僕が魅力ある僕であり続けるために。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

僕が魅力ある僕であり続けるために。

2023.08.28
2023.08.28

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

人生っていうのはすごく難しいなって思う今日この頃。

いつの時も「あの時こうだったら」みたいな後悔が自分自身の成長を作り、その後悔はいくら学んで学んでも何度だって繰り返す不思議な世界があります。

ということで今回は、僕が魅力ある僕であり続けるために、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

人生って難しい。

タイミングといえばそれまでなのかもしれないのですが、色んな感情取り巻くこの人生の中で、人が星の数ほどにいるからこそ、星の数ほどの時間が存在するんですよね。

今自分がお腹が空いた時に、目の前にいる人がお腹が空いていなかったり、今僕はお肉が食べたいのに、目の前にいる人は魚を食べたかったり。

そんなことを考えながら、僕はお肉が食べたかったけど、食べてみれば「中華にしたら良かった」みたいなことだってある難しい人生というのが人生なんですよね。

これまでで経験したことのない初めて何も書く気になれない日。

僕は毎日のようにブログを書いてるんですが、正直なところ「何も書く気になれない」というのが素直な感情です。

なんだかそれくらい無気力で、燃え尽きているというか、心も体も脱力していて、自分自身が自分の身体の中にいないようなフワフワした感覚です。

今の自分が大好きだけど、今すぐにでも人生をやり直したい(終えたい)という様な不思議な感覚の中で、僕はまた明日を迎えないといけないという希望と絶望を味わっている感覚です。

今の自分はこれまでの人生の中で最強で、これまでのどんな過去よりも求められていて、満たされているはずなのに満たされない不思議が心の中にあります。

未熟な時計が止まって成長した時間が動き出した。

先日も書いたことなんですが、「未熟な自分」というものを見つけた時に向上心のある人は、そんな自分を変えようと努力すると思います。

未熟な自分が過ごす時間は、とても泥臭い時間で、一度足を踏み入れてしまったら抜け出せないような、強き人しか残れない領域だと感じます。

大抵の人はそこで心が折れてしまうと思うんですが、僕は僕自身が壊れてしまったとしても貫いてしまうのが良いところでもあり、悪いところでもあるんですよね。

気付いたら取り返しがつかないほど壊れてしまってる不器用な僕なんですが、ここ最近はそんな僕も愛すべき僕なんだなって思っています。

今の僕にやれること。

色んなことをごちゃごちゃと考えるよりも、今の僕にやれることは「魅力ある僕であり続ける」ということだと答えが出ました。

そして、あとは「自分に嘘をつかないこと」で、もう後悔する人生を絶対に歩まないということ。

全てのことに意味があるなんて綺麗な言葉は、後悔しないように行動したという事実があるからこそ言えることで、僕はこれまでの人生で「静観していたからこその後悔」を沢山してきました。

そこで起こった現実に対して耐え抜くことが強いと思っていた僕でしたが、どう考えたって目の前のことから逃げたということは最高に弱い僕なんです。

僕は誰よりも不器用だったからこそ、目の前のことに必死に生きて来た感覚ではありましたが、僕はもっと僕の気持ちに正直に生きていきたいと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer