毎日休まずランニングをして5年目の僕が思う「ランニングのメリット」
本ブログではアフィリエイト広告を利用している可能性があります。
2759 1539

毎日休まずランニングをして5年目の僕が思う「ランニングのメリット」

2021.04.04
2021.04.04

本日の記事のラジオVer.はこちらをクリック | by stand.fm

おはようございます。FOURTEENのコウタです。

京都を拠点にフリーランスデザイナーとして活動しており、毎日休まず続けている、ランニングやブログを通じて感じた「継続は力なり」の大切さを発信したりしています。

京都を拠点に完全独学のフリーランスデザイナーとして活動し6年目。2016年から禁煙をキッカケに始めた毎日ランニングは1,464日、毎日ブログは242日を突破。(2020年12月31日現在)

僕は2016年の12月28日からダイエットを目的に毎日ランニングをスタートして、本日、2021年の4月4日で1559日を迎えました。

雨の日も、台風の日も、大雪の日も、旅行先の蒸し暑かった香港や、大雪の中の北海道でも、ホントに1日も休まずに毎日ランニングを続けています。(嘘もズルもないよ。)

ということで今回は、毎日休まずランニングをして5年目の僕が思う「ランニングのメリット」についてお話ししたいと思います。

スポンサードサーチ
スポンサードサーチ

ランニング中はアイデアが沸きやすい。

僕が「ランニング」をルーティーンとしている大きな理由の1つとして、「ランニング中はアイデアが沸きやすい」ということがあります。

科学的根拠とかは調べたことはないんですが、カラダを動かしながら暗記をした方がテストの成績が良かったなんて研究結果があるように、運動中に思考することは脳にとって良い環境だったりするのかもしれません。

その上で、「ランニング中にブログのネタを思いつくまで帰れない」という縛りを作ったり、ランニング前に今やっているデザインの参考になるイメージを頭に入れた上で、それをイメージしながら走ったりすることが日課になっています。

ランニングはストレス発散とリフレッシュの時間。

そして、色んな継続をしているからか、意志が強そうだと言われることが多い僕は、実際のところメンタルが相当弱くて、過去に鬱的な症状を持っていたこともあってランニングを続けているという節があったりもします。

あと、どうしてもフリーランスのクリエイターとなると「家に篭もりがち」になるので、景色が変わらないので時間を感じにくかったり、外の空気を吸う機会がなかったりするので、どうしても気持ちが詰まった感じになっちゃうんですね。

毎日外の空気を吸う」という意味でも、僕にとってランニングは、大きな「ストレス発散とリフレッシュの時間」になっているんです。

きっとこれは、通勤の移動手段が「電車」や「」なんかが多い方も同じだと思うので、そういう方にとってもランニングは効果があると思います。

例え短い時間でも、ランニングをすることでスッキリするのと、「今日もやり切った」と”気持ち的にも前向きになれる“と思うのでホントにオススメです。

ランニングを始めて4年以上「風邪を引いていない」

あと、嘘偽りなく、ホントに今日までの約1600日、毎日休まずランニングをしているということは、その期間中僕は一度も「体調を崩していない」ということなんですね。

例えば、インフルエンザにかかったり、病気にかかったり、ケガをしたりとかすると、毎日ランニングをすることが難しい状況になったりすると思うんですが、この期間ホントに1度もそういうことになったことがないんです。(二日酔いは毎日のようにですが。)

自分の体感ではあるんですが、毎日ランニングを続けることで根本的に「カラダが強くなる(免疫力が高まる)」ということは確実にあると思います。(間違ってたらごめんなさい。)

これはランニングに限ったことではないと思うんですが、やっぱり「汗をかく」という点で、「運動」はどんな形でも良いので日常生活に取り入れることをオススメします。(女性の方もお肌に絶対良いと思います。)

マラソンに出場するために走るのが早くなりたいとか、僕は1ミリも思っていなくて、毎日ゆっくりマイペースで続けていますが、そんなレベルでも自分のカラダが強くなっているのを実感しています。

ランニング中は「自分と向き合う時間」

あと、ランニング中って、僕の中で「自分と向き合う時間」なんですよね。

やっぱり走っている最中って、少なからず少しは息が上がったりするし、いくらマイペースだとはいえ、日常生活のような体力的な余裕ってないんですね。

そういう余裕のない時って、声を発することとかも出来ないけど、心の中で自分と会話することは出来るんで、必然的に「自分と向き合う時間」が生まれるんですね。

僕はそういう時に、「今日の自分はどうだったか」とか「明日からどう進んでいくか」を、毎日「自分自身に確認する時間」に使っています。

なかなか自分と向き合う時間って作れないと思うので、ダイエット目的とかだけでなく、1人でランニングやウォーキングをする時間って大切だなと思っています。

ランニングを通じて「人と繋がれる」

最後にこれは、最近知ったランニングがもたらすメリットなんですが、意外とランニングをしている人って多いんですね。

最近僕の周りで「ランニング始めました!」とか「ランニングは出来ないけどウォーキング始めました!」なんて声を聞くことが多くなってきて、どんどん輪が広がっていることを感じています。

ずっと1人孤独で続けて来たランニングが、こんなコミュニケーションを生むとは、ランニングをスタートしていた当初には全く思ってもいないことで、実は僕自身もすごく驚いています。

昔から「ランニングが好きな人に悪い人はいない」と僕は感じているんですが、ホントまさにそうで、すごくステキな方達とランニングを通じて繋がれていることを嬉しく感じています。

もし、今回の発信を通じて、ランニング(もしくはウォーキング等)をやってみようと思った方がいらっしゃれば、色んなアドバイスが出来ると思うので「こんな発信をして欲しい」と、リクエストしてもらえたら嬉しいです。

一緒に頑張りましょう。

では、また明日。

WRITER
KOHTA FUKUI / Freelance Designer
KOHTA FUKUI
Freelance Designer