客観視と自己分析が出来る状態を保つことの大切さ。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

客観視と自己分析が出来る状態を保つことの大切さ。

2022.05.13
2022.05.13

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

自分が今置かれている立場や状況を客観視し、それがなぜかを自分で分析出来ることって大切だと思うんですね。

要するに、今の自分はどこが良くてどこがダメなのかを判断し、良い理由や悪い理由とその原因が何なのかを判断出来る状況を保つということです。

ということで今回は、客観視と自己分析が出来る状態を保つことの大切さ、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

僕がタバコを辞められるようになった理由。

僕は確か5年くらい前にタバコを辞めて、その当時は「何で辞めないといけないの?」と思っていましたし、別に辞める理由も経済的なこと以外は一切見つからず、当時はその葛藤と戦っている瞬間がありました。

ただ、実際にタバコを辞めようとアクションを起こしてみた時に「あ、これは辞められないかもしれない…」と思ってしまったんですよね。

というのもタバコにはニコチンというものが含まれていて、体は確かに正直なので「離脱症状」というものが出るということを実際の反応として体験し、それに気付いてしまったんです。

加えて僕がタバコを辞めようと思ったキッカケとして、アルコール依存者の人から「お前のたばこクセェよ」的なことを、あのアルコール依存者特有の据わった目で言われた時に「何クソ」と思い、その怒りが原動力となりタバコを辞める決意が固まったんですね。

そこから僕は意志は一気に固くなり、タバコを箱に1本と、その箱の中にライターを入れた状態で禁煙を成功させ、今でもその1本は記念に残っていたりします。

客観視と自己分析が出来る状態を保つことの大切さ。

今回のお話では「客観視と自己分析が出来る状態を保つことの大切さ」をお伝えしたいなと思うんですが、こういう「依存」という部分に関して「あ、ヤバい…」と気付ける状況を保っていることってすごく大切だと思うんです。

で、そこに対して自分自身でコントロールが出来るかどうかがキモで、特にタバコやアルコールに関しては、そこで自分自身がストップをかけられるかどうかが重要なんです。

要するに、タバコやアルコールに関して言えば、「これがないとダメ」という状況なんて絶対に有り得ないわけで、そこに依存してしまっていることを危険だと思える感覚がないとズルズルいってしまう訳なんですね。

基本的には「なくて良いもの」だと思えることと、そこから我慢を継続出来る意志を持つこと、この判断が正常に出来なくなってしまった時が最後だと思うので、そこでブレーキをかけることが出来れば自己分析が出来ている状態だと僕は思っています。

自暴自棄になりかけていると感じて。

どうしても人は楽なものに流れてしまう生き物だと思うし、そういう意味で強い人なんていないと思うんですね。でもそれってもう仕方ないと思うんですよ。

ただ、そういう時こそ自分を律することが出来てるかの確認作業が必要で、僕はそういう意味で定期的に「禁酒」なんかを行うようにしています。

色んな部分で報われなくて、ストレスを感じて、ただ辛くて、生きてる意味とか(それこそ節制してる意味とか)を見出せなくなる瞬間もあるし、自暴自棄になることが最近ホントに多いです。

そんな時に「お酒が心を楽にしてくれる」みたいに思ってしまう瞬間があったりもするんですが、それが絶対にダメなことだと自己分析して、さらに「そんな自分は好きじゃない」って客観視して向き合うことが大切なんですよね。

自分が自分を保てる境界線を理解する。

僕は誰がなんと言おうと絶対に「クソ真面目な人間」で、もっと楽に生きたら良いのにってことを周りの人間からよく言われます。でも、それが僕であって、だからこそ僕なんですよね。

「負けちゃダメだ」「強くあり続けなくちゃ」って思うと、たまにしんどくなる時もあるんですが、そんな時にこそ自分が自分を保てる境界線を理解することが大切だなって思っています。

結果的に、溢れてしまうことがダメなんで、自分の許容範囲を知ってその中でまずは無理をしないことが大切なんだと思いました。

自分自身に厳しく、真面目でストイックな性格だからこそ、どうしても自分を知らず知らずのうちに傷つけてしまう瞬間がありますが、もう歳も歳なんで、深呼吸して切り替える瞬間を持っていけたらと思いました。

最近自分自身に「頑張れよ、でも無理すんな」って言い聞かせる瞬間が多くてあれですが、何事にも依存することなく、本来の自分自身を取り戻せる様に頑張りたいなと思います。今日が良い日でありますように。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer