継続は記念日から始めると続きやすいから「新年度」を利用しよう。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

継続は記念日から始めると続きやすいから「新年度」を利用しよう。

2022.04.01
2022.04.01

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

僕は毎日ランニングを続けて大体1920日、毎日ブログを続けて大体700日が経過して、こっそり続けている毎日バーピージャンプも3ヶ月そこそこ続いています。

「継続は力なり」という僕のような凡人でも出来る力技であり、最短の成長方法に出会ってから、サボり症の僕は毎日せっせっとそんな継続を続けています。

ということで今回は、継続は記念日から始めると続きやすいから「新年度」を利用しよう、というお話をしたいと思います。

継続とは「自分との約束」を守り続ける作業。

「継続は力なり」という言葉を僕は自分の行動を介して、改めて(実行さえ出来ていれば)すごい良い言葉だなと感じます。

で、僕は継続することを「自分との約束」を守り続ける作業だと思っていて、これって仕事でもプライベートでの当たり前のことを、ただ自分に対しての行動に落とし込んでいるだけだと思うんですね。

「今日までに」「明日までに」「30歳までに」「あと2年までに」「毎日必ずやります」なんていうことは、目標や決断だと思われがちなんですが、もっとシンプルに考えると「自分とした約束」なんです。

なので、簡単に言えば継続している人に信頼やリスペクトが集まる理由は「約束守れる人」だからであって、そういう人間が結局は最後に強くなるということなんですね。(バカな僕にもこういう部分は理解出来ました)

強弱は関係なく「とにかく毎日やる」それが全て。

そもそも僕は「継続が出来る意志の強い人」ということでは決してなくてですね、周りの継続を失敗し続けている人たちを見ていて「みんな継続が下手だなぁ…」と思っていたりします。

僕自身が「超要領の良い人間」だったりするので、継続だって要領の良いバランスで続けることが出来たりするんですが、そのバランス調整が下手過ぎてことごとく失敗している人達がいて、「もっとこうしたら良いのに…」と、口出しおじさんが発動しそうになります。

1番のコツというか、それが全てだと僕は思っているんですが「とにかく毎日やる」という当たり前のことが最も重要で、多くの人は「毎日〇〇をやる」という「〇〇」の部分まで細かく決めちゃっていることが多いんですよね。

ただ、そこまでキッチリ決めた上で継続が出来る人って相当意志が強い人で、僕でこそ「毎日5キロ走る」とは言っていても、普通に3キロしか走らない日もあれば、ほとんど歩いている日だってあったりします。

そういう「抜きどころ」をしっかりと自分の中での妥協点として持っておかないと、常に100%でやっていても続かないってことを理解した上で、自分にとって良い感じに調整していくことが大切です。

継続は記念日から始めると成功確率が格段にアップする。

これはメンタリストのダイゴさんがYouTubeで話されているのを聞いたのですが、人は「記念日」をスタートとして継続をスタートすると、その継続の成功率が飛躍的にアップするという研究結果が出ているそうですね。

で、一体その成功率がどれくらいだったかというと、10人中2人が成功の割合ということで、20%の確率で継続が成功するという研究結果だったんですが、20%を多いととるか少ないと取るかよりも、むしろ記念日から始めなかったらもっと少ないんだという驚きの印象でした。

20%と聞くとすごく少なく感じるかもしれないんですが、僕はギャンブル要素があるようなレベルではないと思っているし、「宝くじ5人に1人当たります!」だったら売り場は長蛇の列になると思うんです。

宝くじで数億円当たるほどではないかもしれませんが、個人の体感的にはそれくらい継続の威力って半端ない財産になると思うので、やるなら成功確率を上げれるタイミングで始めた方がモチベーションに繋がると思います。

「誕生日」とか「入学式」とか「結婚記念日」とか、色々あると思うんですが、そういうタイミングで是非始めてもらえたらと思います。

「新年度」を記念日に皆んなも何かにチャレンジしよう。

話は最初に戻りまして、今日は「新年度」という記念日でもありますので、この機会に小さなことでも構いません、例えば「靴を揃える」とか「食事が終わったらすぐ洗い物をする」とか、そんな当たり前なことでも大丈夫です。

小さな成功体験を継続し続けることで、それが少しずつ大きなものに変わってくると僕は思いますし、実際に自分も経験してきたからこそ胸を張って皆さんに助言することが出来ます。

毎日ランニングをしている僕も、最初は1キロ走るのもタバコと運動不足で息が切れるくらいの状況でしたが、今では10キロ走ることも何とも思いません。ブログを書くのに4時間かかっていたのが、今では30分あれば書けるようになっています。

あくまで自分のペースで良いんです。誰かの真似をする必要もないので、絶対に無理をしない程度の強度で、今日出来ること、今出来ることをとにかく毎日やってみてください。

そして最後にもう1つ、「途切れても諦めないマインド」こそが僕は1番大切だと思っています。

1日途切れたとしても、その次の日には、何もなかったかのようにまた継続を再開してください。その1日休んだことを誰も見ていませんし、やらないよりやったほうが絶対にそれが好きな自分だと思えるはずです。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer