人のお金や時間に誠意を持って生きていける人間を保って。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

人のお金や時間に誠意を持って生きていける人間を保って。

2023.11.09
2023.11.09

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

今、不景気の波って確実に流れていると僕は思っていて、そんな中でも僕らは前を向いて生きていかないといけないと思っています。

僕はこれまでの経験上、やっぱり沈んだ考えを持っている人間には良い波は来ないと思っているし、そんな中でたくさん残念な気持ちになることを悲観しています。

ということで今回は、人のお金や時間に誠意を持って生きていける人間を保って、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

友人の保険会社で入ってるお金の引き落としの件。

営業職をやっている僕の友人が、いつも困った時は一目散に僕に声をかけてくる様な感じで、まぁ昔からの深い関係なので「しゃーないな」って感じの流れで相談に乗ったりしてるんですよね。

冒頭でもお話しした不景気の波がやって来ている中で、まぁ僕にとって悪影響の営業ではない部分はあるんですが、困った時にその友人からのお願いを聞いて、それなりにサービスを契約してあげたりしています。

そこでの支払い方法を、ポイントが貯まるようにクレジットカードにしてくれとお願いして手続きしていたのにも関わらず、それが上手くいっていなくて、半年ほどずっと銀行引き落としのままでポイントがつかなかったんですよ。

で、直ぐに連絡を入れたところ、向こうの不手際で手続きが上手くいってなかったみたいで、(そこそこの金額なので)軽く冗談で「ポイント分は補填しろよ」って連絡を入れたら、「そんな大してポイント貯まってないやろ」と言われ意気消沈しました。

援助している人から当たり前感を感じて。

僕はそのサービスを受ける必要性も特段なく、正直言ってしまえば「どっちでもいい」みたいなことで、得をするのは基本的にその友人だけなんですよね。(営業成績的な部分で)

で、面倒な手続きとかをやった上でサポートしている中で、「そんな大してポイント貯まってないやろ」ってことで、仲が良いからこそではあるにせよ、そんな言い回しで自分の不手際を流されたら僕だって「は?」ってなっちゃいます。

最初はみんな「困ってる」みたいなテンションで良い格好してるんですけど、それこそ慣れって怖いなって思うのが、調子が悪くなったらありがたみを忘れていくのってすごく悲しく感じるんですよね。

結局、そのクレジットカードが偶然不正利用されていた事実が判明して、作り直すことになってしまったので再登録しないといけないんですけど、やっぱり「ごめん」とか「ありがとう」をどんな時もしっかり表現出来る人であってほしいなって思います。

人のお金や時間にリスペクトを持って接する。

僕は家庭の環境もあって、家族に少しばかりの支援をしていたりもするんですが、そんな中で「ありがとう」という言葉がなく、それが「当たり前」になっている様な状況を目の当たりにしました。

よく「貸した金は返ってこないと思え」といったアホみたいな理屈があるんですが、僕は全くの逆で、絶対に返って来るという信頼を持ってしかお金を貸したり借りたりしません。

そんな感じで、こっちは100%の善意を信頼を持って対応をしている中で、人のお金や時間にリスペクトがないなって感じて悲しくなっちゃうんです。

で、「最後はちゃんとするから」とかじゃ僕はダメだと思っていて、恩をいただいた方に対して少しでもそういう気持ちを持たせたらダメだと僕は思っているからこそ、リスペクトを持って接することって大切だなって改めて思います。

愛を持っている人と愛をぶつけ合って生きていきたい

色々と咀嚼した結果、僕が今なぜこのような虚無感に駆られているかと考えれば、こんな風に「やってあげたい」でしか動いてない僕に返って来るのが「熱量」ではなく「自己欲」ばかりに偏って来たからだと思うんですね。

僕はやっぱりいつだって、愛を持っている人と愛をぶつけ合って生きていきたいと思っているし、それがなければ何を意味として生きていけば良いのか分からなくなちゃうんですよね。

そういう感覚で僕は生きてるので、やっぱりどんな人に対しても中途半端な感じで接することは出来ないし、そういう感覚を持って生きてる方と繋がっていきたいんですよね。

僕の人生はこれまでもずっとそうだったし、こんな状況でも声をかけてくださる方は沢山いて、そんな中にはいろんな形の愛を感じることが出来るんです。

今は少し落ち込んでいる時期なのかもしれませんが、少しずつだと思いますが、このよくない風を吹き飛ばせるように前向きに生きていきたいと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer