夜中にもお仕事の連絡が来る現状について思うこと。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

夜中にもお仕事の連絡が来る現状について思うこと。

2021.11.30
2021.11.30

記事を音声で聞きたい場合はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

年末のせいなのか、たまたまの被りなのか分からないのですが、最近の僕はお仕事のスケジュールがすごく詰まっていて、「何から手をつけて良いか分からない」といった状況になっていたります。

そんな中、プライベートのこととも向き合っていかないといけないんですが、やっぱりどうしても両方考えるのは難しくなっているんですね。(しんどい…)

ということで今回は、夜中にもお仕事の連絡が来る現状について思うこと、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

目の前のお仕事の納期とクオリティを守って。

フリーランスという生き方は、1つ1つのお仕事がホントに勝負で、納期やクオリティを担保しないと次のお仕事が貰えないといったことにもなり兼ねません

明日は我が身といった感じのまさに弱肉強食で、サラリーマンの方には想像が出来ない世界があったりするのかもしれません。

そんな弱肉強食で、実力社会の中に身を置いて僕は今年で6年目なんですが、ホントに嬉しいことに素敵なクライアントさんに囲まれて、毎年のようにステップアップを続けています。

自分で言うのもなんなんですが、ここ数年の僕はへなちょこクリエイターの割にはよく頑張っていると思います。(なんやかんやものすごいスピードで成長してるよ)

守れるクライアントさんが増えて。

やれることが増えたことで、守れるクライアントさんが増えて、共に進むことの出来るクライアントさんがどんどん増えて来ました。

今の僕はまさに「仕事人」で、半強制的にお仕事をしないと(時間的に)生きていけないような状況になり、24時間ぶっ通してお仕事をしたとしても、お仕事が終わることはありません。

フリーランスデザイナーを目指した当初には、1ミリも想像出来なかった状況の上に僕は立っていて、すごく嬉しい反面、そこで襲いかかるプレッシャーは、すごく怖いものがあったりして、孤独との戦いをしていたりもします。

僕にとってお仕事は人生で、決してお金儲けのためにやっていないスタンスだからこそ、クライアントさんの未来を想像すると、自分のことのように震えてしまう時があるんですね。

深夜までお仕事による寝不足と睡眠障害。

先日も、夜22時以降に大切なお仕事の打ち合わせがあったりしました。普通の人ならもう仕事脳は終わらせて、寝る準備をしているような時間帯だと思います。

でも、僕はこんな時間でも社運をかけたプロジェクトの連絡が来たりするわけなんですね。

ホントに頭の中は1日中お仕事のことばかり考えていて、普通に生きているだけで頭が疲れている状態だったり、想像出来ないかもしれませんが、パソコンを触っているだけで息が荒れることだってあるんです。

それに加えて、ランニングやブログを毎日続けているので、頭だけじゃなく身体も1日が終わればヘロヘロの状態で、でもやるべきことはやらないといけない中、出来ることまでやって気絶するように寝るような生活が続いています。

僕は今「生き甲斐」の上に立っている。

ただ、よく考えたら、僕って今まさに19歳の頃に描いた「人を笑顔にする」という夢の上に立っていて、その夢を現在進行形で叶え続けながら生きることが出来てるんだなって幸せに思います。

少し前に出会った言葉で「クォーターライフクライシス」という時期が今の僕に来ているのか、燃え尽き症候群のような消失感みたいなものはあるんですが、たった1つ、お仕事だけに関しては、僕は誰にも干渉されずに楽しくやれているなと思うんですね。

目の前の仕事にのめり込んで、気付いたら呼吸を忘れていて、息が荒れるまで集中しきって、細部までこだわったデザインが完成したのを引きで見た時に感じる達成感は、今も昔も変わりません。

自分が「おっ」って思ったものは、クライアントさんにも必ず伝わるし、僕は大切なクライアントさんとそんな瞬間を共有出来ることだけで人生が満たされているんだということを最近はすごく感じています。

なんか色々面倒なことがあったりもするんですが、僕はいつだって全力で生きているし、今やるべき僕に与えられた目の前のことに全力で向き合っていきたいと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer