自分が素晴らしい人達に囲まれていると改めて実感した日。

記事を音声で聞きたい場合はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

先日、クライアントさんと撮影のお仕事に行った時に、珍しく「お昼ご飯食べて帰りませんか?」と誘っていただき、社長と2人でお昼ご飯を食べて帰ることになりました。

いつもはお仕事の話しかしないんですが、そこでは基本的にはプライベートの話ばかりで盛り上がり、久しぶりに新鮮な時間を過ごせたんですね。

ということで今回は、自分が素晴らしい人達に囲まれていると改めて実感した日、についてお話ししたいと思います。

どうして「無愛想な金髪」に好感を持ってもらえるんだろう。

そこでのお話の中で「福井さんって色んな人から誘われますよね!」って言われて、なぜそう思うか?を聞いたところ、同じ会社に所属する60歳くらいのおじ様から「福井さんと一緒に行きたいお店があるんです!」と誘ってくださっていた時のことをお話しされました。

そのおじ様は、どうやら僕を行きつけのお店のマスターに会わせたいみたいで、確かにそう言われれば、こんなに年齢差があって(学力的にも大きな差がある)「無愛想な金髪」を誘いたい(紹介したい)なんて思って下さるのは、自分で言うのもなんですが「物好き」だなぁと思いました

「他でもそうなんですか?」って言われたんですが、僕は基本的には「人見知り」で、あまり人と群れて生きるのは苦手な方だったりするんですが、そう言われれば比較的誘ってくださることが多いなぁと思いました。

昔から「人徳に恵まれている」と周りから言われていて、もちろん自分の(気付いていない部分での)行いがあってのことかもしれないんですが、未だにどうして1番誰からも好かれそうにない無愛想な金髪が気に入ってもらえるんだろうか不思議で仕方ないです。(同時にものすごく嬉しくて感謝しています)

クライアントさんが僕のために仕事を取ってくれた。

そんな社長さんと車で仕事のお話をしていたところ、「忙しいところ1つお願いがあるんですが…」と切り出され、会社のホームページに1つページを追加して欲しいとお願いされました。

もちろん喜んで受けさせてもらうことになったんですが、どうやらとある補助金が出る可能性のあるプレゼンコンテストに出られて、そこで見事受賞されたようで、晴れて補助金が出ることになったみたいなんです。で、そこで出た補助金を使って、僕にお仕事を頼んでくださったんですね。

「いつも福井さんにはお仕事に見合ったお金を支払えていないので…」と、今回はその補助金を全て受け取ってもらった上でお仕事をして欲しいとお願いされました。

こういう優しさや、普段のお仕事に対する配慮をしていただけることって、決して当たり前のことじゃないと思うし、僕はこういったご好意に対してまた全力で向き合っていきたいと思っています。

製作費は無料で良いですと言ったクライアントさんからの提案。

そしてもう1つ、話は別のクライアントさんに変わるんですが、以前、流行り病の影響で、自分たちの商品を販売する術を失ってしまったクライアントさんがいらっしゃったんですね。

そのクライアントさんとの出会いは6年以上前で、やぶれたお気に入りのデニムを修理したいと思って業者を探していたのがキッカケで紹介してもらった形でした。当時の僕は駆け出しのペーペーで、何か仕事に繋がればと一応名刺を渡していたんですね。

その約6年後に流行り病がやって来て、そんな時に「あの時名刺をもらってたので…」と、お仕事の依頼をしてくださったんです。

で、そのクライアントさんから「少ない予算ですが…」と提示された金額は到底ホームページ制作が出来るような予算ではなかったので、僕はただそのクライアントさんが覚えて声をかけてくださったことが嬉しくて、「製作費は無料で良いです」とお仕事を無償で受けることを決めました

制作を進めていく中で「どうしてもいくらか支払わせて欲しい」ということで、報酬を受け取ることを決めたんですが、そんなクライアントさんから「オーダーメイドのデニム商品をプレゼントさせて欲しい」と声をかけてもらったんです。

「何が良いですか?」と見せていただいた商品の中には、「デニム」「ジージャン」「バッグ」などなど、採寸して、ボタンから糸まで全て自分で選んで作ってもらえる完全オーダーメイドの商品だったんですね。

最初は遠慮したんですが、どうしても作らせて欲しいと言ってくださったので、僕は先日「ジージャン」の採寸にお伺いして来ました。すごくすごく幸せな時間でした。

「いつでも来いよ」と言ってくれる人がいる幸せ。

僕ってすごく不器用で、情に熱いからこそ遠回りを繰り返して来た人生だったと思うんですが、その遠回りの先で出会った人や、そこでした経験っていうのはかけがえのない財産だと思えるんですね。

僕の友人も、僕が困っていれば「いつでも来いよ」とか「うちの家で仕事するか?」と気遣ってくれたり、基本的には京都に友人はいないので、遠くから京都までわざわざ遊びに来てくれたり、ホントにすごく幸せ者だなって思います。

プライベートの関係だけじゃなく、お仕事で知り合ったクライアントさんも、僕が辛そうにしていたら「ご飯食べに行きましょう」って声をかけてくださったり、ホントに自分が素晴らしい人達に囲まれていると改めて実感しました

こんなこと言うとまた友人に怒られてしまいますが、ホントに僕、いつ死んでも良いんですよ。自殺したとか、不慮の事故とか、そういう暗いニュースを聞く度に「俺が代わってやりたかったよ」って本気で思うんです。

ただ、僕は事実として今を生きていて、生きている上でこんな素敵な人たちに囲まれている事実の中で、生きているうちは、こういう大切な存在のために燃え尽きるまで命を燃やしたいと思っています。

死にたいと思っているからこそ、明日死んでも良いと思えるような後悔のない愛情を、僕の大切な方々に返していけたらと思っています。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。