専門外のことは完全にプロに任せられる人が強い理由。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

専門外のことは完全にプロに任せられる人が強い理由。

2023.07.30
2023.07.30

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

前回の記事の最後にも少し触れたんですが、「時間がないから全部任せるわ!」と言われたクライアントさんからの仕事を受けました。

で、結局良かれと思って時短目的でなるべく早めに終わらそうと勝手にデザインをやってみたら「ここはこうで…」と細かく指示され直したんですね。

ということで今回は、専門外のことは完全にプロに任せられる人が強い理由、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

自分の信じた人に任せると言ったら最後まで任せろ。

僕はこういうことを包み隠さず言うのでよく尖ってると言われるんですが、信頼して契約してもらってるクライアントさんから「デザインは全て任せる!」と言われたので意気込んでデザインをした訳なんですね。

ただ実際にやってみて、フタを開けてみれば「もっと画像を入れてページ数を増やして欲しい」と言われて、「そんな素材どこにあるんだ?」と聞いたら「ネットで拾って来て」という始末。

元々予定を立てていたことで否定されるならまだしも、元々予定してなかったことまでを言われてやり直しを食らうくらいなら「最初から全部指示しろ」というのが僕の意見です。

そもそも僕を信じて任せると言っているのならば尚更、プロのクリエイターとして寄り添っている存在に対して任せると言ったのならば、そのクオリティに信じるのが普通のことかなと思います。

素人が口を出すことほどクオリティを下げることはない。

沢山のクライアントさんと接している中で思うのは、やっぱり伸びていくクライアントさんは一貫して「専門外のことなのでプロに任せます」といった丸投げ状態の方が本当に多いです。

もちろん出来上がったものに対して小さな修正などはあったり、時を経て作り直したいという流れになることもあるんですが、基本的には信頼した人間が作ったものなのだから満足してもらう形に落ち着きます。

で、ここで僕が言いたいのは、「プロが作ったもんだから素人は黙っとけ」ということではなくて、全然的を得てない意見をプロに投げかけるのはナンセンスだということなんですね。

要するに、そういう人はほとんどの場合「自分の意見を入れたいだけ」ということだけでものを言っていて、最終的にその作品のクオリティを犠牲にして本人を喜ばせるだけという構図になっちゃう訳なんです。

専門外のことは完全にプロに任せられる人が強い理由。

依頼者がプロじゃないからこそ、僕のようなプロに仕事を依頼している訳で、そこで素人の人間が何の根拠もなくこと細かく指示をしていては仕事として本末転倒じゃないですか。

むしろ(感覚の鈍い)素人が口を出せば出すほどその色は素人に寄って行ってしまうので、素人が喜ぶものをプロが作っているみたいな変な感じになっちゃうんです。

ここで「任せる」と決めて、専門外のことは完全にプロに任せられる人が強い理由としては、もちろん「クオリティ」だけではなく「スピード」で、制作の現場でのスピードはすごく重要なんですよね。

以前の発信でも言いましたが「二度手間」ってモチベーションが下がりますし、そこでスムーズにストレスなく終わるお仕事ってクリエイターも乗ってきて、作品にも熱がこもりやすいので、そういう意味で完全に任せられる人は強い訳なんです。

適材適所を明確に判断している人間の伸び率はすごい。

あんまり自分のクライアントさんに優劣をつけたくないのですが、適材適所を明確に判断している人間の伸び率は本当にすごいと思います。

要するに「デザインはプロに任せる」という選択をした代わりに、本業の方に自分の能力を全振りするというメリハリがついていることで時間にロスがない訳なんですね。

細かで理不尽な意見を言ってくる人に伝えたいのは、その意見が正しいなら君がデザイナーとして戦えてるはずということで、出来ないから君は別の仕事をやってるんだろって話なんです。

僕のクライアントさんの中でも、昔からずーっと作ったものに対してあーだこーだと意見を言ってくる方はいますが、そういう人ってホントにサービスが伸びるのが遅いです。

任せると決めた人は僕の技術を信頼して任せてくれている訳で、その気持ちが分かれば僕も「やってやるぞ」って気持ちになるし、お互いを高めていきながら相乗効果で伸びていけるんですよね。

一方で、任せると言った割に後からグチグチと口出して来たりすると、何度も言うように「言った通りにするから全部指示しろ」ってなる訳です。

そんな関係で「やってやるぞ」って気持ちにはならないし、すごく不健康な関係が築かれていってると思うので、こういう部分は僕を信頼して任せて欲しいなって思います。

そのために僕も一生懸命考えて、一生懸命努力をしています。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer