止まっていても自分を取り巻く世界は変わらないから。
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2727 1507

止まっていても自分を取り巻く世界は変わらないから。

2021.11.05
2021.10.30

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

富士山の『ふもとっぱら』へ人生初のキャンプにお邪魔したり、後輩が出場する格闘技の大会に初めて現地観戦をすることを決めたり、僕にとっての『新しいこと』に対して積極的にチャレンジしています。

「キャンプ良いなー!」とか「現地観戦とか贅沢ー!」とか、周りからはそういう風に見られることが多いと思うんですが、僕にとってこの行動の本質はそういうことじゃないんですね。

ということで今回は、止まっていても自分を取り巻く世界は変わらないから、というお話をしたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

人生の岐路に立たされて。

きっと僕、今まさに人生の岐路に立っていると思うんですね。すごくすごくしんどいです。

これは自分だけのことじゃないんですが、少し鬱のような症状になり、そこで余計に『自分の人生ってなんだろう?』と考えるようになりました。

大した実力もないくせに、ホントにホントにがむしゃらに駆け抜けて来たんですよ。で、少し休憩がしたいなって思ってしまったんです。そん中で「これどうすんだよ?」「あれどうすんだよ?」みたいな声が不協和音のように聞こえて来て、頭の中でハウリングでも起こしてるような状況なんです。

ただ、今もこれからも自分にとっても、家族にとっても生命線になることは間違いない『お仕事』が上手くいかないってなるのは避けないといけないので、仕事に関しては全てが上手くいくように、それとは完全に割り切って自分と戦っています。

どちらかと言えば、今は『仕事を上手くいかせるために行動を選んでいる』といった状況なんです。だってそうしないと、僕が倒れてしまったら元も子もないので…。

新しいことにチャレンジする理由。

僕は今もこれからも、ずっと『フリーランス』として生きていくんですね。で、フリーランスってすごく特別な生き物で、分かりやすく言えば『遊び』が仕事に変わったりすることがあるんです。

例えば今回、弾丸で行った『ふもとっぱらキャンプ』でもそうですが、元々のことを言えば、先輩の上司の方のコミュニティに「イベントを運営したりデザインしたりしてる人もいるから繋がれたら良いねー!」みたいな話があったんです。

僕は人見知りで、あんまりそういう場には行かなかい人間だったりするんですが、現状の自分を少しでも動かし続けるために、『新しいことにチャレンジする』という意味で先のことを考えずに飛び込んだわけです。

結果として、すごく素敵な経験となり、さらには先輩と、先輩の上司の方との絆が深まり、僕にとって1つの財産になったわけで、ここで僕はフリーランスとして大切な『人脈』というものを得て帰って来たんですね。ただただ「キャンプや!いぇ〜い!」みたいなテンションで行ってないんです。(これホントに)

爪痕を残すってすごく大変。

僕はフリーランスデザイナーとして突出した能力はないからこそ、1つ1つの場所で『爪痕を残す』ってことをすごく大切にしていて、「ただ〇〇する」って感じの『語れないこと』なんて意味がないと思ってます。

そんな僕の座右の銘は『記録より記憶に』だったりします。

全て自分の未来に繋げるための何かとして残したいと思うからこそ、仕事でも遊びでも、僕という人間を覚えてもらうためのインパクトとは何かをいつも考えてるんですね。で、それに正解なんてないんです。

今回僕が、先輩の上司の方にキャンプに誘ってもらえた理由って、『朝からお酒を飲んで会いに行ったから』なんですよ。普通だったらただの失礼な人間なんです。

先輩が言ってたんですが、上司の方に初めて会った後に連絡があり「お前の後輩パンチ聞いてんなー!キャンプ一緒に行こうよ!」ってなったんです。

(何も聞かされてなかったので)たまたまその日は旅行気分で朝から飲んでただけなので、今後もやろうとは思わないですが、それが僕の存在を相手に覚えてもらうためのインパクトに変わったということなんですね。

内面的に止まることと、表面的に止まることの違い。

きっと僕は今、表面的なことに関しては止まっていると思うんですが、悩んだり、考えたり、チャレンジして行動したり、そしてそこで得たもので内面的にはどんどん成長しているんですね。

僕の時計は表向きには止まったままのようですが、実は内面的には常に動いていて、常に新しい自分を見つけて、新しい未来を創造しようとしています。新しいスキルを身につけたり、新しい取り組みを始めたり、ここ1年での人間的な成長や、取り巻く環境の変化は、良い意味ですごく大きなものに変わっています。

だからこそ、『今もなお動いているもの』に魅力を感じるわけで、僕自身が成長していける環境を欲していると思うんですね。そういう意味で『新しい環境』に飛び込みたいと思ったんです。

止まっていても自分を取り巻く世界は変わらないから、自分自身が今決断出来ることと出来ないことがある中で、でも止まらず、行動し続けて、人生を動かし続ける。

その中で見出した答えがあっても良いと思うし、その中でしか見出せない答えがあるんだと思っています。正直しんどいけど、進もう。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer