僕を囲おうとしてくれている人からもらう定期的な連絡に思うこと。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

僕を囲おうとしてくれている人からもらう定期的な連絡に思うこと。

2023.05.24
2023.05.24

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

なんだかんだ寝れない日々が続いていて、どうにかしないといけないなぁと悩みながらあーだこーだしているうちに先日も5時を迎えていました。

明るくなった外の世界を見て寝落ちした数時間後、クライアントさんからの電話で強制的に目を覚ましました。

ということで今回は、僕を囲おうとしてくれている人からもらう定期的な連絡に思うこと、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

僕が最近感じる周囲からの囲いについて。

クライアントさん(になる予定の方)からの電話で強制的に目を覚ました僕なんですが、酒飲み特有のカスカスになった声で「おはようございます」と既に起きてたふりをして電話に出ました。

するとクライアントさんから「疲れてる声してますね?」と言われたんですが、基本的に僕は突然かかってくる電話への対応はいつもそんな感じでで、今回は寝起き(たて)ということで、まさに「そら疲れてるだろ」って感じでした。

特に用事もなさそうな感じなんですが「どんな感じですか?」と色々聞いてくださるんですが、そういった僕への気遣いは全て「囲い」を感じる行動に見えます。

僕にそこまで大きな才能があるわけではないと思っているんですが、なぜか皆さん僕の必要としてくれていて、加えてそれが契約による縛り傾向にあることを最近は感じています。

価値をこく訳ではなく自分自身を大切にする。

で、僕がこういう状況になって思うことがあって、僕は僕の価値に対して値打ちをこくわけではなくて、その価値を適正に扱っていくのは僕自身であるということだということです。

要するに、僕は僕が守るべき人のために自分の価値を適切に判断して、そこで適正な価値を持って動かないと全てにおいて有限の僕の生命を有効活用出来ないということなんですよね。

なので僕が何でもかんで犠牲心を持って行動してしまっていては、守るべき人を守れないような状況になってしまうということなんです。

全ての人を大切にしたいと思うからこそ感じる葛藤。

僕は本当に大が付くほどの「お節介野郎」で、だからこそ衝動的にそういった部分に対して動いてしまうことが多いんですよね。

自分でも安売りすんなよって思うことがあっても、どんどんそういうとこに首を突っ込んでしまっていて、気付いたら普通の仕事もままならないくらいの量になってたりします。

そらそうですよ。

僕に対してお金を払ってまでも仕事を頼みたいという人がいてくれる中で、それをほぼ無償でやりますってことを言ってしまえば入れ食いもいいとこなんです。

そんなことをしてしまってばかりいたので、最近は僕が取るべき取り分を取れないで苦しんでいることが多くなって来たので、今回のような単発じゃない「囲い」に関しては慎重にならないといけないんですね。

業務提携依頼が圧倒的に増えて来たからこそ守るべきもの。

先日も言いましたが、ここ最近の僕は業務提携の依頼が圧倒的に増えて来たことによって単発のお仕事を受けられる数に制限が生まれて来ています。

あんまり言いたくはないんですが、時間と体力とモチベーションのバランスがうまく保てないような状況になっている中で、戦える場所に限りが出て来てしまっているんです。

納期に迫られることが多くなってきたりして、なかなか自分のプライベート作品を作ることも出来なければ、休みという休みもうまく作れない状態になって来ました。

やりたいことは沢山あるけれど、それには慎重な準備が必要になってくるし、そんな中でもチャレンジは続けていかないといけません。

(なぜだか沢山の人に認めてもらえる)圧倒的な需要を理解している中で、これからの時間の使い方をしっかりと考えながら行動したいと思います。

今はとにかく、少しでも長く寝たいです。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer