フリーランスの通知表である確定申告を進めていて感じたこと。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

フリーランスの通知表である確定申告を進めていて感じたこと。

2023.03.12
2023.03.12

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

タイトルにもある通り、お仕事の合間を縫って毎年のことながら駆け込みでの「確定申告」の作業を進めています。

税理士さんにお願いすることなく、基本的に全て自分でやってもう8年目になるんですが、色々と感慨深いことがあったりします。

ということで今回は、フリーランスの通知表である確定申告を進めていて感じたこと、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

いつからか預金口座を見なくなった。

僕はある時から、自分の収入や支出を毎月のように確認することをしなくなりました。

それだけ経済的に余裕があるからということではなく、それを見たとしても収入が増えたり、支出が減ったりする訳でもないじゃないですか。

そんなことにいちいち時間を掛けている暇があったら、自分の気持ち良い状態で、目の前のことに必死になってれば結果は自ずとついてくる感じるようになったからです。

数字はもちろん大切なことではありますが、そんなことよりも今はまだまだ熱量の方が大切で、一生懸命の先にしか本当の「ありがとう」はないと思ってるんですね。

確定申告はフリーランスにとっての通知表。

そんな感じで、預金口座をほとんど見なくなった僕にとって、1年に一度の確定申告は「通知表」を見るような気分でソワソワする感じがあるんですね。

大体毎年のように前倒しでやるぞと意気込みはするものの、3月に入ってから「そろそろやらないと…」となり、3月10日辺りで「やべー…」となるのが毎年の恒例です。(確定申告の締め切りは3月15日です)

で、まさに今、毎月の売り上げや経費なんかを入力していくにつれて、どんどんと自分の成績が積み上げられていくような感じのドキドキ作業をやってます。

自作のエクセル表に入力してやってるんですが、もう慣れたもんで1日もあれば終わっちゃうので、あーだこーだ悩みながらやってた駆け出しの頃を思うと懐かしくなります。

預金残高はありがとうをもらった数。

確定申告を進めていって感じることは、嬉しいことに、今年も赤字になることなく少しずつではありますが預金残高も増えて来ている状況なんですね。

そんな中で思い出したのは、以前に人生の大先輩から言われた「預金残高はありがとうをもらった数やで」って言葉でした。

もちろんこれは収入が上下するフリーランス(経営者)に限ることではあるんですが、そう考えると少し感慨深くなったりもするんですよね。

もちろん時にはパーっとお金を使ってしまう時もあるんですが、こういう瞬間にはやっぱりもらったありがとうを大切に使わないとと思わされます。

その先にあるありがとうを目指して生きる。

先日、補助金を使った制作依頼でグレー(というよりブラック)な状況になり、そこそこ大きな案件が残すは納品だけという状況でぶっ飛んだんですよね。

自分自身がすごく荒れていた様なタイミングだったんで、メンタルや諸々色んなものが爆発しそうになったんですが、そこには「ありがとう」はなかったなと感じました。

もちろん痛くない事件には変わりないんですが、そんなことに固執してる暇があれば「新しいありがとうを探しに行こう」と思える様になりました。

なかなか冷静さを保つことが出来ない状況が続いているんですが、それでもこういう節目で「自分の生きるべき道」を再確認して生きていきたいなと思います。

もう少し落ち着いたら、今よりも沢山の幸せを生める場所を探して、沢山の笑顔に出会いに行きたいと思います。

僕なら必ず出来ると思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer