応援してもらえる存在になるには全てを曝け出すということ。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

応援してもらえる存在になるには全てを曝け出すということ。

2022.11.24
2022.11.24

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

自分で言うのもなんですが、ここ数年の僕は自分自身のことを「応援される人」だと感じる様になってきました。

ありがたい話ではあるんですが、今の状態に至るまでには自分の中での改革があり、そういう存在にならなければ生きていけないと感じたからです。

ということで今回は、応援してもらえる存在になるには全てを曝け出すということ、についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

応援される存在になるということとは。

一概に「応援される人」と言っても難しいと思うんですが、僕のお仕事の感覚で言えば「福井さんだからこそ頼みたい」と思ってもらえる様な存在になるということですね。

僕らはロボットではなく人間で、必ずしもサービスを選ぶ時にクオリティやコスパだけを見て選んでいる訳ではないと思うんですね。

そんな中で必要なのは「個性」だと思うんですが、その個性というものを多くの人は勘違いしている部分が大きいと僕は思っています。

多くの人はそれは「自分にしかない尖り」だと思っていると思うんですが、僕はそれがそうじゃないと気付いた時から応援してもらえることが増えました。

弱さを隠さずに見せ続けるということ。

僕はランニングやブログを継続していることから、自分が強い存在だと思われることが多かったりもするんですが、実際はそんなに強いやつでもなく、なんだったらただの豆腐メンタル野郎だったりします。

実際に弱いからこそ、弱い自分を保つというか強くするというか、そんな感じでただ毎日のように昨日の自分に食らいつく感じで頑張っています。

で、ずっとそんな強さばかりを見せていたんですが、僕は数年前から「自分の弱さ」を見せる様になりました。

そうした時から「この人にも人間味があるんだ」と思われるようになって、それがネガティブなことだと僕は思ってしまっていたんですが、決してそういうことではなかったんですよね。

素直なままの自分を曝け出した先についてくるもの。

人間って良い時もあれば悪い時もあると思うんですが、大概の場合は良いところばかり人に見せようとするじゃないですか。

だからこそ悪い部分を見た時にガッカリされると思うんですが、その悪い部分も含めてファンになってもらえたとしたらそれ以上に強いものはないですよね。

そこに気付けるかどうかが大切なことだと思うんですが、僕は数年前まではそれに気付けずに強い自分だけを作り続けてきたんです。

そうなってくると自分の首がどんどん締まっていって苦しくなって来るし、生きにくい世界が生まれてしまうんですが、曝け出せる状態を作ることでそれを壊すことが出来るんです。

誰かのために生き続けるということ。

そんな中で誰かのために生き続けようと思うと、なかなか自分を強く保ち続けることって難しいと思うんですが、自分が壊れてしまったら終わりなんですよ。

僕はそれを痛感して来た時に、ちょっと弱音吐いても良いかなって感じでボソッと呟いたことがキッカケで僕の生き方はガラッと変わったんです。

強くて特別じゃなくて自分も同じ弱さを持っている人間なんだよってことを周知してもらえたことによって、とっつきにくかった僕にも声をかけたり、手を差し伸べたりしてくれる人が増えました。

そういう存在が近くに沢山増えたことで、僕が相手に対しても耳を傾けられることが増えて来たりすることを実感して、色んなことが上手く回るようになったんですよね。

あざとく構ってもらうとかではなく、今の自分に素直に心を発信することで、本当に大切な存在がなんなのかが見えて来るようになりました。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer