年収や貯金額に一喜一憂してる時点でたかが知れてるって話。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

年収や貯金額に一喜一憂してる時点でたかが知れてるって話。

2023.07.02
2023.07.02

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

人は少しずつ老いを迎えていく中で、それに少しでも抗って「いつまで保つか」を延命していく生き物だと僕は思っています。

ただ1つそこに例外があるのは「知識」とか「経験」で、それは身体的な老いとは一切関係なく、永久不滅なものであるということを多くの人は理解していません。

ということで今回は、年収や貯金額に一喜一憂してる時点でたかが知れてるって話、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

最近よく聞かれる僕の年収や貯金額。

ここ最近、自分自身の環境を変えたこともあって沢山の人と時間関係なく会ったりすることが増えたんですが、僕のフリーランスクリエイターとしてのライフスタイルを見てやっと自分達との違いを感じる人が増えて来たように感じます。

自分のプライベート空間に人を呼べるというのは百聞は一見にしかずみたいなことで、このライフスタイルをどういう風に実現して、そして維持しているのか興味を持ってくれる人が増えたということですね。

そんな感じの流れで、(僕はお金がどーとかに一切の興味がないので大丈夫ですが)最近よく僕の年収や貯金額を聞かれることが増えて来ました。

正直なところ、2022年(去年)の年収を僕自身が知ったのは今年の3月の確定申告の時のタイミングで、それ以外は自分の年収や貯金額(は入金のタイミングでちょこちょこ見てた)を見ることはなかったんですよね。

年収や貯金額だけで一喜一憂している時点でたかが知れてる。

で、相手が特に真面目な相談の時とかのタイミングで自分の手の内を曝け出した時に「僕は言いません」とかいう不義理な男にはなりたくないので、大体こんなもんっていう感覚で自分の手の内を晒すこともあるんですね。

ただそこで返ってくるリアクションは「だから安定してるのか」とか「だから落ち着けてるのか」みたいな感じなんですが、そこで僕は「そういう風に捉えてる時点でたかが知れてる」ってことを思うんです。

僕はフリーランスのクリエイターで「明日から仕事がない」なんてことも十二分に考えられるし、そんな経験をしたことのない人は「今」しか見てない訳で、そこに一喜一憂してる時点でちょっと違うんですよね。

冒頭でもお話ししたんですが、人間が老いていく中で「自分の身体がいつまで保つか」を延命していくだけではなく、ただ1つの例外である「知識」とか「経験」をどれだけ老いに抗いながら蓄えていけているかが重要なんです。

僕が感じる自信や安定感の正体は圧倒的な知識と経験。

僕がここでそういう人達に言いたいことは、僕が感じる自信や安定感の正体は圧倒的な知識と経験であるということなんです。

年収や貯金額なんて今を見ただけのごく表面的なものであって、そんなものはあっという間に無くなったり、落ちていったりする可能性があるということなんです。

重要なのは「知識」と「経験」で、例えば明日突然みんなが一斉に職を失って仕事がゼロ(貯金もゼロ)の状態になった時に、よーいどんで利益を生み出すことが出来るかとなった時に、自分自身に何が出来るかってことだと思ってます。

これが「自分を商品にする」という強さであって、雇われて、その雇われた先の商品ありきのお仕事とは少し違うということで、そういう意味で僕の安定とは「知識」と「経験」が作り出した「ひとり制作会社」という自信なんですね。

自分が必要とされている理由がどこに依存しているのかを考える。

僕はクライアントさんから感じる期待として「福井さんだから」という、僕個人に対しての期待を強く感じている方としかお仕事をしていません。

僕が不調な時だってある中で、きっと同じような仕事を別の方がやっていたら首を切られるようなタイミングだって沢山ある訳です。

それでも僕を選んで、僕を繋いでくれているのには僕がこれまで取り組んで来た(クライアントさんとの)経験があって、そこで生まれた信頼を持って時には誰でも出来ることが「僕にしか出来ないこと」に変換されているんですよね。

前の会社が給料が良くなかったから辞めて転職して給料が上がりましたとかで喜んでる人もいるんですが、前の会社で得た知識や経験が転職によって(新しい会社で活かせなくて)ゼロになっていたら本末転倒です。

人生を一貫して考えて、全てのことに意味を繋げて継続することはすごく難しいことですが、僕はこれまでお仕事をしてきた「接客業」「営業職」などのスキルは確実に今、フリーランスクリエイターという職業につながっています。

そしてこれからもそのスキルを生かして、新しい取り組みにチャレンジしていける可能性を感じているので、年収や貯金額で表面的に一喜一憂している人は「明日ゼロになってよーいどんしたら」を想像してみてほしいなと思います。

僕はスタートダッシュから単独でぶっちぎれます。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer