目標がなかった僕が尊敬する経営者との話の中で見つけた目標。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

目標がなかった僕が尊敬する経営者との話の中で見つけた目標。

2023.01.17
2023.01.17

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し8年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは2,195日、毎日ブログは975日を突破。(2022年12月31日現在)

ここ最近を振り返れば、成長せずに惰性で生きてきたという訳ではないにせよ、具体的な目標みたいなものがなかったような気がします。

というのも、自分の掲げていた1番大きな目標を達成して、そこから更なる目標をとなった時に少し燃え尽きた感じになってしまっていたんですね。

ということで今回は、目標がなかった僕が尊敬する経営者との話の中で見つけた目標、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

お金を稼ぐことは悪いことじゃない。

昔からそうだったんですが、僕は家庭の事情も相まって昔からお金を稼ぐということに対してすごく悲観的な人間だったと思います。

というよりは、むしろお金が好きじゃないという感じで、お金を毛嫌いしているような人間でした。

ただ、今もそういう風に思っているかというとそういう訳ではなく、フリーランスとして活動して来て、人として成長していく中で少しずつその感覚というものが変わって来たんですね。

「お金は使い方」だと思えるようになったことから、今ではお金を稼ぐということ自体は悪いことではないと思っていて、そう考えられるようになった時からお金の巡りがよくなったように感じます。

稼いだお金は自分が与えた笑顔の数。

先日、僕が尊敬する経営者の先輩とお話しさせてもらえる機会があって、その時に「福井君も目標を達成しちゃったんやなー」ってことを言われました。

そんな中で、目標を少しだけ見失ってしまった僕にとっての次なる目標はなんでしょうか?的なことを聞くことになりました。

そこで自分なりの考えを少し話させてもらった時に、先輩からはその考えは間違ってないってことを言ってもらえたんです。

そこで僕がお話ししたのは、一応僕も経営者の端くれとして「数字を追ってみる」というのはどうだろうかという相談をしたんですね。

そこで先輩が言ってくれた「稼いだお金は自分が与えた笑顔の数だ」という言葉が胸に今も残っていて、自分が目指して来た先にそれがあったからこそ間違ってはいないと感じることが出来たんですね。

具体的な数字を思いっきり追ってみる。

これまで僕はお仕事の中で数字を追うことは1度もありませんでした。

というよりも、どちらかといえば先ほども言ったように「笑顔にお金が付いてくる」みたいな感覚でお仕事をやっていただけで合って、具体的な数字の目標なんてものはなく、ただがむしゃらに目の前の仕事をしてただけなんですね。

ただ今回、少し自分の限界を知ってみたいと思うようになって、そこで1つ具体的な数字というのを追ってみようということを考えました。

むしろちょっとこれまでとは規模が違う数字を追うので、少し無謀な挑戦になってしまう可能性が高いのですが、現状何か具体的なものがない僕にとって新しいチャレンジが生まれることになりました。

自分が稼ぐことで周りが潤うことを目指して。

先輩自身もそういう瞬間はあったらしく、ただそこで同じように悩んでいる中で自然と新しい目標は出来たそうなんですが、明らかにそれ以前とは感覚的に違うような感じになったそうです。

先ほども言ったような「お金を稼ぐこと」というのはそもそも悪いことじゃないとなった上で、更にその先にある「周りにお金を稼がせる」という感覚を持つということでした。

自分がお金を稼ぐことで自分が潤うということではなく、自分が潤うことに相乗して周りも経済的な面を含めて向上していけるような状況を作る訳ですね。

そう考えた時に、よりお金を稼ぐことに抵抗がなくなったこともあり、僕は2023年の再スタートとして、より高い目標設定をすることが出来たような気がします。

そこで先輩に具体的な数字を公言することで、相変わらずのビッグマウスぶりを発揮した僕なんですが、その数字を達成出来るように頑張っていければと思います。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer