イラストの外注を昔からの友人に依頼した後に感じた成長の兆し。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

イラストの外注を昔からの友人に依頼した後に感じた成長の兆し。

2023.02.17
2023.02.17

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

先日、昔からの友人のママさんに僕が苦手分野とする「イラスト」を、昔から絵が得意なイメージがあったので依頼させてもらいました。

これが人生で初の外注になったんですが、結果は大成功となり、イラストを描いてくれた友人に報告したところすごく喜んでくれました。

ということで今回は、イラストの外注を昔からの友人に依頼した後に感じた成長の兆し、についてお話したいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

僕がクリエイターとして最も嬉しいと感じること。

昔からそうなんですが僕は「人の笑顔のため」にお仕事をしています。(これを言うと綺麗事だと言われるんですが本当です)

そんな僕がお仕事をしている中で1番嬉しいことは「笑顔を感じた時」であって、それがないただのお金稼ぎをするようになってしまった時にはおしまいだと思っています。

なので今回の初めての外注という中のテーマの1つとして「喜びを共有する」ということを目指せたらということを掲げていました。

必要な部分だけを納品してもらって、お金を払ってハイ終わりみたいな仕事ってやりがいを感じないと僕なら思うので、自分が嬉しいと感じる瞬間を一緒に味合わせてあげたいと思ったんですね。

僕が友人に伝えてあげたかったこと。

今お話しした「喜びの共有」はもちろん伝えたいことの1つだったのですが、お仕事のやり取りをしている中で「仕事にしたいと思ったことがあるけど何をしたらいいか分からない」という悩みを聞きました。

本職ではないので、こういった才能は「周囲から一目を置かれるだけ」という形で埋もれていて、それをサービスに繋げることが出来ないまま終わってしまうことが多いんですよね。

現に友人は周囲から「これだけ絵が上手いなら仕事にしたらいいのに!」ってことを度々言われていたらしく、それを趣味の範囲で留めたままだったみたいです。

そこで僕はいろんな制作物を見せてもらった時に「これは確実に仕事に出来る」と感じ、お仕事の中で感じた不足している知識や使用すべきツールを教えてあげたいと思ったんですね。

お仕事を通じて見つかった大きな課題。

お仕事をしていて感じたのは「納品データの知識不足」と「お仕事を円滑に進めるための配慮」でした。

どちらも同じようなことなんですが、お仕事をする上で重要なのはWin-Winになることで、足を引っ張ってサポートしてもらっている状況が続くのは良くないですよね。

そんな中で僕は最初に「こういう制作をするのでこういうデータで欲しい」というリクエストをあげたんですが、データ形式の知識やそれぞれの保存の仕方、送り方なんかも分からないような状況でした。

結局、今回は僕がお世辞にも完璧とは言えない状態でもらったデータを修正して使ったんですが、正直なところこのままでは今後お仕事を頼めるかと言われれば不安な状況でした。

依頼した後に感じた成長の兆し。

今回は、家事育児、副業禁止、扶養問題がある中で才能を消すのは勿体無いし、少しでもやりがいやお小遣いになればと思い「友人限定」ということでお仕事を依頼しました。

友人ということで、厳しくいけない部分もあることは覚悟したし、少し譲歩する部分が多いのかなと感じていましたが、友人から納品時にもらった言葉は「今回は思い通りの納品が出来なかったからお金はいらない」ということでした。

ただ、知識もなかった中で最後までチャレンジしてくれたことは事実で、その中で及第点以上の作品を提供してもらったことも事実だったので予定していた費用は全て支払わせてもらいました。(問題はデータの完成度だけでイラストは完璧でしたよ)

お仕事的にも無事に納品が完了して、クライアントさんからこれでもかってくらいの喜びの声をいただいて、それを友人に共有したところすごく喜んでくれて、初めて自分のイラストが作品として納品されたことにやりがいを感じてくれました。

その後、友人から連絡が来て「教えてもらった〇〇の勉強始めてみようと思う!」と、ツール(しかも有料の)をダウンロードしたという報告が来て、僕は自分の仕事を通じてこの流れを生んだのは友人の人生を動かせたんだと感じました。

僕は普遍的なことしかアドバイス出来ませんが、それが良いということではなく、こういった時に素直に即チャレンジ出来る友人を見て今後の成長の兆しを見ることが出来ました。

僕が出来ることを全力でサポートしていきます。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer