ビッグマウスからの有言実行が尖りだと言われるのなら僕は一生嫌われ続けて生きていく。

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

格闘家やスポーツ選手なんかには「ビッグマウス」の方は多いと思うんですが、僕からすれば目標を公の場で公言してる人だと思っています。

多くの人は「心の中で思っとけ」と思うと思うんですが、きっとそれは「有言実行出来ない(出来なかった時が怖い)人」の妬みだと僕は感じています。

ということで今回は、ビッグマウスからの有言実行が尖りだと言われるのなら僕は一生嫌われ続けて生きていく、というお話をしたいと思います。

ビッグマウスや有言実行が嫌われがちな理由。

冒頭でもお話ししたんですが、ビッグマウスや有言実行をしている方に少し距離を感じたり、毛嫌いされたりする風潮を作っているのは「それが出来ない人の妬み」が大半だと思っています。

僕はそういう感じの人の愚かさみたいなところが凄く嫌いなので、そういう人間を見たら軽快に煽りまくってしまうんですが、それは自分自身の行動に正当性を持っているからだと思うんです。

要するに「発言の自由」を行使してただ公の場で発言していることに対して、「嫌だったら聞かなければ良い」というのが本質じゃないですか。

で、最近はSNSでの誹謗中傷が問題になっていますが、別にビッグマウスは誹謗中傷にはならないと思うし、尖りのあるメッセージすらも心の負担に感じる人は、自分の見たくない発信があるSNSからはそもそも身を引いた方が賢明だと思います。

ビッグマウスがこの世からなくならないわけ。

僕は自分自身がどちらかといえばビッグマウス寄りの人間だと思うので、ここでどういった心境でビッグマウスな存在は生きているのかということを簡単に説明しようと思います。

自分がそうじゃない人は分からないと思うんですが、ビッグマウスの人って大半は「心が弱い人」だと僕は思っています。

僕自身もそうなんですが、例えば1体1で戦う時に心の中では「怖い…」と思っていたとしても、そこで勝たないといけないとなれば「俺は強い!」と言い聞かせて自分を奮い立たせるじゃないですか。

それを心の中で言うのと、不特定多数の大人数の前で言うのとで注目度が変わってきて、この「目の数」によってその言葉の重みが増していくということなんですよね。

自分自身と闘い続ける孤独なビッグマウスを演じて。

別に「有言実行している俺ドヤ!」とか「ビッグマウスな俺カッケェ!」みたいに思っている訳ではなく、平穏な生活を送れるくらいならそっちの方がどれだけ楽かは皆さんと同じです。

ただ、フリーランスとしてのブランディングという面もやっぱりどこかにはあって、「俺だから出来る」とか「言ったからには貫く」みたいな信頼感の強さを見せる瞬間は必要になってくるんですよね。

例えば全く同じ技術力の中から1人選ぶとした時に、「無責任なA」と「責任感のあるB」がいたとしたら間違いなくBが選ばれるじゃないですか。

でもその責任感っていうのはどういう風に伝えるかと言えば「自分が発言したことを責任を持ってやり遂げる姿を見せる」ということが正しいと僕は考えています。

ビッグマウスからの有言実行は結果が全てじゃない。

で、最後にこのビッグマウスからの有言実行についてもう少し深く説明するとすると、「ビッグマウスからの有言実行は結果が全てじゃない」ということを知ってもらえたら良いかなと思ってます。

先ほども言いましたが「自分の心の中で思っていること」と「不特定多数に宣言したこと」とでは、その決意への重みが変わって来るんです。

それが時にはプレッシャーになり自分の心の負担になる可能性もあるんですが、僕はそこで「毎日ランニングをやります!」と宣言した人が、ある日怪我をして「ランニング出来ませんでした…」ってなっても責めることはないんです。

ただここで大切なのは、足を怪我してしまって、それが痛くても「走ろうとしたか?」ということなんですよね。

例えば、「怪我をした時点で走ることをやめた」ということと、「怪我した上でもシューズを履こうとしたけど痛くてやめた」とでは、その決意に対しての責任感としての姿勢が違うじゃないですか。

そういう姿勢を見せられるかどうかまでこだわることが出来れば、例え有言実行出来なくても評価は下がらないと僕は思っています。

なのでここ最近は、ビッグマウスや有言実行が尖りだというのは、有言実行出来ない無責任野郎が圧倒的多数であること弊害だと思っていて、言葉と行動が合ってない無責任な人間を優しさとでもいうのなら、僕は有言実行でも尖り嫌われ続けて生きていきたいと思います。

「自分が言ったことを責任を持ってやり遂げる(ようとする)」という、ただ当たり前のことを当たり前にやってるだけです。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。