向かう場所が決まった僕は最強だ。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2702 1482

向かう場所が決まった僕は最強だ。

2024.04.10
2024.04.10

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し9年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,570日、毎日ブログは1,340日を突破。(2023年12月31日現在)

少しずつ、少しずつ積み上げていったものが大きく崩れた気がした数年前。

それでもそこが自分の生きる場所なんだと錯覚し、執着し、途方に暮れ、彷徨いながら自分自身を蝕んでいた時期から解放され、今、本来の自分を取り戻し、そして新しい自分と融合することが出来ました。

ということで今回は、向かう場所が決まった僕は最強だ、という記事をお届けしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

長い長いトンネルを抜けて。

今思えばここ数年、「ずっと暗かったなぁ」っていうのが正直なところでした。

本気で信頼している人(家族ですら)全員が敵に見えて、だけど心の底では寂しくて、全員に味方になって欲しなって思っているような感覚。

そんな中、孤独には耐えられない僕は全てを手に入れようと必死に生きて来ましたが、必死になればなるほど全てを手に入れられないような状況に、長い長い閉鎖的なトンネル感を感じていました。

今思えば、本当の心がそこになかったから、そんな状況になっても当たり前だよねって感じなんですが、それでも僕は必死に生きようとしていたんだと思います。

目的があるようでない惰性でしがみついた数年間。

もちろん、道を踏み外した犯罪のようなことを目論むことは一切なく、そんな状況でも必死に自分の善意や仁義を通そうとしていました。

ただそんな中で特に強く思っていたのは、何事が起きたとしても「自分が正しいことをしていると肯定し続けていたかった」ということで、これまでの自分なら肯定出来ないことであっても、僕はそんな自分を認め続けるしか生きた心地がしなかったんですよね。

大きな目的のようなものを達成して、その原動力になるようなものを見失って、そんな中で壊れていた自分を律しようと、とにかく僕は必死だったんです。

大切な人を傷付けてしまったりしながら、そんな長く暗いトンネルから、やっと抜けれたという達成感のようなものを今年に入ってやっと感じられる自分が戻って来ました。

理屈くさい逆算力だけはピカイチ。

そんな僕はやっと自分の人生を冷静に考えられるようになった時には、既に沢山失ったものもあるんですが、僕は今からそれを取り戻しにいこうと思っています。

「本来の僕」であれば叶えられた色んなことがその時は出来なかった状況を、僕は絶対にこのまま良しとしないし、それを受け入れる覚悟も今の僕の心には据わっています。

独学でフリーランスデザイナーになるという、途方もない夢を目指せた僕は決してギャンブルのようなものではなく、圧倒的な逆算力の元で実現したものであることは間違いありません。

元々僕は「勝ち戦しかしない」という、本当に理屈くさい逆算力だけはあって、しかもその思考は挑戦的ではなく、これでもかという程に保守的な思考なんですね。

行くとこが決まった僕は最強。

「やっと自分の行く場所が決まった」という感覚が自分にあって、手前のことはもちろんこれまで通り誠心誠意を持って行動していこうと思っている中で、遠くを見て進めるようになった気がしました。

そうなった時から、「浩太くん人が変わった?」と沢山の人から言われるほどに心が落ち着いて、全ての行動にやっと本来の自分の人間性を出せるようになったんです。

悟りをひらくというのは大そうに聞こえるかもしれませんが、それくらい僕の中でガラッと何かが変わりました。

それからというもの「久しぶりです」という連絡が沢山来て、新しい出会いが出てきたり、新しいビジネスが決まったり、自分自身が変わったこと以外に理由が分からないくらいの現象が起こるようになったんです。

でも僕はもう、「頑張らない」を決めています。

本当に大切なものだけに、しっかりと時間を作って愛を持って、愛を伝えて大切にしていくこと。

それがこれから僕が見せていく覚悟です。

行くとこが決まった僕は最強です。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer