは「ありがとうございます!」「頑張りましょう!」「喜んで!」「素敵です!」と、メールの語尾には可能な限り「!」を付けるようにしたところから、圧倒的に仕事が増えたと感じています。

崩した文章から「失礼」が伝わるとは限らない。

かれこれ1年ほど「!」を語尾に付けたメールを送り続けて来ましたが、仕事をする上で、よくあるビジネスメールなんかの堅苦しい文章を送らなくても、少し崩した文章から「失礼と伝わることは一切ない」と感じました。

何でもかんでも「!」を語尾につけるわけではもちろんありませんが、お礼を伝える時、お願いをする時、チームを鼓舞する時なんかは特に、「ありがとうございます!」「よろしくお願いします!」「頑張りましょう!」のような感じで、元気を伝えるようにしています。

本当に些細なことだと思うんですが、デザインをする時にでも、文字を大きくすることで力強さを感じたりすることは印象として必ず伝わることなので、こういう細かな配慮はすごく大切だと思いました。

今回は、メールの語尾に「!」をつけたら仕事が増えた話をさせていただきましたが、皆さんにもそういったエピソードがあればぜひ教えてください。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer