ポートフォリオを更新しない僕が未来のために自己発信を通じて出来ること。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

ポートフォリオを更新しない僕が未来のために自己発信を通じて出来ること。

2023.09.26
2023.09.26

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

僕はクリエイターとして自分を知ってもらうための窓口として「ポートフォリオ」を持っています。( https://14-fourteen.com/

ただこのサイト、もう5年以上実績を更新していないので、自分の(今の)実力を伝えるにはかなり不十分なものではあるんですが、それでも現状ポートフォリオを更新する暇がない状況です。

ということで今回は、ポートフォリオを更新しない僕が未来のために自己発信を通じて出来ること、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

周囲のデザインを見てクリエイターとして思うこと。

皆さんはクリエイターでも無い限り「デザイン」というものを意識して見ることってほとんどないと思うんですが、僕なんかは例えば、そこら中にある広告の構成や、マークが目に入る度にいろんなことを考えます。

例えば「映え」みたいな感覚を感じた時に、ただ「可愛い」とかではなく「どうしてこれが可愛いのか?」を考えるみたいな感じです。

そこで良いデザインに出会った時は、とりあえずすぐに写真を撮って記録に残すようにしていて、時折見返しては参考にしたりすることが沢山あります。

そんな時に、広告にコストをかけていない企業のデザインは、言い方は悪いですが一瞬で「ダサい…」って思いますし、そういう価値観を持っていない企業は(圧倒的な商品力がない限り)あまり成長していないと思います。

企業ブランディングのお仕事をもらって気付いたこと。

そんな中でここ最近、企業ブランディングを任されるのと同じくらい、既存のものを全てリニューアルするというご依頼を「全てお任せします」という形で受けさせてもらうことが増えてきました。

商品が同じ(もしくは類似商品がある)という状態が増えて来た中で、競合他社違いをつけるのは企業(や商品)ブランディングをすることだというのに多くの人が気付いて来たということです。

依頼の内容を見ていると「他社はこんな風にしてるので…」といった相談を受けることが多く、参考にしたり、良い部分は真似したりしながら、それを「自社オリジナル」として売り出していくスタイルが増えて来たということです。

クリエイターとして、依頼を受けた際に競合他社を調べたりすることは多かったんですが、やっとそれぞれの会社がデザインの重要性に気付くフェーズに入ったんだということを痛感しています。(大体3〜4年遅れくらいだと思います)

未来の依頼ために自己発信を通じて出来ること。

そんな中で、(言い方は悪いですが)デザイン素人の方のご依頼で多いのが「自分の理想を作りたい」という人が多いんですよね。

この間も企業ブランディングをお願いされたんですが「どこの飲み屋(ラウンジ)ですか?」って感じのサンプルを提示され、流石にそれはヤバいということで指摘させてもらいました。

時代に合ったデザインというのは確かにあるのですが、そこで「僕はこういうものを作った実績があります」というのを見せる権威性というのは言葉に説得力を生みますし、そういう意味でポートフォリオを持つことの重要性を感じたんです。

そこで思ったのは、「過去にこんなもを作りました」という、新しく作ったものをだけを制作実績として上げるのは効果が薄いということで、今回のような勘違いデザインの依頼を生んでしまうと思いました。

ビフォーアフターは素人を納得させる明確な提案。

そこで僕はデザイン素人の方を納得させる方法に「ビフォーアフター」を使うことにしようと考えていて、それはデザインが分からない人にも「変化」を目の当たりにさせる最善の手段だと感じたからです。

加えて「なぜこういう風に変えたか?」という意図を視覚的に明確に伝えることが出来るので、より僕のアドバイスを納得した上で取り入れてくれることにつながると思います。

「こんなん作りました(ドヤ)」みたいな実績って結構多いんですけど、元々しっかりした企業さんだと最初から整っていることだってあるし、僕はクリエイターとして「実績自慢」みたいなことをしたくないと思ったんですよね。

要するに「元々あったものをここまで変化した」というビフォーアフターのギャップこそが、クリエイターとしての本当の実力を示す方法だと感じたので、クリエイターは企業ブランディングを頼まれた際はビフォーを取っておくのが良いと思います。

「こんなんやったぞ!」ではなく、「こんなに変えたぞ!」がこれからのポートフォリオの権威性になって来ると思うので、僕はそんな実績なら自己発信を通じてやっても良いかなと思いました。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer