成長出来た今の対応で、過去の自分を追い越せた時。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

成長出来た今の対応で、過去の自分を追い越せた時。

2021.03.08
2021.03.08

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

先日とある出来事があって、今日はそのことに関する思い出話的な内容でお話ししたいと思います。

確かフリーランスとして活動し始める前だったと思うんですが、勉強中という中で、いくつか簡単なお仕事としてデザインをさせてもらっていることがありました。

そんな当時、僕の中ですごくショックで許せない出来事があったんですね。

ということで今回は、成長出来た今の対応で、過去の自分を追い越せた時、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

当時に起こったショックな出来事。

当時、とあるコミュニティーの「ロゴデザイン」の依頼を知り合いの方からお願いされたんですね。

で、僕も勉強中の身で仕事を頼んでもらって喜んでいた上に、その人から「継続的にチームを組んでやっていこう!」的な嬉しい言葉ももらったりして、自分も頑張らないとと思っていました。

そんな中、いくつかお仕事をさせてもらう中で徐々に状況が変わって来て、確か「名刺デザイン」をお願いされて、そのサンプルを送った後の出来事で、その違和感が的中することになったんですね。

ある時、そのコミュニティーのイベントの打ち上げの時に僕も呼んでもらったんですが、打ち上げが終わり、僕が先にお店を出た後に、その人が名刺交換している現場を発見したんです。

「あれ?まだサンプルしか渡してないのに?」と思ったんですが、まぁとりあえずで簡易的な名刺を自分で作ってるんだろうと思っていたところ…、そこで交換されていた名刺のデザインは紛れもなく僕が作ったサンプル段階のものだったんですね。

自分で作ったデザインを見落とすわけもなく、要は僕が作ったサンプルデザインを僕に許可なく名刺に使ってたということです。(ちなみに今もSNSとかいろんなところでその画像は使われています。笑)

失敗を教訓にする。

結局、その名刺デザインはサンプルを送った時点で「今回は必要がなくなったから」という理由で流れ、それをキッカケにその方との関係は消滅しました。

僕はそれを教訓に、サンプルデザインに「透かし」を入れて盗用禁止を促すことなんかを始めるわけなんですが、僕は正直、知り合いだからこそ信頼していた部分があったので、人間不信になるというか、すごくすごくショックでした。

ただ、実際に1つの経験として受け止めて、当時はこの経験を教訓に透かしを入れるなんかの対応をしていたんですが、今では、そんなこと気にしないで「信頼出来る人と仕事しよう」と、より強く思えるようになりました。

今では透かしなんか入れずとも、デザインを盗用する方は1人もいらっしゃらず、心の底からリスペクト出来る方とのみ、お仕事をさせていただけている今に繋がっています

僕の時間だけが進み続ける。

きっとあの盗用が行われた瞬間、もし相手に人間の心があったとしたら、少なからずの「後ろめたさ」は生まれたと思います。

僕もそういう経験したことがないわけではないので分かるんですが、やっぱり「後ろめたさを感じた側の時間はその時から止まっている」と感じます。

今回の件では、僕は思い切って前に進むことは出来るけど、きっと相手はこれから先もずっと、謝罪をしない限り、このことを背負って生きていくんだろうと思います。

僕は自分の人生でそういう経験をしたくないと思えたので、改めて「まっすぐに生きよう」と思えました。

成長出来た今の対応で、過去の自分を追い越せた時。

で、その方から久しぶりに連絡が来たのですが、要件は「ロゴをリニューアルする事前報告とその許可取り」とのことで、この名刺デザインの件に関する具体的な謝罪はなく、僕はここで少し残念な気持ちになりました。

もしかしたら本気で悪いことをしたと思っていないのかもしれないんですが、ここでひと言あればまた昔の関係に戻れるのかなと思ったんですが、今回の連絡を機に僕はこの件に関して考えることを終わりにします。

連絡に対しては「ご自由にどうぞ!」といった感じに返事をしたんですが、ここで昔の自分だったらすごく感情的になってしまってたと思います。

きっとデザインの盗用に関することへの感情って、今同じことが起こったとしても僕は腹が立つと思いますが、この方とは人間的に「今後お仕事をすることがない」と思ったからこそ冷静になれたんだなと思います。

最後にいちクリエイターとして、全ての方に向けて、改めてこういった盗用は絶対にしないでほしいと思うし、万が一、そういったことをしてしまっている方、している方を見た方は、改めて謝罪する、謝罪を促すことをしてあげてほしいなと思います。(それで救われる方はたくさんいます。)

自分の仕事に誇りを持っているからこそ、僕の周りで二度とこういうことが起こらないことを祈ります。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer