極度の「考え過ぎ」の僕にとって感じるフリーランスとしてのストレス。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

極度の「考え過ぎ」の僕にとって感じるフリーランスとしてのストレス。

2022.07.21
2022.07.21

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

毎日継続をしたり、周囲の人間からはストイックに見られる僕は、実はきっと誰よりもメンタルが弱くてホントにどうしようもない弱者だと自分では思っています。

弱いからこそ強くならねばと日々自分にテーマを与えて、それを継続することで「昨日の自分から退化していない自分」を確認しているんですね。

ということで今回は、極度の「考え過ぎ」の僕にとって感じるフリーランスとしてのストレス、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

不安になることもあるよ。だって僕1人だもん。

会社組織と違って僕は完全に個人なので、正直なところ誰も僕を守ってくれることはありません。

仕事が詰まっていて納期が間に合わないとか、時間が限られた中でクオリティへの責任など、僕がぶっ潰れた後に助けてくれる人は誰もいないんです。

「抱すぎだよ…」と言ってもらえるとこはあるんですが、全部自分で抱えて、全部自分で生み出して、全部自分で解決するしか僕には方法はないんですね。

そんな人生を歩んでいれば、不安になることはありますよね。だって僕1人だもん。

最近少し体の様子がおかしくなって参りました。

以前、SNSのDMにてクライアントさんから「福井さん体のメンテナンスしてますか?」って感じでご連絡をいただき、もし壊れそうになったら…と「オステオパシー」なるものを教えていただきました。

僕はクライアントさんほど大した事業者ではないんですが、それくらい事業者(フリーランス)が抱えるストレスってちょっと一般の人とは違ってるんですよね。

で、ここ最近少し体調が優れないなーと思って調べると、恐らくストレスで自律神経失調症になってしまったのかなと思っています。

というのも、少し手に痺れを感じて、なかなか疲れが取れなくて、メンタルも沈んでいる様なことが増えて来て、珍しく仕事が手につかないな〜としんどくなる瞬間が出て来たんですね。

こんな時こそ休まないといけないと思うんですが、いかんせん人生初めてのことだったり、そもそも休みを自分に与えたことがない人間なので「休み方が分からない」という状況だったりします。

極度の「考え過ぎ」の僕にとっての悩みや不安との付き合い方。

一度悩みや不安が生まれてしまうと、一日中それが頭から離れることはありませんし、今回のように「病気かな?」と疑う様な症状が少しでもあればネットでそれについて片っ端から検索してしまいます。

で、少しでも症状がかすりでもしようもんなら「もう自分はその病気なんだ」と思い込んで、想像で病気にかかってしまうんですね。

それが一日で終われば良いんですが、完全に疑いが晴れるまで毎日同じようにずっと同じことばかりを考えてしまうもんですから、なかなか状況を打開することも出来ずに消耗し続けてしまいます。

そうなって来ると負のサイクルで、全てのことをネガティブに考えてしまい「もう治らない」「嫌われている」「失敗する」と根拠のない想像だけをして落ち込むんですね。

正直に言えば調子が良い時なんて僕には滅多に存在しなくて、実はずっとずっと何かについて悩んでます。

いつも誰かのことを考えて、誰かのために生きてるからこそ。

先ほども言ったんですが、こんなことで悩んでばかりいると「可哀想な性格やな」とか「もっと楽に生きろよ」と、色んな人に半ば軽く笑われて言われたりしてしまうんですが、色々捨てようと考えて行動したんですが僕の性格上これをどうすることも出来ないんですよね。

そんな時に、とある人に「それだけ毎日のように想像力を働かせて悩むのは優しいからだ」と声をかけてもらった時に少し心が軽くなりました。

誰かのことを考えて誰かのために生きてるからこそ、自分の人生が1つだったら悩みは1つのはずなのに、人の人生を考えているからこそ人の人生の数だけ悩むんだということでした。

その言葉をキッカケに、改めて悩んでいることについて考えてみたら、僕はこれまでに自分の人生のことではたったの一度も悩んだことなかったです。

自分がこうしたいとかよりも「周りの人間がどうなるだろう?」ということでしか悩まない僕の悩みは、多くの人から理解してはもらえないと思いますが、それが僕の良さであると今なら思えます。

それだけストレスを感じて、それだけ自分自身は辛い時間を過ごしているんですが、優しくなったよねって言ってもらえることも増えたので、今は成長しているんだと思う様にして、広い目でこの時期を過ごして生きていきたいと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer