ピンチをチャンスに変えるために今は無力な自分にも出来ること。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

ピンチをチャンスに変えるために今は無力な自分にも出来ること。

2022.08.24
2022.08.24

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

僕は今、誰もが知っている、そして誰もが一度は使ったことがある製品を作っている会社でお仕事しています。

もちろん間接的ではあるのですが、思いもよらぬ発展から僕自身が究極のプレッシャーを感じるようになりました。

ということで今回は、ピンチをチャンスに変えるために今は無力な自分にも出来ること、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

自分のスペックを見誤ってる訳ではない。

写真撮影を仕事にしてたいと、そこで更にはお金を稼ぎたいとなれば必要最低限の機材投資は必須です。

ここで投資をケチり、安上がりで品質が悪くても良いやという思考で仕事をするのはプロでもなんでもあひません。

そこに関してはプロであるという自覚と思考を持って仕事はしているのですが、制作の現場では「自分のスペック以上の仕事」を依頼されることがあるんです。

フリーランスとなれば、ただの依頼の中にも「期待を込めての依頼」というのが含まれていて、ここでやるかやらないかは自分次第といったところです。

プロの姿勢を見せたからこその代償。

今回僕が冒頭でもお話した、某大手企業の中に入ってお仕事をする本当の理由は僕発信のものではなく、依頼ベースの案件なわけですね。

なので、僕自身が「こんな風にしたい」というビジョンがあって望んだものではないので、構成から何からは全てブレブレの状況でした。

ただ僕個人としてやれることは、その中でも最低限やれることをやるということなんですよね。

僕に出来ることは出来る限りの機材投資と、やれるだけの素材集めということ以外になく、その姿勢を見せ続けたからこその代償がありました。

想像以上の期待と責任を背中に背負って。

僕は人前で話すのは声や手が震えてしまってどうしようもなく苦手なんですが、自分の作品が表に出て何千人に見られることは案外行けたりします。

外に放ってしまえば自分のものではなくなるという感覚なのかは分かりませんが、それだけ自分が自信を持って解き放ったものだからと思います。

ただ確実にそこに必要なのは圧倒的な準備からのクオリティで、それが整っていない作品は出来ることならもっと温めたいというのが正直な気持ちです。

ただ今回のようなケースの場合、僕がそんな状況ということは誰にも伝わらず、周囲からの期待や責任をひとりで背負う事になってしまった訳なんです。

プロの姿勢を貫いたからこそ巡ってきたチャンス。

でもよく考えてみれば、僕がプロの姿勢を持ってこのプロジェクトに対して尽力を貫かなかったとしたら、この責任や期待って生まれなかったと思うんです。

僕がプロ意識を持ってやれることを1人でやっていたからこそ、協力してくれる人が出て来て、だからこそひとりじゃ出来なかったことが出来るようになりました。

協力が集まればそれに比例して期待はあるのは当然で、でもよくよく考えて見れば「注目を集める」というのは誰にでも出来ることでは無いんですよね。

成功するのか、失敗するのかは置いておいて、新しいチャンスがあるから成長出来る部分は大きくて、だからこそ「チャンスを掴む」という事だけでも素晴らしいことだと思えました。

僕このプロジェクトで、自分にとって大きな発表をすることになってしまった中で、これを書いている今もゼロの状況です。

きっと徹夜で仕上げたものを発表するしかないんですが、成功するか失敗するかは天に身を委ね、「よくチャンスを掴んだな」って自分を褒めながら、楽しんで制作したいと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer