誰がなんと言おうと辛いことも全て逃げずに受け止めて僕は勝つ。

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

先の見えない真っ暗な中を歩いていた時期からは少し雰囲気が変わり、時折うっすらとした明かるさの感じる場所に僕は歩いて来れた気がします。

全ては「気がします」といったくらいグラグラの状態で立つ希望ではあるんですが、少なからず僕は以前よりもさらに求められることが増えた中で命を燃やしています。

ということで今回は、誰がなんと言おうと辛いことも全て逃げずに受け止めて僕は勝つ、というお話をしたいと思います。

本物の強さとは本物の辛さを乗り越えた先にある優しさである。

過去にいじめられていた人がそれを乗り越えた時に、人として大きく成長して優しくなれるように「強い人」の裏にはいつだって「辛いこと」が背中合わせになっていると思います。

その辛さを辛さと見せずに戦える本当の強さを人もいれば、辛さから逃げ出そうとする自分を必死に押さえつけて戦っている僕の様な不器用な凡人もいるんです。

僕はそんな性格だからこそ、何度も何度も自虐的な行動を繰り返してよる自分を苦しめている人間で、人からよく「冷めた目をしてるね」と言われることがあるんですよね。

ただ、自分で言うのもなんですが、辛い経験から目を背けず全て受け止めて乗り越えて来たからこそ、僕の根っこには人の痛みが分かる心が育っているんだと思います。

無責任で不義理な人間が笑えるこの不浄な世界で。

少し棘のある言い方をすれば、この世の中はきっと「無責任」とか「不義理」のようなことを許容(してるつもりはなくても勝手にそう)出来る人間が笑えるような世界だと僕は思っています。

言い換えれば「自己中心的」という人間が最も平和に生きることの出来る世界だからこそ、優しい人が傷付くことが多い世の中であると感じてるんですね。

これまでもその一瞬を叶えるためだけの無責任を僕は沢山感じて来たし、それを僕は「中途半端な正義が1番の悪」だという表現としています。

僕はそういう「表面的な良い格好」が大嫌いで、友人知人レベルだけではなく家族からもろにそういったことを受けて来たからこそ、僕の目には熱さの裏に冷たさが宿っているんだと思います。

辛いことも全て逃げずに受け止めて僕は勝つ。

僕が独学でフリーランスデザイナーを志した(下積みを含めると)約10数年前に、周囲からは「フリーランスには信頼はない」とか「企業(株式会社)と仕事することは出来ない」とか、そもそも独学でそんな夢は叶わないという意見を言われ続けました。

今では逆に僕の生き方の方が羨ましく思われるほど、時代に合った人生のスタイルを確立している僕ですが、ここに至るまでの道は辛くて辛くて何度も逃げ出したくなりました。

もちろんそんな辛さがあったからこそ、その当時はなけなしの喜びや楽しさを敏感に感じることが出来たんだと思いますが、振り返ってみてもよく頑張ったなと思うのが率直な意見です。

でも僕は、そんな人生を歩んで来た(歩んでいる)不器用な僕が大好きなんです。

周囲からは「辛いことからは逃げることも必要」とか、色んな意見を言われたりするんでが、僕は辛いことも全て逃げずに受け止めた上で、最後には必ず勝ちます。

嫌いな自分が見え隠れしている時こそ進化のチャンス。

皆さんも想像してもらえたらと思うんですが、「今の自分が過去最高に好きな自分ですか?」と自分に問いかけた時にどんな答えが返ってくるでしょうか?

僕の今の答えは「今の自分は嫌いだけど好きな自分もいる」というのが正直なところで、少し前まで大嫌いだった自分の中に、好きな自分が見え隠れする様になってきた感覚なんですね。

で、だからこそ僕は「嫌いな自分が出て来た時こそ進化のチャンス」だと思えるポジティブさを取り戻せた時から時間が動き出して、冒頭でもお話ししたような時折うっすらとした明かるさの感じる場所を歩けているんだと思います。

正直、色々なことに悩んでいる暇がないくらい嬉しいことにお仕事のご依頼をいただいていて、僕は本当に人に恵まれたクリエイターなんだと痛感しています。

仕事に取り掛かれなくてもいつまでも待ってくださる方、多忙なことを気遣って見守ってくださる方、才能を信じて投資し続けてくださる方、本当に全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。

僕はどれだけボロボロになっても、一度交わした約束は絶対に破りません。

自分の命が続く限り、最後まで責任を持って人生を全うしますので、今はギリギリの自分自身を保ちながら進化をしている僕を見守っていただけたらと思います。

このクソみたいに無情な世界を、死ぬ気で生きます。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。