伊達に苦労して来てないからこそ見える未来に向かう先輩を送り出して。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

伊達に苦労して来てないからこそ見える未来に向かう先輩を送り出して。

2023.09.10
2023.09.10

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

先日、恩師のお別れ会が行われたこともあり、久しぶりに恩人でもある先輩と再会した瞬間がありました。

そこで、先輩から「浩太に言いたくて言えなかったことがあるんやけど」と言われて伝えられたことは「やっぱりな」と思った内容でした。

ということで今回は、伊達に苦労して来てないからこそ見える未来に向かう先輩を送り出して、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

アドバイスを求めて来た新しいことを始めたいという先輩。

この先輩は、僕が過去にものすごくお世話になった「恩人」でもある頭の上がらない大先輩で、そんな先輩が以前「夢があるんだ」と言って僕にアドバイスを求めてきた時がありました。

そんな中で、今の安定した仕事をいきなり脱サラして、且つ借金までしてお店を出したいという思いを「漢気」だという風に話された瞬間に僕は珍しく先輩の大きな勘違いを指摘しました。

奥さんも子供もいる中で、リスクを背負って何の根拠ものない夢を選んで進むということは、一切カッコいいことではないと伝えると同時に、勢いだけで夢を叶えられるほど甘くないということを伝えたんです。

僕自身が「リスクを極限まで削る」ということで成し遂げた独学でフリーランスデザイナーになるという、かなりローリスクな夢を叶えた中で、脱サラ借金なんて馬鹿げた話しだと思ったからですね。

安定と挑戦の意味を履き違えた末路。

何度も「脱サラ借金というリスクを背負うことはカッコいいことじゃない」ということと、「安定した職を持ちながらも出来ることはある」ということを何度も先輩に言いましたが、その度に言い合いになって理解してもらえない状態でした。

安定しているからこそ出来る挑戦があって、元々それを持っている人間がわざわざそれを捨ててまで挑戦をする必要がないんです。

僕は「休みの日に出来ることは挑戦したか?」と聞いてたらぐうの音も出ないほどに言い負かされる先輩に対して「夢はそんなに甘くない」という現実を叩きつけました。

安定と挑戦の意味を履き違えた末路は悲惨なもので、奥さんや子供がいる先輩にとってその挑戦は、取り返しのつかないものになる可能性があることを僕は伝えたかったんです。

きっと僕の思い描いた未来にぶち当たる。

そんな先輩に久しぶりに会って、冒頭でもお話しした通り「浩太に言いたくて言えなかったことがあるんやけど」という前置きの元で話をされました。

結論から言えば「脱サラして借金をして店を作ってる最中だ」という報告でした。

まぁ先輩ならやりかねないだろうなと思いましたが、僕がそこで感じたのは「呆れ」で、こんなこと言いたくはないんですが、きっと僕の思い描いた未来にぶち当たると感じました。

それは「大した成果を得られずに撤退」ということになると思っていて、きっとそれは壮大なロマンを自己満足で終えるという結果になると思います。(残念ですけどね)

それでも行くというのなら全力でサポートするだけ。

で、僕は「頼られたら手を差し伸べる」というのがスタイルなので、先輩から声が掛からなければもう手を差し伸べることはしないでおこうと思っています。

要するに、こういう思考になる人は「失敗しないと分からない」と思うからですね。

お店を出すにも関わらず、原価計算もしていない、デザインやブランディングにも疎くこだわりがない、SNSでの集客にも疎い、競合他社や参考になる情報を収集していない、そんな状況で勝てる訳がないんです。

聞けば数百万円の投資をしてメニューもほとんど定まらず、何だったらこんな近いしい関係の僕ですら先輩の料理を食べたことがないという始末。

僕はリスクを限りなく切ってから戦ったからこそ、何の確証も持てない挑戦はただの自殺未遂だと思うし、そんな挑戦は「奇跡」でしかひっくり返せないと思います。

きっと数年後、先輩から「浩太の言ってた通りやったわ」ってなると思いますが、それでも行くというのならば、僕が出来ることを全力でサポートするだけかなと思っています。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer