モチベーションを上げるための「自己投資」の必要性。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

モチベーションを上げるための「自己投資」の必要性。

2021.07.23
2021.07.23

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm(準備中)

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

これまで、全然自分自信にお金を掛けることはなかったんですが、最近になって「仕事を円滑に動かすための自己投資」に関しては、お金を使った方が良いと感じるようになりました。

機材を購入したり、仕事場のデスク周りの環境だけではなく、人と会うことが増えたことによって外見を気にしたりすることも、一部で大切だと感じたんですね。

ということで今回は、モチベーションを上げるための「自己投資」の必要性、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

「モチベーションが落ちる」と感じるもの。

ここ最近はずーっと仕事漬けの毎日を送っていて、一般的な会社員の方と違って、僕には休日という概念が存在しないので、基本的には365日毎日お仕事をしています。そんな生活をもうかれこれ4年ほど続けているんですね。

旅行先でも、友人と遊びに行っていてもいつも背中のリュックにはパソコンが入っていて、クライアントさんから連絡が来ればどこにいても即対応するのが僕のスタイルです。

基本的にそういった生活スタイルに対して、嫌だと思うことは一切ないんですが、その一方で、仕事に拘束される時間が長ければ長いほど感じるのが「モチベーションが落ちる」ということなんですね。

例えば、仕事をする上で、パソコンの性能が悪くて待ち時間が長かったり、リュックが使いにくかったり、髪の毛がボサボサでうっとおしかったり、そんなことでモチベーションが下がることを仕事をする上で避けたいと思うようになりました。

約1年前に「金髪」にしてみて変わったこと。

カラーに関する事業をされているクライアントさんとのお仕事の中で「福井さんには黄色が足りていません」と、カラー心理学からの情報をいただいた日から、身体のどこかに黄色を取り入れようと髪の毛を「金髪(シルバー)」にすることを決めました。

元々、僕の髪の毛は赤みが強い色素を持っているので、金色(シルバー)を維持するのはすごく大変なことなんですが、昔から憧れていたヘアカラーでもあったので、良い機会だと思い当分の間維持してみようと思いました。

普通は金髪で敬遠されがちになるだろうと想像していたんです、そこから何故か「福井さん髪の毛いい感じじゃないですか!」と褒めてもらえるようになり、それに乗じて仕事が一気に上手く回るようになりました

周囲のそんな反応を見たもんですから、僕自身も嬉しくなって気分も上がり、プライベートでも仕事でもモチベーションがものすごく上がったんです。

意味のある「自己投資」を見極める。

例えば仕事でイライラして、毎日のように不摂生な生活をしてしまうようなことに「自己投資」を行うと、結局体重が増えて自分自身の外見が良くなくなっていったり、健康を害したり気分が乗らなくなったりすると思います。

僕は自分自身にお金を掛ける上で、1を投資した時に2が返って来るというようなことを考えないといけないと思っていて、その1つが「コンプレックスの解消」だと感じました。

僕は昔から、毛の濃い分類の人間だと自分自身でコンプレックスを持っていて、髪の毛が剛毛で毛が伸びてくるとすぐ痒くなったり、体毛の処理にイライラしたりすることなんかを過去に沢山経験しました。

それが、髪の毛を金色に染めて見た感じ軽くなったことで気分が上がったことは事実だし、先日、眉毛サロンの脱毛モデルをした時に家に対するコンプレックスを打ち明けた時もそうだったし、コンプレックスの解消ってすごくモチベーションが上がるなと感じたんですね。

人からどう思われているかは置いておいて、自分自身のモチベーションが上がれば、人に伝わる印象も違うと思うので、こういう部分に対しての自己投資ってすごく大切なことだなと思いました。

僕が毎日ランニングをしている意味。

で、自己投資って「お金を掛ける」ということだけだと思っている人も多いと思うんですが、実際は「時間」もお金と同等の価値だと思っていて間違いないと思います。(お金を稼ぐには時間がかかるので)

そういう意味で僕は、自分の人生の中の尊い時間を使って毎日「ランニング」をしていて、これはメンタル強化の意味も込めつつも「体型維持」に繋がっています

太ってお腹の出た自分を見てモチベーションは上がらないので、僕はせっせと毎日休まず走って1500日とかになるんですが、毎日30分〜1時間、時間に換算すれば結構なことになります。

ただ、その時間と引き換えに体型を維持することが出来て、結果的にクライアントさん達に対しての権威性に変わってお仕事が増えているので、1の投資を2に変えることに繋がっているんですね。

周りの人達を見ていると、この自己投資に関しての考え方が「その場しのぎ」になっているように感じることが多いと感じます。

1投資して−2が返って来ていることもあるので、今自分がやろうとしているその投資が、自分にどんな見返りをもたらしているのかを改めて考えたほうがいいなと感じました。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer