チャレンジしなければ失敗をすることはない。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

チャレンジしなければ失敗をすることはない。

2023.01.21
2023.01.21

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

自分を奮い立たせるためにモチベーション動画なんかを見る日が続いているんですが、やっぱりそういうところに出てくるのは本田圭佑さんなんですよね。

モチベーションを保つのってホントに難しい中で、こういう厳しい状況から立ち直れるかがすごく重要なんですよね。

ということで今回は、チャレンジしなければ失敗をすることはない、というお話をしたいと思います。

心も身体もボロボロだった僕が晒した情けない姿。

そこに本来の僕はいなかったというほど、僕は心も身体もボロボロになった瞬間がありました。

決して悪いことが重なった訳ではなく、「やり切った」という達成感の先にあった目的を見失うような感覚と、自分が起こす行動に対する喜びを見失うような虚無感でした。

以前、クォーターライフクライシスという言葉についてお話ししたことがあるんですが、まさにそんな感じで、今の僕は宙に浮いていると言っても過言ではないような状況です。

早く地に足をつけないといけないと思いつつも、なかなか周囲の環境がそうはさせてくれない中でがむしゃらにとった行動で、僕は情けない姿を晒してしまったんだと思い反省しています。

がむしゃらに生きたからこそ迷惑をかけたこともあった。

まぁ全力で生きるってことは悪いことじゃないと思うんですが、それによって晒した醜態で迷惑をかけてしまった人がもしかしたらいたのかもしれないなってことを思います。

目の前が見えていないということでもないんですが、自分の気持ちに正直になり過ぎて、それをそのまま行動に移してしまうという、いわば特攻隊のような行動を繰り返していました。

そんな中でも、色んな方に相談する中で言われたことは「優し過ぎる」「真面目過ぎる」「人間らしい」といった言葉で、そんな言葉に救われて生きて来ました。

自分のクソ真面目な性格からして、スマートに生きることなんて不可能なのにも関わらず、どこかでそういったところを目指してしまっているような矛盾に気付きました。

誰にでも悪い時はあるから大丈夫。

ただ僕はそういう時期ももちろんあっていいと思うし、全てが全て本気だったら悪いことって1つもないと思うんですよね。

むしろ僕がよく言ってもらえるような「人間らしい」というのは、生き方的に言えばある意味で人を惹きつける要素があるんだと思うし、フリーランスとして仕事をしている以上は本望だなとも思います。

そんな時には自分に対して「誰にでも悪い時はあるから大丈夫」という風なことを言うようにしていて、自分が悪いことをしている訳ではないのに、自分を責めるのはやめようと思っています。

むしろ悪いことをしてしまったという先に、自分が進むべき未来を見つけることが出来たということもあるので、今の僕には後悔というものは1つも存在しません。

言葉だけじゃなく圧倒的な姿勢で返す。

ただ、問題はこれからです。

心も身体もボロボロだった僕は、今は自分らしくない自分を出して苦しめてしまった全ての人に対して「ごめんよ」ってことしか言えなかったりもします。

ただ、僕も色んな苦難を乗り越えてここまでやって来た人間なので、きっちりと言葉だけではなくこれからの姿勢で返します。

本当にややこしい性格の僕なので、良い時もあれば悪い時もあるんですが、絶対に裏切らないような責任感の強い人間だと思うので、これからも見守っててください。

ここ最近、メンタル系の話ばかりで「こいつ病んでるな」って思われたりもすると思うんですが、色んな人に支えられながら1つ1つのことを乗り越えていこうと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer