僕はお金で動かない代わりに、お金という対価以上のものを求めて働く。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

僕はお金で動かない代わりに、お金という対価以上のものを求めて働く。

2022.01.22
2022.01.22

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

昔はお仕事がなくて、お金が稼げなくて、必要最低の経済面は確保しないといけない中で、少なからずお金に執着せざるを得ない状況があったと思うんですね。

そんな中で、少しずつ忙しくお仕事をさせてもらっている中で、経済的にも(必要最低限ですが)安定して来て、本来の自分の求めていた状況からありのままの感情でいれるようになった気がします。

ということで今回は、僕はお金で動かない代わりに、お金という対価以上のものを求めて働く、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

僕は絶対に「お金」だけでは動かない。

以前にもお話ししたんですが、駆け出しで仕事がない状況下において、僕は30分で5万円以上稼げる美味しい案件を断りました。(今思えばちょっともったいない気もしますけど)

その仕事はお金としては良かったんですが、そこには愛がなくて、且つ、僕はその仕事を受けるためには何もしない人をパートナーに迎える必要があり、その人に高額な報酬が入る形となり、僕はそれが腑に落ちずにお仕事を断ることにしました。

今も昔も僕は基本的にお金では動かないし、お金で動かない代わりに「愛」で動くことばかりなんですね。

そこに「愛」があれば未来は明るくなる。

結局のところ僕を突き動かすのは「やってあげたい」って気持ちであって、お金を多くもらったからと言って、そこに気持ちがなければやる気は起こりません。

時には割り切った感じで仕事を受けることもあるんですが、どうせやるなら自分が心のそこからやりたいと思ったことをやりたいと思うし、そっちの方が作品に気持ちが乗って良いものが出来やすいんですね。

気持ちのこもった仕事をしていくことで、結果的にモチベーションは上がり、作品からも目には見えない力が確実に伝わるので、結果的に次の仕事に繋がりやすくなるんですね。

そういう意味で「愛」を持って仕事に取り組むことで未来は明るくなると僕は信じていますし、普段からそういう気持ちでお仕事をするように心掛けています。

お金だけで仕事を頼もうとして来る人に伝えたいこと。

もちろん生きていく上でお金は必要だと思うんですね。ただ、そこそこの貧乏を経験して来た僕にとって、表面的にお金ってそこまで必要ないんです。

僕が仕事に必要な場所ってせいぜい2〜4畳くらいで十分ですし、普段から贅沢もするわけでもなく、基本的には自炊して外食なんて滅多にしません。それくらい別にお金には執着はないんですね。

僕の周りにはあまりいませんが、昔出会った人の中で「お金払ったらええやろ」的な人もいたんですよ。でも僕はそういうのすごい嫌なんですよね。

そこに想いがあれば、僕は例えクライアントさんがお金を払えないとなっても無料でやりますし、そんなことを意識して仕事をしてません。

で、僕の意見なんですが、そういうスタンスでお仕事を頼んで来る人って、結局は足元を見られてることが多いと思います。なので、自分が優位にいるように思えて実はうまく利用されてしまうということもあるんですね。

お金に変わる幸せを対価として提供する心掛け。

そこでお金に変わる対価って何だろ?って考えた時に、何度も言うように僕は「愛」とか「想い」とかの物語(ストーリー)的な部分だと思うんですね。

いくら安価なお仕事でも、相手の物語に共感して、そのストーリーの一部になれることってホントに幸せなことなんです。で、そのお仕事を通じて感謝してもらえることが僕の生き甲斐なんですね。

僕はこれまでそういう想いでお仕事をしてきて、クライアントさんからは金銭的に支払ってもらっている以上の対価をお金以外の部分でいただいています。それだけ素敵なクライアントさんばかりってことですね。

もちろん生きていく上でお金って必要なものだと思うんですけど、きっとそこだけを見て行動していると将来的に破綻してしまう部分があると思うので、そこじゃない部分がなんなのかをしっかり見極めることが大切かなと思います。

きっとそういう想いの先には、明るい未来が待っていると思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer