ストレスが溜まっている人は今すぐ「ブログ」を始めた方がいい。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

ストレスが溜まっている人は今すぐ「ブログ」を始めた方がいい。

2022.02.13
2022.02.13

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

先日の発信で、酔っ払った上で大爆発した感情を殴り書きした文章があったんですが、そういう発信を書いたことによって、今日の僕は平常心を(ギリギリ)保てていたりします。

要するに、公共のネットで自分を程よく晒しながら、愚痴とまでは言わない感じのガス抜きが出来てるわけですね。

ということで今回は、ストレスが溜まっている人は今すぐ「ブログ」を始めた方がいい、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

ブログを書くことで無意味な愚痴を言わなくなった。

先日の発信が愚痴じゃんって言われる可能性もなきにしもあらずなんですが、実際にブログとして文章に書き出している時とそうでない時を比べた時に、書いている時の方が自己肯定感を強く持てるんですね。

加えて、同じ愚痴を繰り返し言わなくなるし、その1つの事例に対して自分に落とし込むことが出来るんです。それは学びも同じで、1度学んだこと(インプット)を忘れないために書き記すこと(アウトプット)が大切なんですね。

僕が同じ話を友人・知人にする時には、あれだけ怒り狂ってた状況がウソのように、笑い話のように自然に話すことが出来るようになるんです。

愚痴っぽい性格だった僕も、ブログを毎日書き続けて600日を超えますが、そういう意味では建設的な毎日を送ることが出来ています。

見られてるという感覚が言葉をマイルドにする。

ブログの1番面白いところは「見られているという感覚」で、自分の手帳とかに書く日記とは少し違うと僕は思っています。

僕個人の感覚ですが、自分がインプットしたことを一切どこにも吐き出せない状況というのは、ガス抜きが上手くできなくてしんどくなっちゃうんですね。そういう意味で、誰に見られるかわらないブログは、僕にはすごく合っていると思います。

というのも、僕は実は元々すごく「口が悪い人」なんですよね。それがブログをやることで少しマイルドになり、さらに見られているという感覚もあってさらにマイルドになり、そういう人生を歩んでることでもっとマイルドになる、といった感じで、少しずつ懐が深くなって来れた感覚があるんですね。

今の自分を知り、今の自分と向き合うために、ブログ(ラジオや動画でも良いと思う)というツールは本当に良いものだと思います。

今の自分を知らずしてメッセージは出てこない。

で、今の自分を知らない(向き合ってない)という状態では、やっぱりどうしてもメッセージって生まれないし、書くことが無くなってくるんですよ。1日ボーッとしてた情けない自分の生活の中から、書きたいことなんて見つからないじゃないですか。

ただ、そういう時に「自分を知ること」から逃げていなければ、なんなりと書くことが出て来たりするんですね。

「1日ボーッとしてた情けない自分」と向き合った時に、何故そうなったか、そしてそれを今の自分がどう思っているか、じゃあ明日からどうすれば良いのか、そういう風に考えることでアウトプットしたいことを見つけるキッカケが出来るんですね。

僕も基本的には毎日同じような生活を送っていて、パソコンばかりに向き合う毎日ではあるんですが、その1日で学んだことや、クライアントさんとのコミュニケーションの中で思ったことをインプットするだけじゃなく、アウトプットすることで自分に深く落とし込んでいる状態です。

なので、毎朝ブログを書いている時間には「昨日はもっと頑張れたなぁ…」とか反省することも多々あったりして、それがその日の原動力になったりするんですね。

書きたいが溢れる時は充実している証拠。

僕はブログなんかの発信の中で、いくら書きたいの動機が愚痴であったとしても、それだけ自分が何かを考えて生きているんだと思うようにしています。

1日に1つだけじゃなくても良いし、2・3つ書きたくなったら書けばいいと思います。毎日って考えると辛そうで続かなくなるし、書きたいなって思えない日ももちろんあったりするから、書けるときに書いたらいいんですよ。

事実、僕は今日このブログを書き終えれば3本目の記事になっていて、それだけ昨日は充実した(色んなことを考えた)1日だったんだなと思っています。そういう時って本当に文章がスラスラ出てくるんですよね。

そういう風に考えた時に、書きたいが溢れる時は充実している証拠だと僕は思っているんですが、これは書き始めた人にしか分からないことだと思うので、ぜひ一度経験してみて欲しいなと思います。

自分の中にあるモヤモヤをただの愚痴として消化して、周りの人に少なからず嫌な思いをさせるくらいなら、そういうモヤモヤはブログなんかの自己発信としてガス抜きすることで、プライベート時間が今よりもっと充実すると思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer