僕が変わったことで少しずつ世界が変わり始めた。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

僕が変わったことで少しずつ世界が変わり始めた。

2024.04.27
2024.04.17

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し9年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,570日、毎日ブログは1,340日を突破。(2023年12月31日現在)

ここ最近、今までの自分自身が別の誰かだったのかと思うくらい、自分の心の大きな変化を感じています。

そして自分が変わったことによって、こちらも少しずつではなく、劇的なペースで色んなことが変化していて、自分が心穏やかに過ごせる今を感じているんですよね。

ということで今回は、僕が変わったことで少しずつ世界が変わり始めた、という記事をお届けしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

数年前までの自分は誰だったんだろう。

ここ最近、僕を近くで支えてくださっている人とお話をしている中で「ガラッと人が変わったね」って言ってもらえることがあるんですね。

そんな中で、数ヶ月前単位で遡っていった時に、僕自身も覚えてないくらい荒れに荒れた状況を生きていて、あの時の僕は狂っていたような状態だったと比較されたりするんです。

「生きてるだけで精一杯」というのが正しい言葉なくらい、僕はただ立っているだけの自分を何とか動かそうとするのが精一杯の状態でした。

僕が変わったことで動き出した世界。

そういう状況が続き、苦しくて苦しくてたまらなくて、命さえなくなってしまえばいいんだと自暴自棄になり続けていた時期を乗り越えられた気がした瞬間、僕の人格はガラッと姿を変えました。

「尖り」が抜けて、「丸み」を手に入れた感覚です。

そして、あたかも僕が自分自身の荒れた状態によって、時間の流れに栓をしていたのかと思うくらい、僕が変わったことによって人生の新しい道筋が一気に流れ込んで来るような状況を今まさに感じているんです。

自分が自分に着地した。

そう考えた時に、僕は今まで自分が自分に着地出来てなかったんだなって感じるんですよね。

要するに、ここ数年の僕はずっと僕じゃなかったんです。

ただ立っているだけが精一杯の自分自身に対して、明日が自分に訪れなかったら良いのにって思う自分に対して、「もう少し頑張ってみろ!お前はそんな人間じゃない!」って叫び続けていたもう1人の自分が、やっと僕自身に着地した感覚を感じています。

素直で美しく幸せな人生へ。

で、一言で言えば、人生で初めて「凪」のような感覚(一切心が乱れていない感覚)を感じていて、尖りに尖りまくっていた僕は今、常に喜怒哀楽を一旦心においておけるような感覚を感じているんですよね。(感覚ばかり言いすぎてごめんなさい)

こんな日が来るとは思わなかったんですが、僕はずっと「死にたい」って感情と隣り合わせで生きて来たんですが、それが今は「幸せ」とか「1日でも長く生きたい」って思うような瞬間が増えて来たんです。

誰かのために何かをしてあげたいって気持ちが、その矛先や目標を定められるようになったような感じがして、僕はただそこに導かれるように自分の命を燃やしたいって思うんですよね。

純度100%の愛を、誰かにぶつけられるようになれた感覚がすごく幸せなんです。

19歳の時に感じた「生きる意味」みたいなものを、改めて考えさせられるようなこの感覚を楽しみながら、新しい自分を手に入れた僕は、新しい形で愛を伝えていければと思います。

本音を言うなら「ずっとしんどかった…」ってことなんですが、それは今の感覚を手に入れるために必要だった試練だったんだなって思えます。

ここから先も試練があることに変わりはありませんが、今の僕ならその試練を簡単に乗り越えられる気がします。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer