幻滅は心を目覚めさせる一番の衝撃だと思う。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

幻滅は心を目覚めさせる一番の衝撃だと思う。

2022.11.21
2022.11.21

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

先日の発信で僕が思う「ガッカリすること」についてお話ししたんですが、やっぱり人のそういう部分を見ると傷つくのは事実なので、見なくて済むなら見たくはないですよね。

だからこそ、そうなる前に行動に移すことで後悔をしなくて済むようにすることが大事だと思うんですが、もう1つ僕の中で考え方が生まれたような気がしました。

ということで今回は、幻滅は心を目覚めさせる一番の衝撃だと思う、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

幻滅は心を目覚めさせる一番の衝撃だ。

最近少し幻滅してしまうような出来事がポツポツとあったりもしたんですが、その全てがネガティブなことなのか?という問いが自分の中で生まれたんですね。

というのも「幻想を抱く」という部分で考えた時に「想像を超えている部分」というのが存在しているのは確かだと思うんですよ。

要するに「幻滅する = 理想を高く持っている」ということが言えると思うので、幻滅をするということは「心が目覚める」ということだとも言えるんです。

ある意味で夢を見ているような状況から、我に返るような状況になるということになるので、ポジティブに考えればフラットに物事を見れるという状態になるんですよね。

描いた理想をフラットにし現実を見直すタイミング。

聞いている人からすればなんのこっちゃと思うと思うんですが、僕は幻滅を経験した後にその対象のことから興味がなくなるのかな?と思ったんですがそうじゃなかったんですよね。

これまで抱いていた「理想(期待)」みたいなものが全て取っ払われて、もう一度色々なことをリセットした状態でその相手と向き合うことが出来るようになった気がしたんです。

幻想を抱いている時は良い部分の方が輝いて見えることから、悪い部分は消して考えてしまうことがあると思うんですが、どちらもフラットに感じることが出来るようになったんですね。

なので、何を改善すればその人がより輝くのかが明確になったことから、自分の伝えるべき意見が強くまとまったという表現が正しいのかもしれません。

少し幻滅する程度の傷はこれまで何ヶ所も負ってきた。

僕の人生を振り返った時に、人から与えられる幻滅のレベルなんて「家族に捨てられる」以上のことがなければ正直大したことではないのかなと思っています。

世間一般で言えば簡単に切れるような関係は僕の周囲にはいないし、そんな傷も引っくるめて一緒に歩んでいこうって思えるタイプなんですよね。

それは中途半端な付き合いをしていないからこそで、きっと僕に関わってくれている相手もそう思ってくれていると思います。

この忙しない世の中で、なかなか僕のように強く義理とか人情とかで生きている人達は多くはないと思いますが、僕はそういう部分を大切にして生きていきたいと思っています。

幻想から覚めても大切なもんには変わりない。

一度大切だと思った人って、最初に大切だと思った理由があるからこそ特別だと感じたと思うんですが、その時に感じた感覚ってのはなかなか変わることがないと思うんです。

昔好きだったアイドルが今見ても好きだと思うような感覚で、やっぱり自分が人に対して与えた評価ってちょっとやそっとでは変わらないです。

ただ、幻滅を過ぎた後にあるのは「向き合い方」だと思うんですが、それが変わったとしても大切なもんには変わりないってことは僕は言えると思います。

そんな感じで、目の前からその存在を消してしまえば楽ちんなんですが、僕の人生ではどんな存在もで切れないから辛いし、守ってやりたいから辛いって思って自分を傷付けています。

ただ、僕がそこで圧倒的に努力を続けて強くなって、最後は包み込むっていうのがこれまで僕の歩んできた道だと思っているし、そんな包容力のある人間に僕はなりたいと思っています。

大切な人を嫌いになりたくないからこそ、伝えるべきことはしっかりと伝えて、それでも分かり合える存在と共にこれからも歩んでいきたいと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer