すぐに「試してみる行動」が出来る人が成功する理由。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

すぐに「試してみる行動」が出来る人が成功する理由。

2021.03.05
2021.03.05

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

最近、こういう発信を継続していることもあってか、「アドバイス」を求められることが増えて来ました。

僕が伝えたアドバイスを「聞いて終わる人」や「自分なりにアレンジして落とし込む人」や「やっぱり自分には出来ないと諦める人」など色々いらっしゃいます。

ただ、そんな中で(僕のアドバイスの質うんぬんは置いといて)感じるのは、言われたことを「すぐに試してみる人」が、ホントあっという間に伸びていくなと思いました。

ということで今回は、すぐに試してみる行動が出来る人が成功する理由についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

すぐに試してみるが出来る人のメリット。

これはアドバイスだけでなく、例えば「これ美味しかったよ」とお勧めの食べ物なんかを紹介した時に、人によってはその日に試しに行ったりするくらい、すぐに行動に移されたりする方もいらっしゃいます。

で、ここがすごく重要なんですが「行動に移してくれる人にアドバイスが集まる」ということなんです。

やっぱり教えている方も、自分のアドバイスが役に立ってるということへの満足感を感じると思うので、「その人に何か教えると気持ち良い」って感じになって、また次に「違うことを教えてあげたい」って思うようになるんですね。

要するに「すぐに行動に移せる人」は他の人より圧倒的に情報を得る機会が多くなるので、シンプルに経験値が溜まりやすいんですね。

悩むよりまず行動。

で、アドバイスをもらって試してみることって、実際そこまで時間が掛からないってことあったりしませんか?

なのに、その字面だけを見て「想像しただけでやった気になっている」というのは、実際に行動するのとは全然違いますよね。

なので、ほとんどの場合は「悩んでる時間(考えている時間)で行動出来るレベル」だと思うので、とにかく一旦やってみるということが、ホントに大切だなーと思っています。

僕のお仕事でいえば、長くデザインのお仕事をしていると、自分のスタイルというか、ある程度の感覚的なものが凝り固まってしまいがちなんですね。

そんな時に、自分が正しいと思って提出したものに対して、クライアントさんから「こうしてもらえませんか?」と言われたことを「こういう理由でやりました!」とただ断るのではなく、実際に試してみることで「やっぱりこっちの方がいいやん!」ってなったりすることも少なくありません。

なので、僕はクライアントさんとのお仕事の中で、自分が正しいと思って出したものでも、細かい指摘を受けた場合には、それをやらずに判断することはせず、直ぐに出来そうなことは、ひとまず試してみてから判断するようにしています。

経験に良い悪いは存在しない。

トライアンドエラーが大切だというとことは皆さん分かると思うんですが、そこで1つ考えてほしいのは「成功も失敗も行動しないと分からないもの」なんですね。

何もしないと「成功も失敗もクソもない」ので、とりあえずそれを知るためには、まずやってみることが全てということです。

で、そこでの成功の基準を「経験値を溜める」ということにすれば、全ての行動に失敗なんてものは存在しなくなるんです。

きっと「すぐ行動に移せる人」は、ここでの成功や失敗を特に重要視していなくて、シンプルに「経験に対する好奇心」だけで行動が出来ているんだと思います。

僕は仕事の依頼に「喜んで!」と即答するようになった。

そういう方の姿を見てですが、僕は改めて、どんなお仕事をいただいても「喜んで!」と即答するという気持ちが強くなりました。

ここだけの話なんですが、「今の実力じゃ出来そうもないこと」もお仕事として断らず受けていることだってあったりもするんですね。

ただこれは「出来そうもないけどやったこともない」ということなので、まずはチャレンジをしてみて、出来なかったら出来なかった時でその時考えようと思っています。(が、これまで出来なかったという経験は1つもありません。)

むしろ「受けてしまった以上はやらなければならない仕事」なので、今自分が出来なくても大急ぎで成長しないといけないってことなので、めちゃくちゃ成長出来るんですね。

僕はこういう行動に対する「好奇心」って、いつまでも成長するためには本当に大切だと思っているので、この気持ちは忘れずに持っていたいなと思います。

今日は簡単に言えば、フットワークの軽い人は経験値が溜まるのが早いよってお話をしましたが、皆さんがその情報に対して、どれくらいのレスポンスで行動しているか、もしくは出来ていないかもしれないってことを一度考えてみてください。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer