本当に大切なものに今気付けるほど人間は敏感じゃない。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2613 1393

本当に大切なものに今気付けるほど人間は敏感じゃない。

2022.11.28
2022.11.28

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し7年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,830日、毎日ブログは610日を突破。(2021年12月31日現在)

例えば今、僕が誰かと大きな喧嘩をした時に「もうこんな奴とは一生会いたくない」みたいに思ったとします。

その相手がいつか亡くなったと聞いた時に、果たして喧嘩した瞬間と全く同じ感情でいられるんでしょうか?

ということで今回は、本当に大切なものに今気付けるほど人間は敏感じゃない、というお話をしたいと思います。

制限された場所から解き放たれたくて。

僕が今まで経っていた場所は「制限された場所」で、待ちの姿勢を続ける僕にとって、自分の想いだけで行動することができない環境に立ち続けていました。

そんな環境の中で、自分の想いを押し殺して生きて来て、自分に嘘を付いて自分を傷つけて、僕の心身はズタボロになって壊れていったのを覚えています。

自分がやりたいことが環境によって出来なくて、それを誰に助けを求めることも出来なくて、ここ数年間は生きた心地がしないような状況で生きています。

そんな時間をどうしても変えたくて、僕は自分から(少しだけ)行動することを決めて、先日ずっと動けなかった領域で僕は1つの行動をすることを決心して実行しました。

キングコング西野さんの時計の長針と短針の話。

そんな時にSNSを開いたら、普段は絶対そんな投稿しないだろって著名人の投稿の中にタイムリーなものがアップされてたんですよね。

僕も尊敬しているキングコング西野さんのスピーチの切り抜きだったんですが、それを伝って他の動画を見てみようと思うと、久しぶりに大好きなメッセージに出会うことが出来たんです。

「時計の長針と短針の話」

時計の長針と短針は1時間に1度重なるけど、けど11時台だけは重ならない。

次に重なるのは12時。

12時は鐘が鳴るとき。

鐘が鳴る前の報われない時間、人生における11時台は必ずある。

だけど時計の針は必ず重なる。

だから挑戦してください。

動き出そうとしている時間。

時計のお話は、西野さんがタモリさんに言われたメッセージが元になっているんだと思うんですが、人生ってやっぱりタイミングがすごく重要だと思うんですよね。

自分が入り口を開いている時(開くことが出来る時)に相手が入って来れる時が必ずしも訪れる訳ではないってことがあると思います。

そんな絶妙な感情のタイミングで僕らは生きていて、そんな中ですれ違って「あの時こうしてれば…」みたいなことが人生では沢山巻き起こりますよね。

そんな時間を変えたくて(というか制限をなくしたくて)、僕はフラットな環境を作ることを決心したことで、少しだけその時計が動き始めたような気がしました。

本当に大切なものに今気付けるほど人間は敏感じゃない。

人間って「今目の前で起こっていること」がどんな時でも最優先になってしまうし、評価の対象はいつだってまずはそこからになると思うんですよね。

近所のラーメン屋さんでラーメンを食べてる時に、北海道のラーメンの評価は出来ないように、やっぱり目の前での実体験ありきでないと評価出来ないことってあるんです。

そこで距離的な問題で「毎日食べられる」「旅行先でしか食べられない」ってなったら条件は違って来たりするし、そういう部分を全て取っ払ってフラットに行きたいと思ったんです。

今思えば僕はホントに何かに依存する形で自分の行動を制限して来た人生で、今は(自分の設定した)夢を叶えた上で、新たな目標を見失ってしまっているんだと思います。

だからこそ今の僕にはフラットな状況が必要で、この先の未来がどうなるのか分からない中ではありますが、まずはその環境を作るために動き出そうと思います。

僕に自由を与えた時、どれだけの爆発力が起こるのか楽しみです。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer