人生とはいつもブレた奴が自我を通そうと自分を正当化して答えの出ない論争が始まる。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

人生とはいつもブレた奴が自我を通そうと自分を正当化して答えの出ない論争が始まる。

2023.10.01
2023.09.30

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ「POISON」ではありませんが、きっと多くの人はいろんなことに縛られて言いたいことを言えないことが多いと思います。

そんな中で、正義を貫こうとすれば「異端児」とすら呼ばれてしまいますが、それでも正義を貫いて変わった人だと言われながらも生き続けています。

ということで今回は、人生とはいつもブレた奴が自我を通そうと自分を正当化して答えの出ない論争が始まる、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

ブレた奴ばかりが自我を通そうと自分を正当化してくる。

人生を悟ったということではないのですが、人生とはいつもブレた奴ばかりが自我を通そうと自分を正当化してくる世界なんだなと思う訳です。

簡単に言えば「約束」みたいなもんなんですが、その約束を守れなかった奴が「約束を守れなかった理由」みたいなものを、あたかも自分を正当化して伝えてくるような感覚です。

絶対に遅れちゃダメだよと約束をした人が遅刻して、電車が遅延したからという理由に「もっと早い電車に余裕を持って乗れば良くない?」と正論をぶちかましても、「電車が遅延したから仕方ないじゃないか」と言い張られるような。

「遅刻した」という事実は変わらないのにも関わらず、反省する色も見せずに「電車が悪い」というスタンスを取られ続けた時に、「あれ?こっちが言い過ぎなのかな?」みたいになってすごく気持ち悪い感じになります。(ちなみに僕は遅刻では怒りませんけどね)

永遠に答えの出ない価値観という答えの中で生まれる言った言ってない論争。

その状態から始まるのは「言った言ってない論争」で、さっきの話の続きで言えば「明日は雨だから電車が遅延するかも」と言ったと言い出したりします。

その瞬間、ボイスレコーダーやカメラが回っていなかったので、「言った!」と言い張られたらもうそれまでで、こちらが確実に言ってないと思ってもそれを立証することは出来ません。

そこからは何とも不健康な会話が永遠に終わらないことになるんですが、そういう意味でいつの時代も最終的に自我を折ることが出来た「優しくてブレない人」だけが傷付くんですよね。

要するに「泣き寝入り」なんです。

ブレた人間はブレた自分を新しい正義として生きていく。

自分もそうなれたら楽なのになって思うことがあるんですが、ブレた人間はそこから「新しく(自分で)作った正義を持った自分」として、当たり前のように笑顔で生きていくんですよね。

それが「強さ」だと言い張り、ブレたことをその「強さ」で忘れ去って。

僕は自分がブレない人間で、時にはそれを「頑固」と言われるんですが、僕のは自我を通そうとしてそうなっているのではなく、人と人の間に交わした約束を守ろうとする意味での頑固なんです。

そこは一緒にしないでほしいなって思うんですが、きっと多くの人はそこの違いすら分からないからこそ、折れた自分を正当化するという無様なことを平気で出来るんだと思うんですね。

主張を通そうとするなら全ての行動や言動に「契約書」が必要です。

僕はもう「ブレる奴」と付き合うのは疲れてしまってるんですが、そういう風に考えた時に、逆にあんまり離れる人っていないなって思ったんですね。

要するに、僕の周りにいる人間では「一部の人間」しかそういう人間はいなかったということなんです。

人生の中で「際立って見えやすいもの」ってあると思うんですが、そこに固執しないといけない状態がすごく不健康だと感じたんですね。

そんな関係を終わらせてしまえば良いって思うと思うんですが、やっぱりそこでも「そんな人じゃない」と思って小さな希望を抱いて付き合ってしまうんですよね。

ただもう1つ分かっていることは「見てくれてる人には届く」ということで、そんな些細な希望を抱いて、傷付きながら優しい人は生きていくんだと思います。

これが、お金も、地位も、名誉も要らなくなった時に見えたフラットな世界なんだと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer