強さとは優しさ、優しさとは孤独、孤独とは強さ。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

強さとは優しさ、優しさとは孤独、孤独とは強さ。

2023.01.07
2023.01.07

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

最近の自分は少し取り乱してしまっていたというかなんというか、自分が自分じゃないみたいで全てのことが上手くいかない状況が続いてます。

全てが自分の責任かと言われたら、そうは思いたくない不可抗力のようなものがあったりするんですが、それを受け入れないといけないのも事実です。

ということで今回は、強さとは優しさ、優しさとは孤独、孤独とは強さ、というお話をしたいと思います。

最近は余裕がなくて上手く回せていなかった。

僕の中での「強さ」とは、「優しさ」だと思っていて、その優しさは「孤独」でもあると思っています。

すなわち僕の中でのこれらの関係は「強さ = 優しさ = 孤独」ということが成り立っていて、辛い経験をしている人ほどその深さがあるということだと思っています。

僕自身も沢山の経験をして来て、それなりの強さは持ち合わせているとは思うんですが、ここ数年は疲弊してそれを上手く回すことが出来てなかったというか、その余裕がなかったと思います。

そんな自分が情けなくて、でもこうなってしまった以上すぐには変えられない部分もあるので、地道に頑張っていかないといけないのですが、これまでならあった原動力になるものを探している状況です。

まず自分自身をゴミだと思うとこから始めよう。

良い意味でも悪い意味でも、自信に満ち溢れていることを「天狗」と感じられることもあると思うんですが、僕はそういう意味で少し天狗になってた部分があるのかなと思います。

褒められることが増えて、それに調子に乗っていた部分ももちろんあるので、そういう浮かれた自分が情けなく感じて、それを求めている自分ももっとダサいと感じたんですよね。

僕は極端な性格なんで、まず自分自身をゴミだと思うとこから始めようと思います。

仕事において謙虚さを忘れていた訳ではないんですが、プライベートに関しては色々と上手く噛み合わなくて、自暴自棄で荒れてしまっていた時期が昨年の10月から3ヶ月ほど続いていたんですね。

駆け出しの頃のお前はそれを自然に当たり前だと思ってただろう。

冷静になって考えてみれば、駆け出しの頃の僕はただただひたむきで、真っ直ぐに「食えるようになるため」に目の前のお仕事に必死になっていたように思います。

今の僕はといえば、過去に思い描いた夢の上に立ってしまった状況下で、昔の自分に比べたら向上心のようなものが減ってしまっていることは感じているんですね。

僕の性格としてはストイックになれる部分はあるんですが、「今僕はなんのためにストイックになってるんだろう?」みたいな感覚になるような状況でもあるので、モチベーション維持が少し難しかったりするんですね。

ただ、このままでは絶対にダメだと思っているのは事実で、駆け出しの頃の自分のように、それを自然に当たり前だと思えるようになりたいと思うし、今日ここでそうなることを宣言します。

力は誇示するんじゃない与えて支えるものだ。

力(僕の場合は技術)を持ってしまうと勘違いしてしまうことが多くなるんですが、それはやっぱり沢山の人に求められるからということだと思います。

で、僕の場合はそこに勘違いしたという訳じゃなく、全てをよいしょされて持ち上げられて、それだけらならまだしも、ここぞとばかりにぶら下がられてしまってる状態だったんです。

そこで僕が必要だったのは、もっと自分を抱きしめてくれるような感覚で、そこで「やっぱお前はすごいよな」って言われるような言葉って、正直褒め言葉である前に、僕にとっては突き放される言葉だったんです。

強いよなお前はって言葉が「一人で生きていけるやん」みたいに聞こえてしまう瞬間があって、すごく孤独を感じていたんですよね。

ただ、自分で言うのもなんですが、僕自身の良いところは、そういう大切なことを忘れて(考えられなくなって)しまうこともたまにあるんですが、自分と向き合ってまたちゃんと思い出せるとこだと思うんですね。

これから僕は自分のことをゴミだと思って生活しようと思いますが、根っからのゴミじゃねぇということが言えるよう、少し襟を正して自分にストイックな自分を取り戻したいと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer