今年の僕は人を輝かせていく年であるという直感のままに生きていく。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

今年の僕は人を輝かせていく年であるという直感のままに生きていく。

2024.01.28
2024.01.28

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し9年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,570日、毎日ブログは1,340日を突破。(2023年12月31日現在)

2024年も1ヶ月が経過しましたが、なんだかこの1年は1日1日がすごく濃い時間を過ごせていて、毎日のように新しい変化が自分に起こっていることを感じます。

これまでからずっと続けていることもあれば、今年から新しくチャレンジすることもあって、新しい出会いや機会によって僕は、新しい可能性を見つけることが出来ています。

ということで今回は、今年の僕は人を輝かせていく年であるという直感のままに生きていく、というお話をしたいと思います。

2024年に切ったスタートダッシュ。

昨年までの僕は、正直に言えば少し凹み気味の年が続いていて、お仕事が途方もない作業に感じている自分自身の心をどういう風に仕事に向けるかを考えていたような時期がありました。

そんな中で、色んな部分で荒れた自分を露呈してしまったりする中で失った信頼もあって、そんな自分を振り返った時に「このままじゃダメだ」と、積み重ねていたものが崩れていくことに後悔を感じたんですね。

もちろん「全部投げ出してやる」という気持ちで行動していたのには、間違いなくそこに愛があったからで、愛のすれ違いなどによって僕は疲弊していたんです。

そんな2023年までの数年間があったからこそ、僕はその後悔に気付くことが出来たし、だからこそ2024年から180度自分自身を変えていくという決断が出来たことで、最高のスタートダッシュを切れたんだと思います。

新しいチャレンジの中で生まれた人を巻き込むという発想。

僕の掲げた2024年に実現させる大きなチャレンジの中で、冒頭でもお話ししたように新しい出会いや機会に巡りあったことで新しい可能性を見つけることが出来ています。

そんな中で僕は「自分一人じゃ時間が足りない」という状況になっていることを痛感したんですね。

そこで苦肉の策として「人を巻き込む」という必要性が出てきてしまって、それが間接的に1つの新しいチャレンジでもある「人を使う」という部分につながりました。

人を使うとなれば少し商用的な感覚にもなったりするんですが、僕は同じ志や夢を持っていたり、誰かの「やりたい」を叶えることに繋がるのであればそれは、「人を巻き込む」という表現が適してると思えるようになりました。

僕を輝かせるのは人の輝きがあるからこそ。

考えて見れば、僕は「人の笑顔のために」というテーマを持って生きていて、そもそもデザインが好きだからという理由でデザイナーをやっているわけではないんですね。

ただ、これまでは「食っていくには最低限のお金を稼がないといけない」という状態を打開するために必死に目の前のお仕事に食らいついていて、それを少し乗り越えて来た時に「なんのために頑張れば良いんだ」という虚無感を感じたんだと思います。

ただ、今年からスタートした新しいチャレンジによって行動を変える必要が出て来た時に、「人を巻き込む」ということが間接的に「人の笑顔のために」ということに繋がっていることに気づきました。

僕はやっぱり「人を輝かせることで僕が輝く人間である」ということを再確認し、自分が誰かの才能にスポットライトを当てられる行動を選んで行けるようになったんです。

人を輝かせていく年であるという直感のままに生きていく。

今年の僕は「再会」とか「出会い」といった部分にかなり時間を割いていくようになっていて、そんな中で色んな方々のお話を聞いていると「やりたいけど何をすれば良いか分からない」という悩みに耳を傾けるようになったんですね。

そういう部分で「マネタイズ」を実現しようとする時に僕のクリエティブな技術や発想がその人達に寄り添うことに繋がったり、それによって僕自身が輝ける状態を感じています。

人にスポットライトを当てることを意識すればするほど、僕がどんどん満たされていく感覚があって、だからこそ、今年の僕は昨年には無かった風を感じていて、日々の行動や接する人に対しての対応が変わって来たんです。

僕ひとりだけを満たせることが出来るようになって来た中で、今度は誰かと一緒に輝いていける未来を考えればワクワクして来たし、もっと遠くに行けるような感覚にもなって来ました。

「才能にスポットライトを当てる」とか「才能と手を組む」いったような感覚で、僕は身近にある輝くべき才能を見出していきたいと思います。

この思考こそが、僕に課せられた生きる意味であり、これからの新しいステージだと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer