あなたの頑張りは自分が決めるんじゃなく周囲の人間が決めること。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

あなたの頑張りは自分が決めるんじゃなく周囲の人間が決めること。

2022.10.21
2022.10.21

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

自分からすれば当たり前のことを日々やっているだけの中で、周囲の人達が自分に対して評価を下してくれる時があります。

直接言われる時もあれば、人から聞くこともあったりしますが「そんなこと思ってくれてたんだ」って瞬間はいつも嬉しかったりします。

ということで今回は、あなたの頑張りは自分が決めるんじゃなく周囲の人間が決めること、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

大切なことは誠意を持って一生懸命に取り組むこと。

僕はいつからだろうか忘れましたが、多くを語らずにひたすら黙々と自分のやるべきことを徹底してやるタイプの人間になりました。

学生時代はサッカー部でレギュラーを取るために「監督が見ている場所」を中心的にしたたかさを見せて要領よく頑張っていたりしましたが、それは今では昔の話です。

フリーランスとして生きていく中で安泰はなく、日々の泥臭い努力の積み重ねこそが正義だと考えた時に「人にどう見られるか」なんてことを気にしているよりも「目の前に全力であること」の方が大事だと思うようになったんですね。

なので僕は興味のない人は視野に入っておらず、自分に利益を与え、そして自分も利益を与えられる人を中心に関わることが増えました。

その努力は必ず誰かが見てくれている。

そんな泥臭い努力は必ず誰かが見てくれているタイミングがあって、先日僕は人伝えに「あの時のあなたの行動をAさんが絶賛していた」という話を聞くことが出来ました。

そのAさんが伝えた相手は僕と確執があるBさんだったこともあり、普段からリスペクトを欠いて接しられている僕の努力が、Aさんのおかげで確執のあるBさんに伝わりました。(少しは見直したかな)

また先日、数年間確執のあった父親から「あの時お前には勝てないと思った」とか「今のお前の仕事は素晴らしい」と認めてもらえたり、絶え間ない努力はいつの日か陽の目を浴びることを僕は痛感しています。

別にそれらのことを目指してやっているわけではなく、目の前のことに一生懸命になるしかない人生の中で、そういった評価は自分の原動力になっているのは間違いありません。

自分自身も誰かを褒められるようになろうという思考。

いつも言いますが、ここで褒められたことに対して「どうだ凄いだろ!」みたいな感覚で奢ってる奴は大概その時限りのもので、本当にすごい奴は「自分も誰かを褒められるようになりたい」と思うわけですね。

僕は「人を褒める」ということを知った時から世界が変わったと思っていて、人間は等価交換の世界で生きているので「褒めなければ褒められない」ということが成り立っているんです。

全てはギブアンドテイクの世界で成り立っているので、自分だけが良い思いをしたいなんて奴の伸び代なんてものはたかだか知れています。

僕のお仕事周りの方々には「与えられる人(人を評価出来る人)」が集まっている一方で、プライベートな付き合いの人間の中にはそういう人が少なかったりするので寂しかったりします。

徳を積む。恩を売る。種を植える。

僕が今どんな思いで仕事をしているかと聞かれたら「種を植える作業の繰り返し」という風に答えたりすると思うんですが、最近は特にそれこそが真理だと思って活動しています。

「徳を積む」「恩を売る」「種を植える」という全ての言葉は同じだと思っていて、こういうことを意識して行動選択をすることが大切だと思います。

それらを叶える行動の根源は「目の前のことに誠意を持って向き合う」ということしかないと思っているので、そのお陰で僕は自分以外の人が自分の株を上げてくれる言葉を人伝えに聞けた経験につながったと思います。

評価されるために動きたくなる理由はもちろん理解することは出来るんですが、本質はそこじゃないんですよ。

その感情が1ミリでも入ってしまったら、あなたの思うリアクションを得られることはないと思うので、いつだって腐らずに目の前のことに全力で取り組んでほしいなと思います。

僕はそういう人をしっかり見つけようと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer