ブログは「書き出し」が上手くいけば後は何とかなる。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

ブログは「書き出し」が上手くいけば後は何とかなる。

2021.06.27
2021.06.27

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

毎日ブログを書いていて、忙しい日々が続いている中で、どうしてもしんどいなと感じるのが「書くネタ」と「時間」です。

しっかりと書きたいと思う内容が思い浮かんでいても、書くのに時間が掛かるものは時間オーバーの都合で書けなかったり、時間は多少あるんだけどネタが思い浮かばなかったりと、結構厄介なのがブログなんですね。

ということで今回は、ブログは「書き出し」が上手くいけば後は何とかなる、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

「普段と違うこと」にヒントがある。

ブログを毎日書こうと思うと、日常の中に感じたことをメモするクセを付けるのが必須になって来ると思います。

1日のうちに10個気付いたことがあったとしても、1つもメモせずに、次の日にブログを書く時に思い返したら、僕の場合はせいぜい覚えているのは2〜3つくらいのもんです。(1時間前のことも普通に忘れる。)

それくらい書くネタを記憶するのって大変なので、ブログをやろうと思っている人は「メモ癖」を付けるのが必須で、そのメモを元に文章を組み立てていくというのがブログを書きやすくするということにつながると思います。

また、メモ癖をつけようと思った時に、「メモするキッカケ」を生むのは「普段と違う行動をした時」で、代わり映えのない毎日の繰り返し中からでは、なかなか毎日新しいことをインプットするのは難しいんです。

マンネリした生活からは「書く理由」が思い浮かびにくい。

そんなように、マンネリした生活からは「書く理由」が思い浮かびにくいので、ブログを書き続ける人は、常に自分の中で「新鮮で新しい情報をインプットする必要がある」ということなんですが、毎日続けるとなるとこれが1番大変です。

実際に僕も、毎日バタバタと仕事をしている中で、お仕事で単純な作業の繰り返しが増えてしまうと、書くネタが一切思い浮かばないので、最近は結構しんどかったりします。

ただ、毎日ブログを始めてかれこれ400日を突破した今、すごく小さな気付き(テーマ)でも、これまでの経験と、ブログをそれなりに書いてきた文章力を持って色付けし、1500〜2000文字程度のそれなりの文章に書き上げられる様になりました

決して手抜きというわけでないのですが、「毎日やると決めたこと」なので、なんとかその目標を達成することをまず意識して、いくら内容が薄くてもアウトプット出来る技術を磨いています。(同じことばかり言っててゴメンなさい。)

伝えたいことを引き出す「キッカケ」を作る。

ちなみに、僕がこのテーマでブログを書いている、まさに今の頭の中の状態を言えば、「ブログって冒頭部分だけ思い浮かんだら、あとはなんとかスラスラと書けるよねー」ってことくらいで書き始めました。

フワッとしたオチではあるんですが、書こうとザックリ思っていることはホントにその程度の感覚で、冒頭の3行くらいの文章を書き始めただけで、ここまで書いて来た文章や、今まさに書いているこの文章は、自然とスラスラ出て来るようになっています。

一応下手くそなりに毎日休まず400日続けた結果として、「書きたいこと(テーマ)」を1つ作って、無の状態を作って本気で集中すれば、どんなことに関しても、内容のクオリティは置いておいて、1時間くらいあれば書き上がります。

なので、忙しい状態の僕にとって必要なのは、「伝えたいことを引き出すキッカケ作り」で、テーマを引き出すことさえ出来たら後は何とでもなるんですね。

「書き出し」が上手くいけば後は何とかなる。

ちなみに僕のライティング技術は、そこらの一生懸命頑張られているブロガーさんと比べたら、雲泥の差くらいのへなちょこっぷりなので、記事の内容の濃さはもちろん、構成の中での起承転結などのルールなど結構グチャグチャだったりすると思います。(なのでガチの文章を書きたい人は真似しないでね。)

ただ、何度も言うように僕の中で「毎日続けること」に意味があるので、どんなに内容が薄かろうが、二番煎じであろうが書き続けることが大切なんです。

いわばパワープレーではあるんですが、僕の中でのブログはもう「走り出せば何とかなるもの」になっているので、なるべく濃い内容になるように、日常生活を充実したものに出来るように努力出来たらと思っています。

そして、今この文章を書いて、パワープレーでもなんでも、僕がスラスラと文章を書けるようになったヒントを見つけたので、別の機械に、僕の中での「文章を書くコツ」をお話し出来たらと思いました。

知識の定着や、現在地の確認に、ブログってすごく良いものだと思うので、興味のある方は1日毎日100文字とかでも、仕事やプライベートを回すためにすごく効果的なので、ぜひ始めてみてもらえたらと思います。(きっと世界が変わると思います。)

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer